サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねないこはわたし
ねないこはわたし ねないこはわたし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/13
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/125p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390484-9
  • 国内送料無料

紙の本

ねないこはわたし

著者 せな けいこ (作・絵)

あのおばけはいかに生まれたか。「ねないこだれだ」の名絵本作家が、自らの創作の源泉やおばけとのかかわりを、貴重な資料とともに綴る。フルカラーの貼り絵原画も満載。【「TRC ...

もっと見る

ねないこはわたし

1,566(税込)

ねないこはわたし

1,200 (税込)

ねないこはわたし

ポイント :11pt / 紙の本より366おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あのおばけはいかに生まれたか。「ねないこだれだ」の名絵本作家が、自らの創作の源泉やおばけとのかかわりを、貴重な資料とともに綴る。フルカラーの貼り絵原画も満載。【「TRC MARC」の商品解説】

1969年に刊行されてから、いまだにあらゆる幼児に読み聞かせられる永遠の名作絵本『ねないこだれだ』。誰もが見覚えのある独特の貼り絵、そして夜更かししていた子どもが「おばけ」になって連れていかれてしまうという衝撃的なラストで、発行部数は200万部以上です。
実はこの絵本はせなけいこさんのデビューシリーズ4冊のうちの1冊でした。当時37歳、2児の母だった遅咲きのデビュー作が、決定的な代表作となり、せなさんはその後も「おばけ」の絵本を描き続けることになります。

その『ねないこだれだ』は、子どもを寝かしつけるしつけの本ではなかった、という驚きの告白からはじまる本書は、せなさんが初めて「自分のことを書いた絵本」。
各章では、デビュー4冊の『にんじん』『いやだいやだ』『もじゃもじゃ』『ねないこだれだ』などを入り口に、その独特すぎる世界、画風、文体やアイデアの源泉、そして本と絵への愛情をつづっていきます。

本書にはまた、貴重な貼り絵の原画の写真が満載。絵本作品ともひとあじ違う見え方で、さまざまな原画を楽しめます。誰もが知る名作はもちろん、絵本デビュー前の雑誌のカットまで、せなワールドをたっぷり楽しめます。

子育てをした人、子育てをする人、絵本が好きなこども、すべての人へ贈る、自伝的絵本。

各章の内容
「ねないこ だれだ」:ねないこは おばけになって とんでいけ と言ったら、うちの子はなんと答えたか?
「にんじん」:私は、にんじんが嫌い。せめて子どもには好きになってもらわなきゃ。
そこで私がつくったのが……。
「もじゃ もじゃ」:もじゃもじゃの髪の毛、細いしっぽ。紙をちぎって、切って、どうやって絵にするか、教えましょうか。
「いやだ いやだ」:娘がいつも「いやだいやだ」と言うから、そのまま絵本にしてしまった。けれど、それは本当は、私の言葉だった。
――などなど。【商品解説】

著者紹介

せな けいこ

略歴
〈せなけいこ〉1931年東京都生まれ。武井武雄に師事し絵を学ぶ。「いやだいやだの絵本」4冊シリーズで絵本作家デビュー。他の作品に「あーんあんの絵本」4冊シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

表紙が有名な、あの絵本の作者による自伝。

2016/09/26 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は貼り絵や原画をまじえて短い言葉で語られて、絵本のよう。

途中の、勉強嫌いで絵ばかり描いていてよく叱られたけど“ねえや”はいつも味方だった、5人兄弟の長女で兄弟それぞれにねえやがいて、ねえやがくれた絵本に憧れて武井武雄の弟子になった、というところでビックリ。

実家の玄関には本棚が並んでいて家に入る時は本の中をくぐって入る感じがしたというところなんて、もう夢のようだ。

別に僕は女の子になりたいわけじゃないし、
このブルジョアめ!とも思うけど、
素敵すぎる子供時代。

武士の家系で、いいお嫁さんになってほしい母親に反対されても女子大に行かずに働きながら絵の勉強をしたというのも良い。

自分の子供を絵本に出すのは子供たちに不評だったらしく、子供たちの返しの言葉が上手く結びになっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもの心を持ち続ける絵本作家。

2016/10/16 09:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本作家には子どもの視点、子どもの心を持ち続けることが必要なのだろうと思わせる一冊。
せなけいこ氏以外、日本の絵本作家で貼り絵というのはほとんど使われない手法だが、その舞台裏がのぞける構成になっているのもよい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

( ´∀`)

2016/10/21 20:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこかの絵本で見たことある絵柄だったので、読んでみました…。とても、懐かしい気分になりますww( ´∀`)
また、読みたいですねー( ´∀`)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねないこはわたし

2016/12/10 17:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:( ̄▽ ̄) - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼児に読み聞かせられる永遠の名作絵本『ねないこはわたし』。誰もが見覚えのある独特の貼り絵。とても懐かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「せなけいこさん」が伝わってくる!

2016/12/14 10:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クロリーヌ - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供が小さい時に読んであげていた、おばけやうさこの絵本。
きり絵の味のある雰囲気が魅力的で、子供も大好きでした。
そんな皆の心に残る作品の著者、せなけいこさんのこのエッセイは、絵本作家になるまでや、作品に向き合う姿、またせなけいこさんの育った時代などもわかって、大人も楽しめる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ねないこ

2016/12/20 05:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ねないこに読んであげてほしい1冊です。かわいらしい内容なので怖いことはもちろんありませんし、かわいいお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自伝的絵本?

2017/02/21 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本作家せなけいこさんの、大人のための絵本だそうです。
絵本「ねないこ だれだ」の作者さん。
「ねないこはわたし」というタイトルに惹かれて手に取りました。

切り絵に使ってる紙は、包装紙だったり、郵便物の裏だったり、ひとつのものがたりで、おんなじ衣裳が必要になるから、切り抜いたままその紙を残してあって、切り絵になる紙を置いておく箱が家中にあるそうです。
せなさんのこどもたちは、大きくなってからは、お母さんがすぐに絵本に登場させるのを嫌がって、息子さんが妹に、「いい子にしてないと、またママに本にされちゃいますよ!」といってたとか、うさぎも息子が好きだから登場人物になったり、飼っていたうさぎの名前が絵本の登場人物になっていたりと、せなさんの絵本を読み返したくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/12 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/15 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/06 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/25 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/18 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/06 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/04 13:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/05 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

おとな向け絵本 ランキング

おとな向け絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む