サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陸王
陸王 陸王

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 265件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/08
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:19cm/588p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771619-1
  • 国内送料無料

紙の本

陸王

著者 池井戸潤 (著)

老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長は、会社存続のために足袋製造の技術を生かしたランニングシューズの開発を思い立つ。従業員20名の地方零細企業が一世一代の大勝負に打って出...

もっと見る

陸王

1,836(税込)

陸王 第一章試し読み

0 (税込)

陸王 第一章試し読み

ポイント :0pt / 紙の本より1,836おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

陸王

1,836 (税込)

陸王

ポイント :17pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長は、会社存続のために足袋製造の技術を生かしたランニングシューズの開発を思い立つ。従業員20名の地方零細企業が一世一代の大勝負に打って出る! 『小説すばる』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

勝利を、信じろ――。
足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。

埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。
社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。
チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?


【商品解説】

勝利を、信じろ――。

足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。




埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。

社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。

チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?
【本の内容】

著者紹介

池井戸潤

略歴
〈池井戸潤〉1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。「果つる底なき」で江戸川乱歩賞、「鉄の骨」で吉川英治文学新人賞、「下町ロケット」で直木三十五賞を受賞。他の作品に「空飛ぶタイヤ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー265件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

陸の王者「慶応」

2016/07/20 23:33

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸潤氏の作品は、大きく二つに分けられる。銀行の内幕ものと、銀行や大企業を相手に零細企業が奮闘する作品だ。本書は、後者に属し、直木賞受賞作「下町ロケット」のパート3にあたる。ただ、同じパターに関わらず、冗長な感が否めない。零細業者の踏ん張りと、地獄を見たランナーの立ち直りが読ませどころではあるものの、もう少しコンパクトにまとめられなかったか。「陸王」が陸の王者という文言が出てくる。池井戸氏と言えば慶応出身だけに、これは笑える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

圧倒的な面白さ

2016/08/03 08:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに物語を読む、圧倒的な楽しみに触れた気分だ。
 600ページ近い長編ながら、一気に読んだ。読みながら、まだまだこの世界にいたいという欲求とこの先はどんな危機が待っているのかという興味のはざまを揺れ動いた。
 こういう読書も久しくなかった。
 相変わらず池井戸潤氏の筆は冴えわたっている。
 「百年ののれん、と安穏と構えているように見えた老舗足袋屋」こはぜ屋。生き残りをかけて、スポーツシューズの世界へと乗り出す。しかし、資金不足やノウハウ不足の危機が何度もこはぜ屋を襲ってくる。果たしてこはぜ屋は生き残ることができるのか。
 こんなにも見事に次から次へと危機を生み出せるものだと感心しながら、その都度物語の新奥に入り込んでいることに気づかされる。

 池井戸の巧さは物語の構成だけではない。
 登場人物たちの配置の巧みさといったらない。
 こはぜ屋社長の宮沢紘一、そして就職活動中に息子大地。こはぜ屋の仕事を手伝いながら、やがて働く意味について理解していく、この息子がいい役回りをしている。
 シューズのソールに適した素材の特許を持つ飯山は自身の会社を倒産させているくせ者。シューズマイスターの村野は大手スポーツ用品メーカーから組織の理論で追い出される。
 一癖も二癖もある人物たちが一足のスポーツシューズ「陸王」の完成に人生をかけていく。
 そして、それを履いて走るランナーがいる。
 当然、その競技場面が感動の波を高めてくれる。

 長い物語を読み終わって、今はドラマ化されるのを楽しみに待っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

駅伝ファンをも泣かせる一冊。

2016/09/19 19:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

駅伝シーズンに差し掛かる今、オススメの読物です。

駅伝やマラソン選手も題材にされていますが、主題は零細企業経営者が親から引き継いだ右肩下がりの家業を守る為に悩み奮闘するという話。

舞台は業績が衰退し、資本力も乏しいという体力の無い会社。社長は生き残る為に新規事業に活路を見出だしますが、いつしか沢山の人達の大きな夢となっていく。知恵をしぼり、人脈を命綱にしてじわじわと現状打破していく社長の姿は、誰もが応援したくなります。 次々に降りかかる難題を仲間達と一緒に解決していくけれど、大事な決裁は一人苦悩する。社長業の重圧感がよく伝わって来ました。

成功しか知らない人より、困難を多く乗り越えた人の方が、人生に手応えを感じて生きている。 私も主人公や彼を支える人々の仲間となり、苦楽を共有したい衝動に何度も駆られました。

負け組と称されたり、圧力により理不尽な扱いをうけたり、世の中、嫌な思いは多かれ少なかれ経験あると思いますが、そんな鬱憤を晴らしてくれる本です。

義の美徳がいつまでも評価される世の中であって欲しい、本を閉じた時、そんな思いが胸に広がりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陸王履いて走ってみたい!

2016/09/24 09:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸小説の王道。
裏切りません。

今回は足袋を作る老舗メーカーのお話。
足袋と考えて思い出すのは小学校の運動会。低学年の頃は足袋を履いて短距離を走った記憶が・・。
こんな時代ですから足袋は売れなくなりメーカーは斜陽産業。
何か新しい商品開発をと考えている所に素足感覚のランニングシューズの話が・・。
そこから物語は大きく展開します。
期待通りです。
華々しい大学駅伝で活躍する選手達の戦い。
その選手をサポートし、自社製品をアピールしたいメーカー同士の戦い。
しかし本作で一番気に入ったのは、経営者の違いかな。
コツコツ皆で作り上げる宮沢社長と「無いものは・・買ってこい」と考えるカリスマ経営者の御薗。
自ら開発するより買収で買ってきた方が早くて安いのは間違いない。
その方が失敗してもリスクも少なくてすむ。
買ってきたものは都合のよいように使ってもよい。
 おいおい!お前が買ってきたものだって、宮沢社長の会社の人たちのように長い時間をかけてコツコツ苦労して開発してきたんだよと突っ込みたい!
そんな世の中だから、池井戸さんの定番物語が受けるのでしょう。
しかし、そろそろ定番以外の物語も読みたくなりますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こはぜ屋に入りたい

2016/10/21 22:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えるべっく - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸作品は銀行ものが多いが、
本作はランニングシューズがテーマ。

一応、少しは大会にも出る草ランナーとしては、
いつも以上に興味と期待を持って読んだ。

シューズ陸王に会社の再建を賭けるこはぜ屋、
陸王を履いて再起に賭ける茂木。

このふたつが交差して物語は展開してゆく。

できるなら
こはぜ屋に就職して、
開発チームに入りたい。

そんな気持ちを
強く持った作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

池井戸ワールド炸裂

2016/10/24 18:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いなみの - この投稿者のレビュー一覧を見る

何時もの大と小の対決の構図でしたが今回は陸上競技と言ふ新しい世界での戦いが新鮮でした。
アメリカ式の効率中心の大企業と昔ながらの中小企業の老舗、親子の対立と理解し合える状況の中新しい靴底材料の発見で足袋から靴づくりへ転換途上のサポート人脈と妨害工作はらはらしながら池井戸ワールドに堪能しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった

2016/10/26 22:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テントウムシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても面白かったです!
下町ロケットのような感じで、靴がメインとなる話です。
ドラマ化して欲しい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陸王

2016/11/03 10:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あさやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

中小企業の経営者が大企業からの吸収に応ずることなく、伝統産業の足袋の特性を活かして新素材の開発と使用者であるランナーの意思を取り入れ、さらにあらゆる妨害や嫌がらせに対抗し、社長をはじめ後継者の子ども、社員そして銀行員が一丸となって伝統産業をさらに生々発展していく姿が一段と感じられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お薦めします

2016/11/08 16:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:延野の武蔵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説のタイトルが読み進むにつれ輪郭を際立たせる。経営者の粘りと周囲の人間との信頼関係がいくつもの逆境を潜り抜けていく。読み急がず味わいながらも一気に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マンネリだけど読ませる

2016/12/09 16:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

扱っている商品が違うだけで、ストーリーは他の話と同じ。こうなって、ああなって、こうなるんだろうな、という予想通りの展開。ただ、その後にもう一山あって、そこからがなかなか面白かった。ストーリー的にはマンネリだけど、それでも読ませるね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマも楽しみ

2017/01/18 21:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸さんの本は読後の爽快感が最高です。この本も苦難を乗り越え、最後にハッピーエンド。スッキリしました。日本の中小企業、頑張れ!という気分になりました。ドラマ化されるとのこと。楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

池井戸氏の「下町ロケット」に次ぐ「モノ」づくりにかけた人々の物語です!

2017/06/02 09:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、今や売れっ子作家の池井戸潤氏の作品です。本書は、直木賞を受賞した「下町ロケット」に次ぐ、「モノ」づくりにかけた人々の熱い物語です。行田で百年以上も足袋製造を営む「こはぜ屋」の社長が、スポーツシューズの分野に挑みます。最最初は失敗の連続でしたが、次第にノウハウを身につけていきます。この過程が実によく描かれており、読者を物語の中に引き込んでいきます。「下町ロケット」に劣らないよい作品になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い。

2017/07/14 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

数日で一気読み。家族みんなで読みました。家族で回し読みできる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

裏切らない

2016/12/06 22:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きく - この投稿者のレビュー一覧を見る

金融機関に勤めており、池井戸さんの新作は毎回チェックしています。毎回読み終わった後には爽快感と満足感が得られます。この陸王も例に漏れずだと思います。
初めて電子書籍で本を読みましたが、わからない単語は一瞬で調べられるため、非常に快適でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

痛快

2017/02/14 10:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笑うパンツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもながらの、山あり、谷ありで、最後は痛快な水戸黄門的展開なので、安心して読むことができます。
勧善懲悪で、面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する