サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. コンピュータ・IT・情報科学の通販
  4. 情報理論・情報科学の通販
  5. 日経BP社の通販
  6. 人工知能は敵か味方か パートナー、主人、奴隷−人間と機械の関係を決める転換点の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/06/18
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/450p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-5141-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

人工知能は敵か味方か パートナー、主人、奴隷−人間と機械の関係を決める転換点

著者 ジョン・マルコフ (著),瀧口 範子 (訳)

グーグルの自動運転車、自律ロボット、アップルのSiri−。人工知能やロボットがビジネス、教育、ヘルスケアに導入されつつある。AIとロボットは世界をどう変えるのか? 進化を...

もっと見る

人工知能は敵か味方か パートナー、主人、奴隷−人間と機械の関係を決める転換点

税込 2,420 22pt

人工知能は敵か味方か

税込 2,420 22pt

人工知能は敵か味方か

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.4MB
Android EPUB 6.4MB
Win EPUB 6.4MB
Mac EPUB 6.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グーグルの自動運転車、自律ロボット、アップルのSiri−。人工知能やロボットがビジネス、教育、ヘルスケアに導入されつつある。AIとロボットは世界をどう変えるのか? 進化を遂げる人工知能と人間の将来を考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

この10年、グーグルが自動運転車を開発し、ロボット会社を何社も買収した。
アップルはパーソナル・アシスタントのSiriを発表した。
そして今、人工知能やロボットが人間のビジネス、教育、ヘルスケア分野に導入されつつある。
人工知能は、人間の仕事を奪う敵になるのか、それとも人間の能力を「拡張」する味方になるのか――

グーグルのロボット会社買収や自動運転車の開発など
数々のスクープを飛ばし、プロジェクトでピュリッツァー賞も受賞した
ニューヨーク・タイムズ紙のベテラン記者が解説する!

グーグルは自動運転車で何を狙うのか?
東大出身のロボット会社「シャフト」や軍事ロボットを開発したボストン・ダイナミクスを買収して、どこに向かうのか?
ジョブズのラスト・シングス、Siriは人間を拡張し続けるのか?
AIはこれまで何度も、興隆期と停滞期を経験したが、現在のAIブームは本物なのか?

AIの過去、現在、未来を徹底的に分析する。
【商品解説】

著者紹介

ジョン・マルコフ

略歴
〈ジョン・マルコフ〉1949年カリフォルニア州生まれ。オレゴン大学で社会学修士号取得。ニューヨーク・タイムズ紙入社。労働と自動化の関係を探ったプロジェクトで解説報道部門におけるピュリッツァー賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年8月号より

書標(ほんのしるべ)さん

Googleの自動運転車や、アルファ碁対人間の試合がニュースになるなど、もはや流行語として認知されている感すらある人工知能。多くの書籍が出版され、専門家のみならず、広く世間から注目されている。ただし、そこで論じられているのは「AI」についてであり、2045年にはAIが人間の知能を凌駕するという言説(シンギュラリティ)から、知能爆発がもたらす影響に対して、楽観論と悲観論が交錯し、もはや終末論的様相を呈している。
しかし本書において語られるのは、研究者達はすでに1950年代から、“人間に代替する機械”であるAIと、“人間をサポートする機械”であるAI、という異なるアプローチで、二つの派閥が研究してきたという事実である。いわば、人工知能研究が今日に至るまでの歴史書である。研究者自身に焦点を当て、その個人史と人工知能やロボットとの歴史を重ねる事により、彼らが抱く混乱やパラドックスを明らかにし、その研究をめぐる現状を浮かび上がらせていく。特に、日本人にも馴染みのある「Siri」はその到達点の一つであり、それに至ったスティーブ・ジョブズの登場がドラマティックに描かれる点は、人工知能が我々にとって、いかに身近な存在であるかを示しているように思える。
本書では最終的に、その帰趨を決定するのは機械でも研究者でもなく、我々ユーザー自身であると結んでいる。子供の頃に描いた未来、それが現実になった後、人間は自分たちが選択した未来に対して、いかなる感慨を抱くのか。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

2017/03/16 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/09 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/15 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/07 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/02 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/25 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/27 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。