サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. タングステンおじさん 化学と過ごした私の少年時代

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

タングステンおじさん 化学と過ごした私の少年時代(ハヤカワ文庫 NF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/07
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NF
  • サイズ:16cm/464p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-050472-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

タングステンおじさん 化学と過ごした私の少年時代 (ハヤカワ文庫 NF)

著者 オリヴァー・サックス (著),斉藤 隆央 (訳)

のちに脳神経科医になるサックス先生は子供のころ、化学に夢中だった。物質の化学的な振舞いの面白さを語ってやまないおじ「タングステンおじさん」がいたからだ…。科学への憧れを育...

もっと見る

タングステンおじさん 化学と過ごした私の少年時代 (ハヤカワ文庫 NF)

1,339(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

のちに脳神経科医になるサックス先生は子供のころ、化学に夢中だった。物質の化学的な振舞いの面白さを語ってやまないおじ「タングステンおじさん」がいたからだ…。科学への憧れを育んだ日々を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

かつて夢中で探索した周期表の世界を甘美なる追想で綴る自伝的エッセイ、待望の文庫化【商品解説】

かつて夢中で探索した周期表の世界を甘美なる追想で綴る自伝的エッセイ、待望の文庫化【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

科学好きな少年なら、きっと気にいる

2016/07/28 12:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トニー - この投稿者のレビュー一覧を見る

科学が好きな小学5年の息子に購入。
最近の流行作家の文庫本と違って、活字は小さいし、一ページあたりの文章量が多い。これ、読めるのかなあ、とちょっと不安になったが、その心配は杞憂に終わった。
中には、科学が大好きな少年ならば「ぼくにもこんなおじさんがいたら」とグイグイ惹きつける話がぎっしり詰まっている。
おじさんだけでなく、実はオリバー少年の両親、特にお母さんが素晴らしい。
突出した頭脳を生むには、非凡な家庭環境が必要なのか、と思わせる。
第二次世界大戦時、疎開も兼ねて抑圧的な教育機関で過ごさざるを得なかったのオリバー少年の閉塞感を読んでいると、教育には寛容の精神や、自分と違う他者を認める度量の広さが不可欠であると思えてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/16 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/04 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 NF ランキング

ハヤカワ文庫 NFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む