サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 金融・通貨の通販
  5. 講談社の通販
  6. プライベートバンカー カネ守りと新富裕層の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層
プライベートバンカー カネ守りと新富裕層 プライベートバンカー カネ守りと新富裕層 プライベートバンカー カネ守りと新富裕層
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/13
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-220199-5

紙の本

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層

著者 清武英利 (著)

ノルマ100億円、顧客は本物の大金持ちのみ。富裕層をタックスヘイブンの国に誘う「カネの傭兵たち」−プライベートバンカーの素顔とは。バンカーが実名で明かす、本格ノンフィクシ...

もっと見る

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ノルマ100億円、顧客は本物の大金持ちのみ。富裕層をタックスヘイブンの国に誘う「カネの傭兵たち」−プライベートバンカーの素顔とは。バンカーが実名で明かす、本格ノンフィクション。『週刊現代』連載に新規取材を追加。【「TRC MARC」の商品解説】

「大金持ちをタックスヘイブンの国に誘う「カネの傭兵」。それがプライベートバンカーだ。野村證券のトップセールスマンだった主人公が見たのは、本物の大金持ちの世界だった。ただ時間が過ぎるのを待つ元大手メーカー会長、若くして300億円を手にしたIT業界の寵児、伝説の相場師、そして潜伏する国税庁の美人調査官。やがて、詐欺と殺人未遂事件まで発生。バンカーが実名で明かす衝撃ノンフィクション!


大金持ちをタックスヘイブンの国に誘う「カネの傭兵」。それがプライベートバンカーだ。
野村證券のトップセールスマンからプライベートバンカーに転じた主人公が見たのは、本物の大金持ちの世界だった。
シンガポールに移住し、ただ時間が過ぎるのを待つ元大手メーカー会長、若くして300億円を手にしたIT業界の寵児、伝説の相場師、そして脱税を見逃すまいと潜伏する国税庁の美人調査官。
やがて、バンカーの周囲では、カネを巡る詐欺と殺人未遂事件まで発生する。
バンカーが実名で明かす衝撃のノンフィクション!【商品解説】

目次

  • 序章
  • 第一章 ニューマネーの国
  • 第二章 ジャパンデスク
  • 第三章 攻防
  • 第四章 海を渡った日本人富裕層
  • 第五章 国税は見ている
  • 第六章 シンガポール・コネクション
  • 第七章 『太陽がいっぱい』
  • 終章
  • あとがき

著者紹介

清武英利

略歴
〈清武英利〉1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業。読売新聞社を経て、ノンフィクション作家。「しんがり」で講談社ノンフィクション賞受賞。他の著書に「奪われざるもの」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年9月号より

書標(ほんのしるべ)さん

プライベートバンカー(PB)とは、富裕層向けに資産の運用・管理を行うカネの執事のこと。パナマ文書で注目される租税回避を助けるのも彼らの仕事だ。
 本書はPBを主人公としたノンフィクション。舞台は租税回避地の一つシンガポール。登場人物はほぼ実名。怜悧で狡猾な世界と思いきや、泥臭く顧客を奪い合いノルマに苦しむPB、暇を持て余す富裕層、潜伏する国税調査官など、リアルな熱気が伝わってくる。
 富めるものが更に富むこの世界は、庶民には無縁のようでいて、税制上の問題など99%の市民にも深く関わる。一気に読める面白さだが、考えさせられる。

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

プライベートバンカーの実態がリアルに描かれている

2016/12/30 18:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wankyo - この投稿者のレビュー一覧を見る

シンガポールのプライベートバンカーになる主人公がリアルに描かれている。ボスに雇ってもらったのだが、実際に勤務し始めてからは必ずしもそのボスが自分の味方であるとは限らない。働き始めてから初めてボスの実態がわかってくるというのは外資系金融ではよくある話である。ボスは自分の部下を雇う時に色々考えているのだ。結局、その人を上手に利用できるかどうかで決断している。優秀なのは当たり前で、優秀でも自分の存在を脅かすような奴なら雇わない。
この本でも主人公とボスの対立が生々しく描かれているところに引き込まれた。
結構、話が飛ぶところもあるので、もっとじっくりこの関係を描いていき上下巻の構成くらいにしても良かったと思う。
来年からはもう5年縛りのルールは10年に改正されてしまう。プライベートバンカーの置かれている状況も一変しているに違いない。どんどん法律が変わるので、租税回避(あくまで合法的なもの)の方法もそれに対応せねばならないのだ。
最新版が読みたい。主人公の今が知りたい。著者には是非追跡取材をしていただいて、続編をお願いしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/09 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/07 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/29 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/25 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/09 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/18 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/19 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/05 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/25 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/17 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/07 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/04 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/17 08:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/25 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

金融機関・銀行 ランキング

金融機関・銀行のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。