サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. SBクリエイティブ
  6. SB新書
  7. 沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿(SB新書)
沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿(SB新書) 沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿(SB新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/06
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: SB新書
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-8865-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)

著者 首都圏鉄道路線研究会 (著)

ブランドタウン充実路線から、酒盛り列車と呼ばれる路線まで、首都圏の各沿線の個性を徹底分析。主要路線の通信簿、テーマ別沿線ランキング、沿線イメージのウソと真実、同一沿線内の...

もっと見る

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)

886(税込)

沿線格差

864 (税込)

沿線格差

ポイント :8pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ブランドタウン充実路線から、酒盛り列車と呼ばれる路線まで、首都圏の各沿線の個性を徹底分析。主要路線の通信簿、テーマ別沿線ランキング、沿線イメージのウソと真実、同一沿線内の駅力格差などをくわしく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

主要ターミナル駅から、郊外に向けて放射線状に伸びていく鉄道路線。
私たちが毎日通勤の手段として活用しているこれらの各路線に固有のイメージ、
路線間のヒエラルキー(序列)はどのようにして誕生したのか?
各路線を通信簿でシビアに採点すると共に、哀しくも可笑しい「沿線格差」を愉しみつくす!
◆「勝ち組10路線」と「負け組8路線」を発表!
見栄っ張り度№1 ⇒東急田園都市線
自虐度№1 ⇒東武東上線
意外にも実力度№1 ⇒京急本線
住みたい街充実度№1 ⇒中央線
――各路線の噂(都市伝説?)やイメージを徹底検証!
 
この本を読めば、「首都圏沿線あるある」として話が盛り上がること間違いなし!
そして毎日自分の通勤している路線がいとおしくなる!?

◆あるようでなかった「沿線」のランク付け!

「どのような場所に住むか」その判断にも影響を与えるのが、最寄り駅のある鉄道沿線の利便性やイメージだ。
首都圏から郊外へ向かう路線を中心に、皆気づいていながら、
あまり触れられてこなかった路線の格付けをあえて公開する。
「住む年数を経るごとに沿線への愛着が増し、ほかの沿線に移る気はない」
これも正解ではあるが、わが路線の実力をここは冷静に評価し、各沿線の個性を考えてみよう。

◆ブランドタウン充実路線から、酒盛り列車と呼ばれる路線まで
各沿線の愛すべき個性を徹底分析!
【商品解説】

この本を読めば、「首都圏沿線あるある」として話が盛り上がること間違いなし!【本の内容】

目次

  • 【第1章 首都圏の主要各沿線の通信簿】
  • 中央線 / 総武線 / 東海道線 / 埼京線 / 常磐線 /京葉線
  • 東急東横線 /東急田園都市線 /西武新宿線 /西武池袋線
  • 小田急線 / 東武東上線 / 京成線 / 京王線 / 京急線
  • 相鉄線 / 東京メトロ 東西線 / 都営三田線 /つくばエクスプレス
  •  
  • 【第2章 テーマ別沿線ランキング】
  • お金持ちの沿線ランキング
  • 乗客数アップ、ダウン路線ランキング …ほか
  •  

著者紹介

首都圏鉄道路線研究会

略歴
東京の鉄道路線を中心に各種統計データなどを駆使して、鉄道がもたらす様々な効果効用を日夜研究している。属性としては「鉄ちゃん」でもあり、三度の飯より鉄道をこよなく愛する。「路線の格付け」は確かに存在するが、いかなる路線であってもそこに乗客がいる限り、それを愉しみ愛でる観点を忘れない。 執筆者:小川裕夫、小林拓矢、佐藤充、常井宏平

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

沿線ごとの特徴、弱点

2017/09/02 09:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京近辺は西高東低といわれています。その理由は本書によると、東側はかつて下級武士の住まう所で、権利関係が複雑で開発が困難であったのに対し、西側は田園が広がるだけで開発が容易なため鉄道会社による開発が進められたことによるそうです。東側に比べて富裕層が多く住む西側はブランド力を獲得してさらに東側との格差を広げていったそうです。東側はコスパに優れ、最近では北千住が注目されていますが、今後も綾瀬や錦糸町など東側の街が注目されるかもしれません。
冒頭部に示されているランキングですが、京急本線が1位に輝くのには特に異論がありません。ブランド力は東急などに遥かに及びませんが、コスパが優れて遅延も少なく、いざというときにはJR線も使え、空港へのアクセスに優れ、リニアの開通によって将来性もあるなどただのブランド力ではない魅力があるでしょう。一方で京成線が7位になっているのはランキングとしていかがなものかというものがあります。京成は混雑していないものの、その理由は千葉県西部から船橋まで人を運ぶものの、そこから京成線が東京北部を目指すことで都心へ遠回りとなり、総武線へ客が流れてしまうことにあるでしょう。すなわち路線として非常に不便であるといわざるを得ません。同じ混雑がひどくない路線でも南北線は需要があるものの、京成は場所が悪いのでしょう。また北総鉄道の件でもそうですが、京成はあまりにも開発が下手糞です。首都圏の私鉄ではブランド力最強の東急が他を引き離し、京成は他の各社から引き離されているのが実態でしょう。
ランキングにおいて、運賃収入の項目がありますが、この項目を入れた趣旨が沿線に儲けがなければ発展が見込めないことをランキングに考慮したいというものであるとすると、収入ではなく利益で考えるべきです。収入の多寡でランキングを作成すると距離の短い路線が不当に不利になり、またコストを掛けていては今後はそのコストを削ることを考えるはずです。利益にも建設費用の減価償却を含めるか否かで新規路線の有利・不利が生じますが、いずれにせよ利益で考えた方がより妥当な結論が得られるでしょう。平均通過人員は単位が「人/日」となっていますが、1kmあたりの数値であると捉えてよろしいのでしょうか。そうであればその旨単位に含めるべきでしょう。
ブランド力における東急の強さは圧倒的であり、その沿線開発のうまさには舌を巻きます。西武も東急を見習ったものの、東急には及ばなかったのは残念です。確かに所沢は田園調布や二子玉川に敵わないでしょう。東上線のふじみ野やときわ台、川越もやはり東急の街のようなおしゃれ感は演出しきれていません。しかし東武は伊勢崎線において、スカイツリーを中心とした東武村を作っていて、着々と開発を進めています。しかし郊外の越谷、春日部は所沢、川越以上に格下感が拭えないように思えるのは私だけでしょうか。
また西武には池袋線と新宿線がありますが、新宿線の方が地価が高いというのは驚きです。新宿線は西武新宿駅がJR新宿駅と離れているため、実質的には高田馬場がターミナルであり、あまり便利であるとは思えないからです。むしろ池袋線の開発がうまくできていないのではないでしょうか。
小田急では本厚木と海老名の逆転現象に注目です。JR中央線でも八王子と立川に逆転現象が起こりましたが、小田急でも実現しそうです。
京王線は影が薄い印象があります。都営新宿線に直通するものの、中央線の下位互換といったイメージがどうしても付き纏ってしまいます。
最後に、運行本数や車両数(何両編成か)も沿線の評価に加えるべきであったと感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/20 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/02 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/26 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/11 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/06 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/17 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/25 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/02 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/02 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む