サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 徳間書店
  6. 徳間文庫カレッジ
  7. GHQ焚書図書開封 6 日米開戦前夜

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

GHQ焚書図書開封 6 日米開戦前夜(徳間文庫カレッジ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/05
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫カレッジ
  • サイズ:15cm/517p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-907066-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

GHQ焚書図書開封 6 日米開戦前夜 (徳間文庫カレッジ)

著者 西尾幹二 (著)

日米開戦前、日本人はアメリカの実力、国際情勢をどう見ていたのか。新聞記者はどう伝えていたのか。戦後抹殺された開戦前の日本人の認識を、その時代を生きた日本人が残した生々しい...

もっと見る

GHQ焚書図書開封 6 日米開戦前夜 (徳間文庫カレッジ)

1,026(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日米開戦前、日本人はアメリカの実力、国際情勢をどう見ていたのか。新聞記者はどう伝えていたのか。戦後抹殺された開戦前の日本人の認識を、その時代を生きた日本人が残した生々しい記録・GHQ焚書図書から明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

当時の日本人は日米戦争が現実に起こるとは誰も思っていなかった。それが、なぜ・・・。本書は、GHQにより没収・封印された『日米戦う可きか』『アメリカの実力』『英米包囲陣と日本の進路』『大東亜戦争の発火点』(昭和8~17年刊)他から、ジャーナリストや駐米大使などがアメリカの実力をどのように見ていたか、当時の国際情勢の中の日本の立場をどのように判断していたか、浮き彫りにする。(解説・渡辺惣樹)【商品解説】

日米開戦前のアメリカの実力、国際情勢を朝日・読売の記者はどう見ていたのか。戦争に向かう当時の日本人の認識と思いが蘇る!【本の内容】

日米開戦前のアメリカの実力、国際情勢を朝日・読売の記者はどう見ていたのか。戦争に向かう当時の日本人の認識と思いが蘇る!【本の内容】

著者紹介

西尾幹二

略歴
昭和10年生まれ。東京大学文学部独文科卒。同大学院文学修士課程を修了。文学博士。電気通信大学名誉教授。評論家。著書に『ニーチェ』『国民の歴史』『国家と謝罪』『江戸のダイナミズム』等多数。平成23年より『西尾幹二全集』が国書刊行会より順次刊行されている。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

徳間文庫 ランキング

徳間文庫のランキングをご紹介します一覧を見る