サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 集英社の通販
  6. 喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-781613-6

紙の本

喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日

著者 トム・バージェス (著),山田 美明 (訳)

【アメリカ海外記者クラブ賞国際報道ノンフィクション図書部門最優秀賞(2016年)】長くアフリカに住み丹念に取材を重ねた『フィナンシャル・タイムズ』紙の記者が直面したのは、...

もっと見る

喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日

税込 2,090 19pt

喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日

税込 1,881 17pt

喰い尽くされるアフリカ 欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 7.5MB
Android EPUB 7.5MB
Win EPUB 7.5MB
Mac EPUB 7.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【アメリカ海外記者クラブ賞国際報道ノンフィクション図書部門最優秀賞(2016年)】長くアフリカに住み丹念に取材を重ねた『フィナンシャル・タイムズ』紙の記者が直面したのは、欧米が作り上げ、中国がブラッシュアップした巧妙な略奪のシステムだった。略奪者たちを追い、グローバル経済の実態を暴く。【「TRC MARC」の商品解説】

『フィナンシャル・タイムズ』紙の特派員として、2006年からアフリカに滞在し取材を行ってきた著者が直面したのは、
石油、鉱物などの資源に恵まれるアフリカの国々が貧困と内戦に苦しむ過酷な現実だった。
現地の住民、有力者、政治家へのインタビューを続けた著者は、かつて植民地時代に欧米諸国が築いた略奪のしくみが、
グローバル企業によって現代版にアップデートされ、さらに中国が参戦したことによって熾烈な争奪戦が繰り広げられている実態をつきとめる。
謎にみちた中国人実業家、通称“徐京華”と彼が率いる“クイーンズウェイ・グループ”にも迫る。

【目次】

序章 富の呪い

第1章 フトゥンゴ
石油の輸出量ではナイジェリアとアフリカ1位を争うアンゴラ。石油の利権システムを牛耳るのは、“フトゥンゴ”と呼ばれる大統領の取り巻きと家族だが、最近はある中国企業とタッグを組んでいる。

第2章 貧困の温床
ナイジェリアでは石油が乱暴に略奪されたため、発電所の整備に資金が回らず、電気代が高騰。主要産業であった繊維産業が衰退し、市場は中国産の模造繊維製品が席捲した。

第3章 “関係(グワンシー)”
個人的なつながり、という意味の“関係”がビジネスでも大切にされる中国。その独自のスタイルを持って、アフリカの経済界に入り込んでいった中国人実業家の存在を明らかにする。

第4章  ゾウが喧嘩をすると草地が荒れる
ギニアで大量の鉱物資源を有すると見られた山脈の採掘権をめぐり、イギリスとオーストラリアを拠点とする資源・鉱業グループ「リオ・ティント」とイスラエルの富豪ベニー・スタインメッツ率いるBSGの鉱業部門が熾烈な争い繰り広げる。

第5章  北京への懸け橋
独裁を続けるニジェールのタンジャ大統領(当時)は、旧植民地時代から続くフランスのアフリカ支配システムに不満を持っていたが、フランスと縁を切るには、代わりとなるパートナーが必要だった。そこに現れたのが中国だった。

第6章  融資とシアン化物
2009年、ガーナのアハフォ鉱山で、アメリカ最大の金採掘企業ニューモントが採掘を行っていたところ、作業で用いたシアン化ナトリウムが漏れるという事故が起きた。
この採掘事業には、世界銀行の一部門である国際金融公社も出資をしていた。

第7章  信仰は関係ない
ナイジェリアのニジェール・デルタは世界有数の産油地帯だが、富を独占しようとする政権に対し、不満を持つ武装勢力が誕生し、石油を盗んで密売したりゲリラ戦をしかけていた。
また、ナイジェリア北部のジョスでは、元々住んでいたキリスト教住民と移民であるイスラム系住民のあいだに経済格差が生まれ、やがて民族紛争が始まった。

第8章  新たな富裕層
30年近く、ジンバブエ大統領の座に居続けるロバート・ムガベだったが、2008年の選挙で、支持基盤に揺らぎが見えると、資金面の強化のために、国内のダイヤモンド産地マランゲを軍事制圧する。
2013年、マランゲで操業していたのは中国の“クイーンズウェイ・グループ”だった。

エピローグ 共犯【本の内容】

著者紹介

トム・バージェス

略歴
『フィナンシャル・タイムズ』の調査報道特派員。2006年より南アフリカのヨハネスブルグとナイジェリアのラゴスを拠点に特派員として取材活動を続けてきた。
2013年、王立文学協会のジャーウッド賞ノンフィクション部門も受賞し、本書の取材のための資金を得る。
2016年、本書で第77回アメリカ海外記者クラブ賞の国際報道ノンフィクション図書部門最優秀賞を受賞。現在はロンドン在住。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中国は勉強家国家?

2017/05/22 10:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

反宗主国感情から生まれた先制・独裁体制にうまくつけこんで、借金を背負わせて支配者を肥え太らせるという中国のしたたかさに、ある意味感心してしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/25 04:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/19 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/20 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。