サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/08
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/558p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-09745-3
文庫

紙の本

責任と判断 (ちくま学芸文庫)

著者 ハンナ・アレント (著),ジェローム・コーン (編),中山 元 (訳)

邪悪でない人々のうちに潜む「凡庸な悪」。思考を停止してしまった世界で倫理は可能なのか。全体主義と現代大衆社会の病理を考察したハンナ・アレントの、「善」と「悪」についての透...

もっと見る

責任と判断 (ちくま学芸文庫)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

邪悪でない人々のうちに潜む「凡庸な悪」。思考を停止してしまった世界で倫理は可能なのか。全体主義と現代大衆社会の病理を考察したハンナ・アレントの、「善」と「悪」についての透徹した思考をまとめた未公刊遺稿集。【「TRC MARC」の商品解説】

アレント生前に発表された講義や論説を「責任」と「判断」の下に編む。道徳が崩壊した経緯を問い、善悪の判断を促すものを考察する【商品解説】

邪悪でない人々のうちに潜む〈凡庸な悪〉すなわち思考を停止してしまった世界で倫理が可能なのか。〈善〉と〈悪〉についての透徹した思考。アレント未公刊遺稿集、ついに文庫化!【本の内容】

収録作品一覧

プロローグ(ソニング賞受賞スピーチ) 7−27
独裁体制のもとでの個人の責任 30−82
道徳哲学のいくつかの問題 83−254

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アレントの生前の論文をまとめ直したものです!

2019/02/02 13:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、アントレが生前に書いた数々の論文を「責任」と「判断」というカテゴリーの下でまとめ直し、収録したものです。ナチスの統治下において、完全に道徳が崩壊して、その状況では善悪と判断すらできなくなっていました。こうした中で、アレントはどのように考え、どのように責任と判断ということについて意見をもっていたのでしょうか。アントレを深く知る絶好の一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後期アーレント入門

2017/11/03 10:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みすみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに示した通り、後期のアーレント思想の入門になる「短篇集」だなと思いました。その日本語訳がハードカバーから文庫本になったというわけで、ありがたい限りです(『政治の約束』はまだかなあ……)。
後期入門と書いたのはなぜかというと、1961年のいわゆる「アイヒマン裁判」傍聴以降の彼女の問題意識が本書からわかるからです。
本書収録の諸論稿の中で彼女は、人間の道徳性の根拠はどこにあるのか? という問いを、さまざまな哲学者を参照しながら独自な形で突き詰めていきます。それももちろん、「アウシュビッツ以後」という視点からです。

原書との比較についてですが、たとえば最も長い論稿「道徳哲学の諸問題」などでのセクション分割は中山元氏の手による日本語版オリジナルです。他にも段落分けなどに彼の手が入っています。よりわかりやすくなっていて親切設計だなと思いますが、ジェローム・コーン編集の原書にはそういうのはないので、大学生の方などは注意してください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/26 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/13 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/04 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。