サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  懐かしくて新しい "昭和"に遊ぶ ~8/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 330件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/05/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/335p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-100120-2
文庫

紙の本

こゝろ 改版 (角川文庫)

著者 夏目 漱石 (著)

遺書には、先生の過去が綴られていた。のちに妻とする下宿先のお嬢さんをめぐる、親友Kとの秘密だった。死に至る過程と、エゴイズム、世代意識を扱った、後期三部作の終曲にして漱石...

もっと見る

こゝろ 改版 (角川文庫)

税込 396 3pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

遺書には、先生の過去が綴られていた。のちに妻とする下宿先のお嬢さんをめぐる、親友Kとの秘密だった。死に至る過程と、エゴイズム、世代意識を扱った、後期三部作の終曲にして漱石文学の絶頂をなす作品。【商品解説】

著者紹介

夏目 漱石

略歴
本名、夏目金之助。明治二十六年、東大英文科卒業。大学院へ進むとともに教職に就く。三十三歳の年にイギリスへ国費留学。帰国して後、朝日新聞社に入社してからは、「三四郎」「こゝろ」「行人」など、不朽の逸品を残した。神経衰弱と胃潰瘍により、大正五年十二月九日永眠。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー330件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

こころの空気を読む。空気を読めなかった男達の顛末。

2010/08/05 18:52

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

大正時代に刊行された「こころ」は、
厭世的であった先生と私の交流を描いた【上 先生と私】
故郷の両親と私を描いた【中 両親と私】
先生の若き日の出来事を手紙で綴った【下 先生と遺書】
の三部構成となっている。

「こころ」を読んで、特に多くの人を悩ませるのが、『K』と『先生』の死の理由。
すべて『私』という視点から描かれたこの作品は、『私』から見た情報しかないことに加え、死の理由も明確に語られておらず、読み解くのに難しい。
それは、読者の視点が『私』の視点と重ね合わさり、物語を主観視してしまうことに一因があるように思う。

そこで、場の空気が読めていないと他人から指摘される昨今、「こころ」の登場人物が『空気を読む』ことができているのか、という現代的視点で客観視してみる。

そうして見えてくる平成の「こころ」
この作品に登場する男達はみな空気が読めていなかった。
Kを下宿に連れてきたいと言い出した先生、お嬢さんが好きだと先生に告白したK、そしてお嬢さんを下さいと奥さんに言った先生、等々。
その行動の末に、空気が読めなていなかったことに気づいた男達は、自ら……。

そしてもう一人、空気を読めなかった重要な人物がいる。
それは『私』
彼は、厭世的だった先生にまとわりつき、ついには先生のパンドラの箱を……。

ところで、先生のただならぬ手紙を受け取り、汽車に飛び乗った『私』の、描かれていないその後が気になる。
というのも【上 先生と私】において、過去に先生と呼んでいた人との交流を語っているのは、『現在の私』
この告白めいた【上 先生と私】は、【下 先生と遺書】で先生の告白を記した手紙と似たような雰囲気が漂っている気がしてならない。

「こころ」は、時の経過に伴って、さまざまに楽しめる名作だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文学の扉

2022/07/21 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルー - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本で漱石好きになりました。
なんとも言えないながら知らずと読み進められました。
なぜか心に残りました。

私の文学の扉がちょっと開きました。
漱石さん、ありがとう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高校の読書課題

2022/03/16 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るい - この投稿者のレビュー一覧を見る

多くの高校が読書課題に出します。ロミジュリのように、話の内容を知っていると他の本を読む時や人と話す時に役立ちました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長い遺書が送られる

2020/03/27 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おいしいとうふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

働いているわけでもなくずっと家にいて書物を読む「先生」と大学に通い、彼を慕う「私」がメインのお話です。
親類関係、男女関係、友人関係などリアルな問題を抱え込み、堕落していった「先生」は人間不信だが、何故かついてくる「私」に段々打ち解けていき、そんな「私」にある日遺書を送って命を絶ちます。
「私」と年齢が近く、現実味あふれる内容なので、共感できることもあれば、学べることが大いにあります。

高校の授業で読んでから、興味を持ち購入しました。
難しい単語、見慣れない単語があるのでそばに調べられるものがあるときに読んでました笑
その点で仕方なく評価は星4です…!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苦手なジャンルではありますが…

2016/02/29 14:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

純文学はほとんど読んだことがなく、
本を手に取ることも少なかったのですが、
高校の国語の教科書に一部分が載っていて、
物語の全容が気になったので、読んでみることに。
慣れないせいか、胃がキリキリしましたが、
これが夏目文学というものかと思わされた一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/23 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/24 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/07 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/02 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/25 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/28 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/19 07:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/11 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。