サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔法のコンパス 道なき道の歩き方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/12
  • 出版社: 主婦と生活社
  • サイズ:19cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-391-14919-7
  • 国内送料無料

紙の本

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

著者 西野亮廣 (著)

自分だけの仕事の作り方・広げ方、常識の覆し方、エンタメの仕掛け方…。漫才師、絵本作家、イベンター等、肩書きを自由に飛び越える芸人界の異端児・キングコング西野亮廣による“レ...

もっと見る

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

1,500(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分だけの仕事の作り方・広げ方、常識の覆し方、エンタメの仕掛け方…。漫才師、絵本作家、イベンター等、肩書きを自由に飛び越える芸人界の異端児・キングコング西野亮廣による“レールからハミ出す人のためのビジネス書”。【「TRC MARC」の商品解説】

キングコング西野が語る新しい仕事の広げ方とは? 型破りな実例満載! 世間からハミ出す為のビジネスヒント集。【商品解説】

キングコング西野が語る新しい仕事の広げ方とは?型破りな実例満載!世間からハミ出す為のビジネスヒント集【本の内容】

著者紹介

西野亮廣

略歴
〈西野亮廣〉1980年兵庫県生まれ。99年、梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、絵本執筆、ソロトークライブや舞台の脚本執筆などを手がける。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

考えられてる

2016/08/17 21:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅんぺー - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても考えられてる本。
一見、自分に酔ってる風に見えるんだけど、立ち位置とか理解して戦略的に書いている。面白いかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目から鱗が・・・

2017/05/10 11:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松山富士夫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読みました。西野さんの視点に感動。よかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発想に目からウロコ

2017/01/03 13:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キートン - この投稿者のレビュー一覧を見る

常識とされていることに疑義をはさみすべてを問い直す。
世の中に反抗するでもなくおもねるでもなくあくまで自らが実現したいことをどうやったら実現できるだろうかを素直に柔軟に発想・実行してきたかが飾り気の無い言葉で綴られている。。
世の中の常識ではなくその外側から見る視点、発想力そして巻き込む実行力。

著者の只ならぬ感性に触れることができただけでも素晴らしい良書。
筆者も書いているように正論バカの方には理解できないかも。
一歩踏み出したい時、何か発想する時にブレークスルーを起こしたいときに読み直したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これは。

2016/12/10 02:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんまにいい。

これからの私達に必要な知識だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西野さんの頭の中

2016/12/07 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

考え方が覆される本です。
先の先の先を行っていて、読んでいてわくわくするし面白い!
これからはこういう時代なんだな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『魔法のコンパス』

2016/09/21 21:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「僕は、ひな壇では勝てないから、ひな壇に出ません」
と宣言して独自路線を貫くキングコング西野亮廣

「はねトび」以降の活動は
絵本制作、海外個展、街づくり企画など多岐にわたる
東京五輪の「負けエンブレム展」は記憶に新しい

西野が道なき道をあえて選ぶ理由は何か
「ヨットのよう」な生き方の羅針盤を開示する

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/06 22:24

投稿元:ブクログ

ホリエモンの本で西野氏が絶賛されていて、手に取りました。
こんな楽しい活動を繰り広げてる人なのですねー

私もなにか自由なことがしたい!教科書にさせてもらいます。

2017/01/08 23:56

投稿元:ブクログ

プチブレイクした中小企業のワンマン社長の奮闘記のような内容だった。荒削りだけど、実績が伴っているし、自身の経験を元に自分の言葉で書かれた内容なので、説得力があった。ハッとさせられる考え方もあったし、ひとつのエンターテイメントとして素直に楽しめた。

2017/05/22 21:04

投稿元:ブクログ

それこそはねるのトビラをやってるときの西野亮廣さんはあんまり好きじゃなかったけど、その頃からこの先見の目を持っていたとしたら本当にすごい。この人のすごいところは先見の目だけじゃなくてその行動力。そして人に嫌われることを厭わないというと違うのかもしれないけど、やってみた先にあるものをすごく楽しみにしている。本来はこういう風にしてみたい。知らず識らずのうちに何かに怯え何かに押さえ込まれてしまっている自分がよく見えた。でも、いきなりこの西野亮廣さんみたいには動けない。自分のペースでいいと思う。やれることからやっていこう。
この本は、通常の社会生活を送っている人たちには考えもつかないようなことがたくさん載っている。マネタイズの方法もそうだし、やりたいことに対する取り組み方、これは参考になると思う。こういう解決方法があるというだけでも知っておいて損はない。
とてもいい本でした。西野亮廣の記事とか最近読む機会が増えてきたけど、この人は本当に頭の良い人だとわかった。今のテレビの芸人グループとは同じ土俵に立っていない。というか立つべきではない人だったと思う。今後どういうことをしていくのか興味がわいた。

2017/01/01 18:33

投稿元:ブクログ

【No.1】「ああでもない、こうでもないという試行錯誤の日々は、もちろん不安と隣り合わせなんだけど、たとえ問いを持たずに生きていても、どのみち不安は隣に寄り添っているし、次から次へと現れてくる答えを出す人々に嫉妬を繰り返しながら年老いていく人生になるだろうなと思って、問いを持つ人生を選んだ」「努力をすることは素晴らしいことだとは思うけれど、あらかじめ努力する部分を決めてから努力したほうがいい。努力する部分というのは、”ここなら勝っている”という場所。まずはそこを見つけるところから始める」「お金を払うことのメリットは、失敗の買い物にしたくないから、お金を払って買ったモノの良い部分を必死に探そうとすること」「干されることを気にして、はつげにゃ行動を制限していたら、飛びぬけて面白いことができない。外堀を埋める必要がある」「強制的に受け皿を大きくして、そこに自分の身体を合わせにいこうという作戦。そこまで追い込まないと、緩やかな右肩上がりで、結局目的地に辿り着けずに終わりそうな気がした」「失敗したところで終わるから、”失敗”が存在するわけだ。何度失敗しようが、その度に工夫し、ネガティブな過去をポジティブなものへと転換し、成功するまで続ければ、それらの失敗はすべて、成功のために必要な部品となる。失敗を存在させているのは、いつだって自分自身だ。大丈夫、きっと上手くいくよ。コケたら起きればいい。踏み出そう。ドキドキしてる?」

2017/02/16 15:01

投稿元:ブクログ

 アメトーーク(すごいぞ西野さん)きっかけでこの本も読みました。

 「ドキドキしてる?」がうちの中での流行語です。

 最初の方、先輩芸人ディスってる?って感じがしてなんだかなあと思っていましたが、一度西野さんワールドに入ったら止まらない(笑)。

 絵本の製作、ハロウィーンの次の朝のゴーストバスターズ、ニューヨークでの個展、東京オリンピックのエンブレム公募と負けエンブレム展、おとぎ町ビエンナーレなど。次々と今までになかったことを仕掛けていっています。
 まだそれほど一般的でなかった頃からクラウドファンディングを活用し、ある意味新しいビジネスのモデルとも言えそう。

 芸人というくくりでは収まらない西野さんの今後の展開が楽しみです。

 まあ、敵は多そうですけど(笑)。

2016/09/12 13:19

投稿元:ブクログ

【失敗を存在させているのは、いつだって自分自身だ。】

なんとしても手に入れて、読んでほしい本です。

はねトビ以来、西野さんとの距離は遠かった。
本の仕事に関わりだして、『魔法のコンパス』を知った。そこには、私の知らなかった西野さんがいた。読んで、ドキドキして、マーカーでベタベタと線を引きまくって、翌日その本を上司に渡した。私は私で、もう一冊買った。2冊目もまたマーカーだらけ。この期間にすんなり2冊買えたことは、今思えば奇跡だったかも。

この本の考え方を、今燻ってる、私から見たら相当才能あるのに、休職したり惰性で仕事して辛そうな彼らに伝えたい。そして、勇気をもってほしい。もっと貴方たちは輝けるんだって知ってほしい。欲を言うなら、そこから一歩踏み出してほしい。

過去は、変えられる。今この瞬間から。
1人で心許ないなら、西野さんのような憧れのひとのBETに乗ってもいい。
今は、もう「個人」が力をもつ時代。
チャレンジしよう!

2017/01/24 00:15

投稿元:ブクログ

トリックスターの面も否めないが、お金に関する独特の視点がユニーク。夢を追うためにはお金を知ることが重要、優位をわからせるためには普通の存在がコントラストが必要、大学の授業は演者が面白くして聞かれるようにしないといけないなど、急所をつく言葉が多く出てくる。
クラウドファンディングやTwitterでのモリ刺しなどネットを使った集金が巧みである。

と思ったら、最近、えんとつ街のプペルのネット無料公開で炎上を起こしている。
自称、日本一炎上を知る男だから確信犯的にやっているのだと思う。独特の嗅覚が鋭い人だな。

ちなみに私は絵本のネット無料公開をしてもそれは絵柄なだけで絵本そのものではないから、他の絵本作家は心配しなくても良いだろうと思っている。

他のクリエイターのギャラに影響が及ぶことが懸念されて批判の的になっているが、そんなに出せるわけがない。
もし、同じようなレベルの絵とストーリーのものがばんばか出てきたらそれはそれでファクトリー量産体制の産物ということで絵本の意味合いが違ってくる。しかし、この本は制作に数年かかっている。数年かかったなんて嘘やん、となる。
そんなファクトリーなら、別に作るのがキンコン西野じゃなくてもいいやん、となるだろう。

今回は絵本を読まない大人にリーチして、炎上でキンコン西野の名前が覚える人が増えたという現象が起こったのが彼的には収穫じゃなかろうか。

2017/03/20 03:33

投稿元:ブクログ

献本企画で当たった本。
もとより軽く立ち読みした際に欲しかった本なので、非常にうれしかったです。
の割に、他の小説読んでたりして、読み始めから終わるまで時間がかかってしまった。
簡単に読める本は、集中して読まないので、ほっときがち…。

で、これをビジネス書とするかどうかは微妙なところではあるんですが、面白かったです。
発想自体はそう新しい事を言っているわけでないのですが(ピンチはチャンスだ的な)、人の巻き込み方とか、お金の流れまで考えている点が素晴らしい。
ただ、この作者の性格なのか、性質なのか、いちいち人をイラッとさせる言葉遣いが、嫌いな人は嫌いだろうなぁと。
全てが正しいわけではないと思うけど、いい事言っているし、的も射ている。だけど、なんか鼻につく。
ああ、ホリエモンと一緒なんだと。

ある程度正解が見えている人がわからない人に「なんでわからないの?」と無言の圧力をかけている風に取れるわけです(おそらく本人無自覚)。

とすると、この本の読み方が急に変わります。
この本の翻訳版がいるなと。

ようはそういう事ができる人向け、そういう発想ができる人向けの本なんですね。

そこがわからないと、ひとりの成功ストーリーを見ているような気がしてくるはず。
庶民向けではないというか…。

最初の駅伝の件でピンとこないと、読むとつらいかもですね。
作者の考えややり方が面白いことは確かです。
点数も高め。

2017/01/25 08:21

投稿元:ブクログ

西野亮廣という人は、決して好きな芸人さんではないけど、考え方や行動に共感できる部分は多いので、えんとつの町のプペルを購入し、予想を遥かに上回って感動!
慌てて、立ち読みしたままスルーしていたこの本を購入し、毎日、その通り!と大きく頷いている。
考え方を書いた本は山ほどあるけど、やって来たことを書いてある本で、ここまで共感したのは初めて

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む