サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 日本経済新聞出版社の通販
  6. 日経ビジネス人文庫の通販
  7. サイゼリヤ おいしいから売れるのではない売れているのがおいしい料理だの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

サイゼリヤ おいしいから売れるのではない売れているのがおいしい料理だ (日経ビジネス人文庫)

著者 正垣 泰彦 (著)

都合良く世界を見るのではなく、物事をありのままに見ようと努力しなければならない−。レストラン「サイゼリヤ」の創業者が、「仮説・検証」のマーケティングについて語る。『日経レ...

もっと見る

サイゼリヤ おいしいから売れるのではない売れているのがおいしい料理だ (日経ビジネス人文庫)

税込 825 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

都合良く世界を見るのではなく、物事をありのままに見ようと努力しなければならない−。レストラン「サイゼリヤ」の創業者が、「仮説・検証」のマーケティングについて語る。『日経レストラン』連載11回分を追加。〔「おいしいから売れるのではない売れているのがおいしい料理だ」(日経BP社 2011年刊)の改題,加筆〕【「TRC MARC」の商品解説】

〇2011年7月に日経BP社から刊行された同名書の増補文庫化。本書はサイゼリヤの創業者会長である正垣泰彦氏の『日経レストラン』誌連載「土壇場の経営学」をベースに書籍化したもの。

〇「安心感を与える値付け」「ヒットを生む2つの大原則」「儲かる店を作る財務」「値下げの限界点を見極める」「多店舗化のポイント」「人材の育て方」「自社の強みをどう磨き抜くか」といった、経営に携わる誰もが直面する課題について、正垣氏がその解決策をズバリ答えている。

〇タイトルの意味は、「自分の店の料理が美味しいと言ってはいけない。なぜなら、自分の店の料理をうまいと思っていたら、売れないのはお客さん、景気が悪いということにしてしまう」ということ。「良いものは売れる」という考え方は昔の天動説と同じであり、もう改善を進められなくなってしまうと自らを戒めている。【商品解説】

目次

  • 第1章 「客数増」がすべて--お客様本位のものの見方とは
  •      
  • 第2章 十分な利益を確保するには--大切なのは儲かる仕組みづくり
  •           
  • 第3章 リーダーと組織の在り方--人が頑張れるのは誰かの役に立つからだ
  • 第4章 逆境を乗り越える--苦しいときこそチャンスである     

著者紹介

正垣 泰彦

略歴
サイゼリヤ創業者
1946年兵庫県生まれ。67年東京理科大学在学中にレストラン「サイゼリヤ」開業。68年の大学卒業後、イタリア料理店として再オープン。その後、低価格メニュー提供で飛躍的に店舗数を拡大。2000年東証一部上場。2009年4月、社長を退任して会長就任。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

サイゼリヤ創業者である正垣泰彦氏の外食産業の指南書です!

2018/12/19 09:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、低価格、高品質で圧倒的な人気を誇る外食産業のサイゼリヤを創業した正垣泰彦氏による外食産業の指南書です。彼は同書の中で、自分のレストランの品をおいしいと言ってはいけないと言います。なぜなら、そういう仮定に立てば、お客が入らないのは景気が悪いとか、お客が悪いと、その原因を外側にあるものと決めつけてしまうからだと説いています。したがって、彼の経営哲学というのは、従来のように「よいものは売れる」という発想とは全く逆にあることが分ると思います。非常に興味深い内容であると同時に、示唆に富んだ一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

失敗から成功をつかみとる!

2020/08/31 08:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu_ki - この投稿者のレビュー一覧を見る

サイゼリヤに行きたくなる本。最初は小さなお店だったことに驚くものの、そのお店が燃えた!ことには更に驚きました。要は薄利多売。なのですが、儲からないから相場の7割値引きをしてみたというやり方に相当な勇気を感じます。やってみること、人の意見に耳を傾けること、著者はすごいです。ちょうど、サイゼリヤから客足が遠のいているという記事が出ましたが、この本を読むと、この危機も乗り切るのではと期待。結果はいかに。機会があったらサイゼリヤでパスタを食べてみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/12/08 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/05 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/27 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/08 07:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/19 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/30 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/01 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/26 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/13 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/26 03:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/11 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/30 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/11 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。