サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

honto9周年 ポータルページ ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 倫理・道徳・武士道の通販
  5. インターシフトの通販
  6. 〈わたし〉は脳に操られているのか 意識がアルゴリズムで解けないわけの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/05
  • 出版社: インターシフト
  • サイズ:20cm/327p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7726-9552-7

紙の本

〈わたし〉は脳に操られているのか 意識がアルゴリズムで解けないわけ

著者 エリエザー・スタンバーグ (著),大田 直子 (訳)

なにかをしようとする前に、すでに脳がそれを決めている。人間に自由な意志はあるのか? 脳科学の最重要テーマ「自由と倫理」「意識とアルゴリズム」に挑み、“自由意志はある”と解...

もっと見る

〈わたし〉は脳に操られているのか 意識がアルゴリズムで解けないわけ

税込 2,530 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なにかをしようとする前に、すでに脳がそれを決めている。人間に自由な意志はあるのか? 脳科学の最重要テーマ「自由と倫理」「意識とアルゴリズム」に挑み、“自由意志はある”と解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

<つい悪いことをしてしまうのも、脳のせい?>

なにかをしようとする前に、すでに脳(無意識)がそれを決めている。
では、人間に自由な意志はあるのか?

脳科学の最重要テーマ「自由と倫理」「意識とアルゴリズム」に挑み、
「自由意志はある」と解き明かして、大きな反響を呼んだ話題作!

・脳はどのように意思決定をおこなうか
・心や体の動きを予測できる?
・脳科学者(ガザニガら)の見解は間違っている
・道徳や倫理は終わるのか
・意識の深さを探る
・意識・心がアルゴリズムでは解けないわけ
・人間に自由な意志はある

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::著者:: エリエザー・スタンバーグ
イェール大学附属病院の神経科医(レジデント)。脳神経科学と哲学をバックボーンに、
意識と意思決定の謎について研究している。本書を含め、3冊の著作がある。

::訳者:: 大田直子
翻訳家。訳書は、オリヴァー・サックス『見てしまう人びと』 、
デイヴィッド・イーグルマン『意識は傍観者である』、ブライアン・グリーン『隠れていた宇宙』など多数。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::
はじめに: 人間に自由な意志はあるのか
第1章: 人を殺したのは脳のせい?
第2章: 意志はころがり落ちる石なのか
第3章: 二つの対立する答え
第4章: 頭のなかの嵐
第5章: 抑えられない衝動
第6章: 神経科学者の見解は間違っている
第7章: 理性は情動に依存する
第8章: 決断の引き金が明らかに
第9章: マジシャンとしての脳
第10章: 心や体の動きを予測する
第11章: 人間はプログラムされたマシンか
第12章: 悪徳の種が脳に植えられている?
第13章: 倫理の終わり
第14章: 意識の深さを探る
第15章: アルゴリズムは「限りのない問題」を解けない
第16章: 内面世界を意識的に旅する
第17章: 道徳的行為主体はいかに生まれるか
第18章: 心の宮殿

::絶賛::
神経科学・心理学・哲学が立ち向かう最もチャレンジングなテーマへの、素晴らしく鋭敏な洞察だ
――ジョセフ・ルドゥー【商品解説】

著者紹介

エリエザー・スタンバーグ

略歴
〈エリエザー・スタンバーグ〉イェール大学附属のイェール・ニューヘイブンホスピタルの神経科医(レジデント)。脳神経科学と哲学をバックボーンに、意識と意思決定の謎について研究している。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

藤井君はAI将棋に勝てる

2018/05/11 11:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自由意志の力を持つ統合された意識のある存在としての行為主体である人間の思考は、コンピュータの決定論的システムとしてのアルゴリズムを超越した世界観であるとしながら、将来的にはコンピュータが自己認識を持ちうる可能性についても言及している近未来書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/05 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/29 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/05 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/11 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。