サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私は女優
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/07/19
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:20cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-16994-7

紙の本

私は女優

著者 浅丘 ルリ子 (著)

知られざる生い立ちから76歳まで、浅丘ルリ子が自ら言葉を選びぬいて綴った自伝。山田洋次インタビュー、高橋英樹・近藤正臣との対談、出演作品リストも収録する。『日本経済新聞』...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

知られざる生い立ちから76歳まで、浅丘ルリ子が自ら言葉を選びぬいて綴った自伝。山田洋次インタビュー、高橋英樹・近藤正臣との対談、出演作品リストも収録する。『日本経済新聞』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浅丘 ルリ子

略歴
〈浅丘ルリ子〉旧満州生まれ。1955年、14歳の時に日活「緑はるかに」で映画デビュー。以後、黄金期の日活映画のヒロインとして活躍。テレビドラマ、舞台女優としても活躍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

見事な女優魂

2016/10/19 07:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

浅丘ルリ子は美人である。
 おそらくほとんどの人は異論がないのではないかしらん。
 特に少女時代の彼女のかわいらしさといったら。
 そんな浅丘が銀幕にデビューしたのは中学3年生、1955年である。つまり、女優として浅丘は還暦60年を迎えたことになる。
 日本経済新聞の人気コラム「私の履歴書」にその芸歴や交友関係を赤裸々に綴ったのは2015年7月。きっとその一か月を浅丘のファンだけでなく、浅丘が活躍した映画とともに成長した人たちは懐かしい時間を過ごせたのではないだろうか。
 この本はその「私の履歴書」に加筆、さらには映画監督山田洋次や俳優の高橋英樹、近藤正臣との対談、そして浅丘のファンにとっては垂涎の「出演作品」一覧が収録されている。

 新聞連載時でも話題となったが、浅丘は小林旭と結婚寸前までいったことがある。
 残念ながら、成就というところまではいかなかったがその後浅丘は石原裕次郎や映画監督蔵原惟繕への思いを素直に綴っている。
 当然多くの人に読まれることを想定し、関係者もまた多くいるだろうが、浅丘はこれらのことを綴ることで、女優であることを全うしたような感じがする。
 恋愛もせずに、女優にはなれない。
 浅丘にとっては、人を愛することも演じることへの肥やしだったのだろう。

 昭和の時代を華やかに彩ったスターたち。
 ここには浅丘ルリ子という大輪とともに石原裕次郎、小林旭だけでなく勝新太郎、高倉健、渥美清といった昭和のスターたちの横顔が美しく描かれている。
 芸能史、風俗史としても貴重な一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/17 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。