サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. FinTechの衝撃 金融機関は何をすべきか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

FinTechの衝撃 金融機関は何をすべきか
FinTechの衝撃 金融機関は何をすべきか FinTechの衝撃 金融機関は何をすべきか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/26
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/277,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-76227-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

FinTechの衝撃 金融機関は何をすべきか

著者 城田真琴 (著)

銀行の機能は今後も必要となることは間違いない。しかし、その機能を提供するのは果たして誰が適切なのか? 現在、世界中で熱を帯びているFinTechの世界を、冷静に、かつ、わ...

もっと見る

FinTechの衝撃 金融機関は何をすべきか

1,944(税込)

FinTechの衝撃

1,944 (税込)

FinTechの衝撃

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

銀行の機能は今後も必要となることは間違いない。しかし、その機能を提供するのは果たして誰が適切なのか? 現在、世界中で熱を帯びているFinTechの世界を、冷静に、かつ、わかりやすくひもとく。【「TRC MARC」の商品解説】

金融史上最大の創造的破壊が始まった。

ベストセラー『クラウドの衝撃』『ビッグデータの衝撃』の著者による最新刊

ゴールドマン、JPモルガン、ウェルズ・ファーゴなど欧米の先進事例に学ぶ
「育成」「提携」「出資」「買収」戦略

脅威か? チャンスか? 金融機関に忍び寄る“破壊者”の正体を徹底解説!
「クラウド」「ビッグデータ」「IoT」の次に来るITビジネスの注目トピックス書。

金融機関のライバルは、もはや他の金融機関ではなく、他業界からの参入者である。
特に、最先端のテクノロジーに加え、使いやすいユーザーインターフェースで
利用者を虜にする術に長けたテクノロジー企業だ。

FinTechによって、融資・決済・海外送金などさまざまな分野で数々の革新的なサービスが生まれている。
本書では、FinTechの定義、背景などの基本から、具体的なサービスの紹介、FinTechのコア技術である「ブロックチェーン」の解説、金融機関が考えなければならない対応策、各国政府の動きなど、さまざまな観点からFinTechの世界を詳細に分析。入門書にとどまらない、踏み込んだ深い分析、洞察を示している。
大手銀行のほか、地銀や証券、保険、クレジットカード業界など金融業界の関係者、また金融業への参入を狙う通信業界やIT業界関係者も必読の書。【商品解説】

脅威か? チャンスか? 金融機関に忍び寄る“破壊者”の正体を徹底解説。銀行、証券など業界関係者がとるべき対応策がわかる。 【本の内容】

目次

  • はじめに
  • 第1章 なぜ今、フィンテックなのか?
  •  Silicon Valley is Coming
  •  消える支店と「モバイル・シフト」
  •  ミレニアル世代の取り込みに躍起になる金融機関
  •  そしてフィンテックへ
  •  金融業界出身者が続々とフィンテック企業へ
  • 第2章 フィンテックサービスの実際

著者紹介

城田真琴

略歴
〈城田真琴〉北海道出身。北海道大学工学部卒業。野村総合研究所デジタルビジネス開発部グループマネージャー/上級研究員。著書に「クラウドの衝撃」「ビッグデータの衝撃」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/09/19 17:16

投稿元:ブクログ

クラウド、ビッグデータ、パーソナルデータに続く著者の衝撃シリーズ第四弾はフィンテック。フィンテックが勃興した背景を皮切りにフィンテックサービス実際について切り込み、従来の金融にはなかった新サービス、テクノロジーで使い易く安価なサービスとして生まれ変わった代替サービス、既存の金融サービスのインフラからより便利なサービスへ転換した補完サービスに分類して説明する。
フィンテックの中核テクノロジーであるブロックチェーンについては、その仕組みから多岐に渡る活用方法を現状の金融の問題点を含めて解説。
コンサルタント目線でその状況においての選択肢を挙げて金融機関のフィンテック戦略を解説し、専門特化しモジュール化する金融サービスの将来に言及しAPIの重要性を説く。
終章の日本に於けるフィンテックの方向性では、改正銀行法の早期成立など政府の異例とも言える支援にもかかわらず、米国などとの人口構成の違い(要するに日本は年寄りが多い)やスマホ普及率の低さなど難しい局面があることを指摘して、日本ならではのフィンテックを再考せよと締める。
金融という分かりにくい業界にも関わらず完結かつ丁寧な説明で抵抗無く読み進むことができて、とても勉強になりました。フィンテックには直接関係ないですが、日本のスマホの普及率が5割強で海外が7~9割との事実はまさに衝撃でした。

2016/10/23 20:26

投稿元:ブクログ

クラウド・ビックデータに続いての衝撃シリーズ、
今回はFintech。
やはりブロックチェーンとAPIエコノミー(OPENAPI)
が有用だと思います。
ただ、日本としては金融よりも流通や産業にこの流れ
というか、技術が生かされていくのではないかと
思います。

2017/03/31 00:38

投稿元:ブクログ

「FinTech」という何やら得体の知れぬものを野村総合研究所らしく構成要素を分解し位置付けを整理し海外事例を引き合いに出しながら、既存金融に対するその衝撃度を伝える。

日本だと金融規制関連の法整備が追いついてない関係上、まだまだブレイクするまでには至ってないが、特に欧州におけるFinTechの躍進は顕著だ。ここはリーマンショックとイノベーションのジレンマに起因するところだが、AtomBankやOndeckに代表されるビジネスモデルの革新と、ブロックチェーンというテクノロジーの進歩によってまさにビッグバンが起きようとしている。本書内では日本独自のFinTechも提言されているが、規制事業的な側面が強いとはいえ、シームレスなビジネス環境の昨今では取り残される日本に危機感を覚えざるを得ない。

本書で語られるような衝撃波が早く日本にも届くことを切望したい。

2017/03/31 00:25

投稿元:ブクログ

「ー」

いろいろなフィンテック企業が紹介されていて面白い。
ロボアドバイザーはETFよりも有効なのだろうか。
個人間融資の成長に期待。

2016/09/05 07:12

投稿元:ブクログ

面白かった。単にFinTechのおもしろサービスを紹介するだけでなく、そのサービスの課題や今後の見通しまでが分析されている。また、金融機関の取るべき戦略もきちんと構造化して、整理されている。文章自体も非常にわかり易く書かれていて、すいすいと読めた。これ一冊読めば、他の本を読む必要はないかな。

2016/11/21 23:47

投稿元:ブクログ

今話題のFinTechがうまくまとめられています。
概要だけでなく、個々の例についてもうまくバランスされて書かれています。

個人的にはブロックチェーンはFinTechの中核ではなく、最も注目を集めた技術だと思っています。これは編集者が付けたタイトルでしょうか。内容は良いです。

この本が出たのが9月で、2016年の6月の時点の話も含まれていますが、10月のApple Payについて当時の判断(まだ時間がかかる)が含まれているので、環境の変化の激しさを改めて感じさせる一冊となっています。

そのため、読むならなるべく早くをお勧めします。

1章から5章まで解説で、6章で日本のこれからを予想しています。
2020年以降に予想が当たったか、再度6章だけでも読み直したいと思う本です。
参考文献(サイト)も充実していますので、もっと詳しく知りたい人にもおすすめです。

金融機関・銀行 ランキング

金融機関・銀行のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む