サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

みかづき
みかづき みかづき みかづきみかづき

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 231件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/05
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/467p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771005-2
  • 国内送料無料

紙の本

みかづき

著者 森絵都 (著)

昭和36年。小学校用務員の吾郎は、勉強を教えていた児童の母親・千明に誘われ、学習塾を立ち上げる。千明と結婚し、家族になった吾郎。塾も順調に成長するが、予期せぬ波瀾が2人を...

もっと見る

みかづき

1,798 (税込)

みかづき

ポイント :16pt / 紙の本より200おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和36年。小学校用務員の吾郎は、勉強を教えていた児童の母親・千明に誘われ、学習塾を立ち上げる。千明と結婚し、家族になった吾郎。塾も順調に成長するが、予期せぬ波瀾が2人を襲い…。『小説すばる』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです」
昭和36年。人生を教えることに捧げた、塾教師たちの物語が始まる。
胸を打つ確かな感動。著者5年ぶり、渾身の大長編。

小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。
女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、
塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲い――。

阿川佐和子氏「唸る。目を閉じる。そういえば、あの時代の日本人は、本当に一途だった」
北上次郎氏「圧倒された。この小説にはすべてがある」(「青春と読書」2016年9月号より)
中江有里氏「月の光に浮かび上がる理想と現実。真の教育を巡る人間模様に魅せられた」

驚嘆&絶賛の声、続々! 昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編。

本の内容】

著者紹介

森絵都

略歴
1968年東京都生まれ。早稲田大学卒。90年『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。
95年『宇宙のみなしご』で第33回野間児童文芸新人賞と第42回産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を、
98年『つきのふね』で第36回野間児童文芸賞を、99年『カラフル』で第四六回産経児童出版文化賞を、
2003年『DIVE!!』で第52回小学館児童出版文化賞を受賞するなど、児童文学の世界で高く評価されたのち、
06年『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞した。『永遠の出口』『ラン』『この女』
『漁師の愛人』『クラスメイツ』など、著書多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー231件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

人生観を考えさせられました。

2016/10/26 12:41

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は昭和36年から平成20年にかけて。変遷する社会情勢の中、親子孫らがそれぞれの思いを抱いて教育に携わるドラマチックなお話しです。

物語の中心人物=千明は教員免許を持ちながらも、ある強い思いで塾を立ち上げます。軍国教育から民主主義教育、詰め込み、ゆとり、脱ゆとり…唐突に方向転換を突きつける国の教育指針にいきり立ち、反骨心を露わにします。

塾経営、文科との対立、理想の子ども教育への執念が強い千明は衝突も多く翻弄されます。

千明はやがて家族も増やしていきます。同じ目標に向かっていると思っていた家族とも いつしか溝が生じますが、千明は志の実現を夢見てひたむきに奮闘します。

しかし、塾の経営という非常な現実に、いつしか大切な思いがぶれていきますが…。

登場人物の個性がすっきりしていて、相互関係に味付けも効いているので、どの場面もすんなり頭に入って来ました。

また、それぞれが頑なな主張をぶつけ合う場面も多いですが、互いが抱える事情の厳しさを丁寧に描かれているので、各々の譲歩しがたい気持が易く伝わってきました。

充実する仕事の成果とは裏腹に、乖離していく縁ある人たち。 年齢を重ね、老いた千明の胸の内は…。
病床で人生を俯瞰した千明が己をみかづきに重ねる辺りは、キーンと私の琴線に触れました。
人は感じ、考える事で原動力が生まれ、たとえそれが悩める事であったとしても、その人の支えとなっているのかなと思いました。

教育というキーワードで本筋が整えられていますが、理想が成就したかという興味もさることながら、登場人物の絡み合う絆が深まったり疎遠になったりと、起伏に富む有様が味わい深かったです。それぞれの心情に思いを馳せ感情が揺れました。

エピローグに近づくにつれ、「みかづき」のキーワードが増えると共に、じんわりと温かな気分に誘われました。しっとりとした余韻を残しながらも、晴れ晴れとした締め括りがとても素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

塾の講師

2016/11/07 09:43

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

塾がまだはじまったばかりの頃のお話。蕗子ちゃんが凄くいいです。気が利いて優しくて素敵な女の子です。お母さんももう少し可愛げがあるといいのだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

満月にあこがれる途上の月

2016/11/18 07:03

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和36年、小学校用務員だった大島吾郎は勉強を教えていた児童の母親・赤坂千明の強引な押しによりともに学習塾を立ち上げる。
ベビーブームと高度経済成長を背景に吾郎と千明の塾は順調に成長していく。
目まぐるしく変わる文部省の方針に翻弄され、保護者からは目の前の成績を上げる事を要望されて吾郎と千明の方針の違いは埋めがたいものになっていく。

昭和から平成の塾業界を舞台に3世代の家族の物語を描く長編

「カラフル」や「DIVE」など児童文学の世界で数々の賞を受賞した森絵都さんが「塾」を舞台に教育と子供を描きました。

最終章の「新月」で千明と吾郎の孫 一郎の成長には目を見張るものがありました。

教育は子供をコントロールするためにあるんじゃない。
不条理に抗う力たやすくコントロールされないための力を授けるためにあるんだ。

タイトルの「みかづき」の意味も最終章の吾郎のスピーチでわかる。
教育とは何か家族とは何か
感動の長編でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家族小説

2016/12/04 19:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AKR1703 - この投稿者のレビュー一覧を見る

塾を舞台にしているけれど、昭和30年代から平成20年代までの4代の家族を描く壮大な大河小説という印象の方が強い。家族であっても、それぞれが別々の人格を持ち自分だけの人生を歩んで行く。しかし、それでも家族である大島家の一人一人が心に残る。最後に明かされる「みかづき」という題名の意味とてもいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

教育現場を塾側からとらえたお話し。

2016/12/19 19:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

塾が登場した時代から、詰め込み教育と言われた時代、ゆとり教育時代などを経て現在へ。
公教育との確執、文科省の失策や迷走、塾同士の生徒獲得戦争など、目まぐるしい展開で息もつかせなかった。
その中で生きてる登場人物も魅力的。
赤坂家の女たちに罠に嵌められるように塾長にされた吾郎。ちょっとお人よしで気の毒になる時もある。
理想の教育を求めて闘い続ける千晶にはブレない女の強さに身震いします。
大まかに三部に分かれてる気がします。
最初は塾の創成期。これは吾郎の語りで進められます。
次は塾の発展・淘汰期。これは千晶目線。
最後は一郎目線。ゆとりを経て教育格差が問題視されてる現代に立ち向かう若者達の姿があります。
何が正しい教育なのか、とても難しい問題ですが、大人はみんな子供たちの将来に希望を持たせてあげたいと思ってる事を実感できる物語でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

森絵都久々の長編は、塾業界が舞台

2017/01/15 13:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和30年代から平成にかけて、学習塾に人生を賭けた大島家三代の物語。直木賞作家森絵都による、久しぶりの長編の舞台は塾業界だ。とある小学校の用務員大島吾郎は、炎のような女性赤坂千秋と出会い、共に塾を立ち上げようと誘われる。吾郎と千秋、娘の蕗子、蘭、菜々美、そして孫の一郎。それぞれが「教育」という非常に厄介で難解な問いに、全身でぶつかっていく。
重厚なテーマだが、さらりと読ませる。大島家の面々のキャラクターの立ちが素晴らしい。いかに文部省・文科省が、教育現場や塾業界に影響を及ぼしてきたかが分かる。塾側から見た教育現場が舞台の作品は、今までなかったのではないか。そういう意味でも本作は、新たな地平を切り開いたと言える。
早くも、次の本屋大賞に推す声も多数
挙がっているようだ。著者渾身の一作は、それに充分ふさわしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なつかしい

2017/02/14 19:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

千葉県習志野市生まれなので、習志野周辺の街が舞台となっていることになつかしさを覚える。しかも昭和36年頃は市内の小学校に通っていた身としてはなおさらだ。
 隣接する八千代市は小説のなかで塾を始めた場所となっている。確かにそのころ塾などあったのかどうか、思い出すことはできない。
 小学校6年生の時に、東京から転校してきた同級生の2人が東京の有名私立中学の入試の勉強をしていたようだったが、その場所は少なくとも塾ではないようだった。
 小説では塾が珍しかった時代から、塾に多くの子供が行くようになり、逆に行かない子は少数派になってしまった現在までが描かれている。自分の子供はというと、塾通いが不通の時代だったが、学校の勉強に落ちこぼれそうになった時に、知り合いの紹介で通い始めた個人塾で伸びていったように思う。
 教育界も文部省・教育委員会と日教組、教師と親、学校と塾など様々な意見、立場が錯綜し、時代の変化もあり、大きく揺れているようだ。
教育について考えさせられる小説であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そんな感じかな

2017/03/03 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てくちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は昭和36年生まれなので少しシンクロしています。教育の移り変わりも良くわかったし、家族愛も共感できました。私もこれから子供たちの成長を見守って行く立場なので、我が家でもこの様にハッピーエンドになるといいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家族と仕事

2017/03/20 23:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にんじん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『みかづき』なぜこのタイトルなのか、
私はよく分からないまま読み進めていたのですが、
それが最後の方に気が付かされ、ハッとしたのと同時に大いに納得させられました。

登場人物はひとつの家族を中心に、独身時代から結婚、孫の世代まで広く長く描かれています。

本書は教育業界を中心に描かれていますが、あるゆる業界、あらゆる世代に通ずると思います。

変わり行く時代の中で得られたものや失われたもの、
生涯を何かに熱く生きることは良いことばかりではないことを改めて痛感させられました。

それでも私は、彼らのようにいつまでも『みかづき』を仰ぐ人間でありたいと願いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名作

2017/03/21 12:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

津田沼に縁のある人、教育に関心のある人、五輪後に不安を抱く人、国語力(作文力)が大切と感じている人、女性の中の男性の在り方に若干のあきらめを抱いている人、とにかく面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

終わり方が最高

2017/05/13 18:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初読作家さんでしたが、他の作品も読んでみたい。塾という面から教育を語っており、新鮮。教育は人それぞれで想いは違うので、途中で組織の分裂があることは想像できる。その中で、気持ちいい終わり方で、名作として推薦します。読みやすさもグット!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2017/05/14 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まき - この投稿者のレビュー一覧を見る

あっという間に読みました。近所の話ということもあり、すごく身近に感じて読んだせいか、1日で読み終わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供を照らす月と太陽

2017/05/31 23:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和から平成に至る教育の潮流と家族の絆を描いた長編作品です。

私自身が塾講師として長年アルバイトをしていたこともあり、教育のままならなさには強い共感を覚えました。学校が子供たちを照らす太陽ならば、塾は月であると定義した作者の気持ちに納得する一方で、月と太陽の境界がわからず教育改革に踊らされてきたゆとり世代としては改めて憤りを覚える部分もありました。なぜ「あいつは”ゆとり”だから」と揶揄されなければならないのか、と。

やや自身の経験に重ねすぎて憂鬱に感じる場面もありましたが、3代にわたる家族の絆が生んだ教育の変化も痛快で、不思議と読み終わった後はさっぱりした気持ちになれました。

塾に行って狂ったように勉強してきた人、塾に行きたくても行けなかった人、勉強への楽しさを見いだせずに大人になった人、全ての人が教育に対して何かしらの思いを持っていると思います。共感するか、理想論だと切り捨てるかは別として、読む価値は大いにあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本教育の原点とは

2017/06/04 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まおり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほぼ同じ時代を生き、我が子も日本教育の変化の中を通ってきたためか実に身にしみ、自問自答しながら読み進むことができました。教育者ならではの家族との葛藤。曲げられない信念。素直に読むことができました。私は教育者でもなく一保護者でしかありませんでしたが、これからの日本教育に疑問を投げかけた一冊になることと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

塾が世の中に認められるまで

2017/09/17 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オラフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

塾を立ち上げ、急成長し現代を生き抜く塾一代記。
学校教育と塾は相反するもので、反発し合っていたことを初めて知った。いまや塾行くのは当たり前だけれども、社会的に塾が認められるのはこんなにもイバラの道であったのか。こんなにも情熱をもって学生を指導してくれた講師がいたのかと驚くことばかりだった。
全体としては、読み応えのある作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する