サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 スペシャルリハーサルエディションスクリプト

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 スペシャルリハーサルエディションスクリプト
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 119件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発売日:2016/11/11
  • 出版社: 静山社
  • サイズ:19cm/414p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:978-4-86389-346-7
  • 国内送料無料

紙の本

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 スペシャルリハーサルエディションスクリプト (「ハリー・ポッター」シリーズ)

著者 J.K.ローリング (著),ジョン・ティファニー (著),ジャック・ソーン (著・舞台脚本),松岡 佑子 (訳)

「ハリー・ポッターと死の秘宝」での戦いから19年。ハリーとその次男アルバスは、ある不快な真実を知ることに…。舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の特別リハーサル版の脚本。3...

もっと見る

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 スペシャルリハーサルエディションスクリプト (「ハリー・ポッター」シリーズ)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ハリー・ポッターと死の秘宝」での戦いから19年。ハリーとその次男アルバスは、ある不快な真実を知ることに…。舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の特別リハーサル版の脚本。3人の著者によるオリジナル・ストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

8番目の物語。19年後。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない"ハリー 一家の伝説"という重圧と戦わなければなりません。過去と現実は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。【商品解説】

8番目の物語。19年後。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。

ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。

ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない “ハリー 一家の伝説” という重圧と戦わなければなりません。 過去と現在は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

闇はときとして思いがけないところから現れるのです。【本の内容】

著者紹介

J.K.ローリング

略歴
〈J.K.ローリング〉作家。著書に「ハリー・ポッター」シリーズ、「カジュアル・ベイカンシー」など。
〈ジャック・ソーン〉脚本家。舞台、映画、テレビ、ラジオの脚本を執筆。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー119件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

再び

2017/02/01 12:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

再びハリーポッターシリーズが読めてとても幸せな気持ちです。ハリーのお話というわけではないのですが、おもしろかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハリーポッターシリーズ最新刊

2017/01/22 20:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なな - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待ったハリーポッター最新刊です!!
今回はハリーの子供達のお話です。
期待以上のおもしろさでした!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハリーポッター

2016/12/09 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:( ̄▽ ̄) - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビで何度かハリーポッターを見たことはあったけど、
小説のほうは見たことがなかったので、
読んでみたくなった!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔法使いは大変

2017/02/26 10:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハリーの成長が感じられてほほえましい。子を持ち父になる喜びが、魔法省の仕事よりも大きく描かれているような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リハーサルを見ていると思えば可

2017/02/14 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーはまあまあ面白いけれど、言葉尻や言い回しに違和感のある部分が多くて、のめり込めませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった

2016/12/14 19:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K - この投稿者のレビュー一覧を見る

脚本のような内容だからどうかと不安だったが、読んでみると内容が面白いからドンドン読んでしまった。とても面白かった。ただ、やっぱり小説で読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

途中で読むのをやめてしまった

2016/11/17 14:26

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

脚本型になっています。
読みにくい、という意見もあるようですが、私は割と平気でした。

私は「ハリーポッター」シリーズの大ファンで、新刊がでると聞いてとても楽しみにしていたのですが、途中で読むのがつらくなってしまい、最後まで読めませんでした。
その理由は、変にリアリスティックなところでしょうか。
ハリーとその息子のアルバスの確執を中心に物語が動いているところに、妙なリアルさを感じてしまいました。
これまでのハリポタは、人間関係のよじれはあれど、壮大でファンタジックな世界観で一気に進んでいたので、物語に没入できたのですが、今作は、ところどころに出てくる現実的な「確執」の描写に、無理やり物語の中から現実に引き戻されるような感じがして、疲れてしまいました。
完成されたハリポタの世界が、壊された気がして、ちょっとショックでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白そうです

2016/11/22 20:18

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒うさぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファンタジーが大好きな息子。ハリー・ポッターシリーズも何度も全巻読破し、暫く間が空いていたのですが、新刊が出たと聞いた途端、「ハリー・ポッター、新しいの読みたいな~」「あ~読みたい」「読みたくて読みたくてたまらん」と毎日毎日呪文のようにぶつぶつ言うので、根負けして買ってやることにしました。レジで会計する間ももどかしく、引ったくるように受け取ったが最後、片時も放さず一気読みしていました。やっぱり面白いみたいです。もう一回読み直してから、と、まだ貸してもらえないので、私はまだ読めていませんが、子どもがこんなにハマるってことは相当面白いんだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変わらないハリーポッターの世界

2017/01/29 21:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなすな - この投稿者のレビュー一覧を見る

発売日に買って、その日に読み終えてしまいました!
舞台のスクリプトなので最初はちょっと違和感を感じつつも、世界観は今まで読んできた作品そのままで、違和感はすぐに吹き飛びました。

ハリーの子どもたちのお話ということで、若干ハリーたちの出番が少ない印象も受けましたが、スリリングな冒険だけではなく、ハリーの息子アルバスと父親ハリーの関係についても描いた素敵な物語でした。

あと、個人的にハーマイオニーの役職にはびっくりしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

脚本形式なのが惜しいほど。

2017/01/23 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

しっかり本編のラストからつながっている魔法界が描かれる。小説として地の文をしっかりつけてほしいと思うほど。
どこまでローリング氏が脚本化に加わったのかはわからないが、原作の味わいを損なうことなく脚本形式に整え、読み物としてのおもしろさも保ったジョン・ティファニー氏とジャック・ソーン氏の手腕が光る。
そして、ローリング氏も自作の脚本化に加わった経験を「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の脚本作成に活かしたんだろうなと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハリーの子供たち

2016/12/18 18:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

敵役同士だったハリーとドラコ。その子供は親友となり亡くなったセドリックを救おうと時間旅行により過去に戻る。しかしそれは大きな罠。
二人を救おうと協力するハリーとドラコ。ドラコはプライド高いが本当はとてもいい奴!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐かしい

2016/11/30 12:30

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わーち - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分がハリポタを読んだのは学生時代でした。テレビで映画が放送され、甥が好きになったので、新作も手にしました。甥にはまだ難しいので、毎日少しずつ読み聞かせています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり、この世界は、大好きだ

2016/11/30 09:23

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

≪ネタバレありかも!?≫

ネタバレ ト書きがあって、台詞仕立て。
舞台版の脚本ってことで、どうかなぁ・・・って思ったけど
読み始めたら、一気にハリーの世界に戻って行った^^
セドリック、ジェームズ、リリーの事件をはじめ、思い出す。。。思い出す♪♪
2番目に戻った世界、超こわ~。
でも、スコーピウス、やるじゃん^^
ドラコ、結局やっぱり、悪者返上!?
アルバスも、ハリーも・・・・みんながんばって、生きて!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嬉しい

2016/11/21 15:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだまだ続いていくハリポタの世界が嬉しいです。
大好きなキャラの子ども達の姿が微笑ましくて、以前とは違った目線でハリポタの世界を楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

帰って来た魔法界!

2016/12/06 11:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夢兎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待ったハリーポッターシリーズの最新作!
ハリーたちの世界が私達のもとに帰ってきました!
あの壮絶な17歳の日を乗り越えて、大人になり、一人の父親となったハリーと、その息子の物語です。
ハリーはやっぱり不器用というか、愛情表現が上手くできてないというか、息子のアルバスを、確かに愛しているのにそれが伝えきれていにい感じがします。
そして、この物語の冒険の主人公はハリーの二番目の息子のアルバス・セブルス・ポッター。
彼の抱える偉大すぎる父へのコンプレックスと葛藤、そして唯一無二の親友であり、理解者となったスコーピウス・マルフォイとの友情、前作までストーリーに負けず劣らずの面白さとわくわくを感じました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む