サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

迷走するイギリス EU離脱と欧州の危機
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/29
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:19cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-2373-0
  • 国内送料無料

紙の本

迷走するイギリス EU離脱と欧州の危機

著者 細谷雄一 (著)

これから孤高の道を歩むイギリスがめざす方向は? また連合王国としてのイギリスは解体に向かうのか? イギリス外交史の第一人者が“EU離脱”までの深層と、分裂に揺れるイギリス...

もっと見る

迷走するイギリス EU離脱と欧州の危機

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これから孤高の道を歩むイギリスがめざす方向は? また連合王国としてのイギリスは解体に向かうのか? イギリス外交史の第一人者が“EU離脱”までの深層と、分裂に揺れるイギリスを読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

▼イギリス外交史の第一人者が“EU 離脱” までの深層と、
 分裂に揺れるイギリスを読み解く!

 今年の6月に世界の政治経済を震撼させた、
イギリス国民投票によるEU離脱という結果――
そして、そこに至るイギリスのEU 加盟時から現在までの歴史も
決して平坦ではなかった――。
 これから孤高の道を歩むイギリスがめざす方向は? 
また連合王国としてのイギリスは解体に向かうのか?  
イギリス外交史・国際政治の第一人者が歴史的背景から
イギリス政治社会とヨーロッパを展望する一冊!【商品解説】

今年の6月に世界の政治経済を震撼させた、イギリス国民投票によるEU離脱という結果―そして、そこに至るイギリスのEU加盟時から現在までの歴史も決して平坦ではなかった―。
これから孤高の道を歩むイギリスがめざす方向は? またイギリス連合王国は解体に向かうのか? イギリス外交史・国際政治のトップランナー細谷教授が歴史的背景からイギリス政治社会とヨーロッパを展望する一冊!【本の内容】

目次

  • 序  章 イギリスはどこに向かうのか
  •     
  • 第一章 戦後イギリスとヨーロッパ統合
  • 第二章 サッチャー政権からブレア政権へ――「欧州懐疑派」の台頭
  • 第三章 欧州憲法条約からリスボン条約へ
  • ――「やっかいなパートナー」の再来?
  • 第四章 キャメロン政権とヨーロッパ統合

著者紹介

細谷雄一

略歴
〈細谷雄一〉1971年千葉県生まれ。慶應義塾大学法学部教授。博士(法学)。「戦後国際秩序とイギリス外交」でサントリー学芸賞、「倫理的な戦争」で読売・吉野作造賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歴史の視点からBrexitを考える

2016/11/16 17:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

やや表題との乖離を感じるこの本であるが、その中身はイギリスがいかにしてヨーロッパ統合政策と向き合ってきたか歴史からそれらを読みといてる。
1980年代のイギリス首相サッチャーは超国家的なヨーロッパ統合政策に猛烈な反発を示したが、それから約20年後「サッチャーの子どもたち」とも言える保守党議員の間にも彼女と同じくヨーロッパ統合政策に反対する勢力が台頭し、ついにEU離脱の国民投票を行うまでに至った。
歴史的な観点から分析したイギリスのEU離脱を
知るには最適な一冊であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/27 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む