サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1001-04)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 生命科学・生物学の通販
  5. 白揚社の通販
  6. サイボーグ化する動物たち ペットのクローンから昆虫のドローンまでの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/01
  • 出版社: 白揚社
  • サイズ:20cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8269-0190-1

紙の本

サイボーグ化する動物たち ペットのクローンから昆虫のドローンまで

著者 エミリー・アンテス (著),西田 美緒子 (訳)

【AAAS/Subaruサイエンスブックス&フィルム賞】バイオテクノロジーは動物をどのように作り変えたのか? リモコン操作できるラット、緑色に発光するネコなど、現代科学が...

もっと見る

サイボーグ化する動物たち ペットのクローンから昆虫のドローンまで

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【AAAS/Subaruサイエンスブックス&フィルム賞】バイオテクノロジーは動物をどのように作り変えたのか? リモコン操作できるラット、緑色に発光するネコなど、現代科学が生み出す改造動物の最前線を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エミリー・アンテス

略歴
〈エミリー・アンテス〉イェール大学から科学史・医学史の学士号を取得。科学ジャーナリスト。『ネイチャー』等に執筆。「サイボーグ化する動物たち」でAAAS/Subaruサイエンスブックス&フィルム賞受賞。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年10月号より

書標(ほんのしるべ)さん

ヒツジのドリーが生まれたのは今から10年前の7月。クローン技術や遺伝子工学に対する世間の風当たりは依然強いままだ。しかし科学は常に進歩する。愛するペットは何度も生き返り、ニワトリは薬の卵を量産し、甲虫はスパイ活動への第一歩を踏み出した。
本書は、現代科学が生み出す“改造動物”の最前線を紹介しつつ、動物の福祉と科学の発展の関係を正面から見つめる。科学技術はただの技術で、善も悪もない。遺伝子操作で盲目のマウスを作るのが人間ならば、絶滅危惧種をクローン技術で救うのも人間である。動物の未来のため、私たち人間は一体何ができるのだろうか。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間は何ができるのか

2016/10/19 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代科学で生み出された改造動物の最前線が紹介されている。科学技術自体に良い、悪いはないが、その技術を使うのは人間である。何ができるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/29 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/14 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/18 07:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/02 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/23 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。