サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ショパン・コンクール 最高峰の舞台を読み解く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ショパン・コンクール 最高峰の舞台を読み解く(中公新書)
ショパン・コンクール 最高峰の舞台を読み解く(中公新書) ショパン・コンクール 最高峰の舞台を読み解く(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/20
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102395-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ショパン・コンクール 最高峰の舞台を読み解く (中公新書)

著者 青柳いづみこ (著)

5年に一度開催されるショパン・コンクール。その歴史を俯瞰しつつ2015年大会の模様を現地からレポート。客観的な審査基準がない芸術をどう評価するか、日本人優勝者は現れるのか...

もっと見る

ショパン・コンクール 最高峰の舞台を読み解く (中公新書)

950(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

5年に一度開催されるショパン・コンクール。その歴史を俯瞰しつつ2015年大会の模様を現地からレポート。客観的な審査基準がない芸術をどう評価するか、日本人優勝者は現れるのか。コンクールを通して音楽界の未来を占う。【「TRC MARC」の商品解説】

ポーランドのワルシャワで五年に一度開催される、世界最高峰のピアノ・コンクール。モノ書きピアニストが見た、若者たちの憧れと現実【本の内容】

ポーランドのワルシャワで五年に一度開催される、世界最高峰のピアノ・コンクール。モノ書きピアニストが見た、若者たちの憧れと現実【本の内容】

著者紹介

青柳いづみこ

略歴
〈青柳いづみこ〉東京藝術大学大学院博士課程修了。ピアニスト・文筆家。大阪音楽大学教授。日本ショパン協会理事。「翼のはえた指」で吉田秀和賞、「青柳瑞穂の生涯」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ショパンコンクールを活字で表現することに挑んだ本

2017/03/14 18:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

2015年にBS1で放映された「もうひつとつのショパンコンクール・ピアノ調律師たちの闘い」という番組を見ました。ピアニストが競うコンクールですが、その舞台裏ではエントリーした演奏家がどのメーカーのピアノを選択するのかというピアノメーカーの闘いが繰り広げられており、それを現地でサポートする調律師達の仕事ぶりを紹介する秀逸のドキュメンタリーでした。そんな感じの内容を期待したんですが、本書は出場した各演奏家のパフォーマンスへのコメント、コンクールが求める理想の音楽像、コンクールが抱える問題点など音楽そのものに焦点を合わせた内容でした。テレビ番組なら出場者の演奏の一部でも聴きくことができますが、何せその演奏自体を全く聴いてない状態でその演奏のコメントを読んでも想像力が及ばずに理解しにくい部分が多かったです。ただ、著者の繰り広げる音楽を表現する文章、文言の豊かさには驚かされました。ピアノを演奏する方ならもっと共感できだんじゃないかなと思います。
コンクールの抱える問題点や、日本のピアノ演奏家がこれから取り組むべき方向性などの部分はよくわかりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

臨場感あふれる現場レポートは、さすが

2017/05/03 15:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森郊外 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ショパンコンクール、そもそもショパンの演奏とはどうあるべきか? ショパンは自作をどのように弾いていたのか? 戦前のパハマンに代表されるロマンティックな解釈と戦後の新即物主義の波にさらされ、時代とともに演奏スタイルは変わり、聴衆の趣味、もっと言ってしまえば審査員の嗜好も変遷してきた。しかしそうした時代の趨勢とは一線を画した新たな才能をどのように受容し、あるいは排除して今日に至ったのか。そうした極めて難しくデリケートな問題を正面から論じる青柳氏の誠実さと筆力にはただ賛嘆の意を示すばかりだ。
予選からグランドファイナルに至るコンテストのレポートも、そうした深い問題意識のうえで語られ、一般の演奏評とは一線を画するものだった。そして演奏家として、コンテスタントひとりひとりの才能をいつくしむ筆者の思いが随所に現れ、読後もさわやかな思いに満たされた。
読み進めるうちに、ケイト・リウの演奏がどうしても聞きたくなった。
この本、一つだけ不満はコンテスタントのアルファベット表示が記されていないことでした。
特にYouTubeで演奏家を検索するときに、不便を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/24 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/15 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/23 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/24 01:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/14 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/14 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む