サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 職場の問題地図 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

職場の問題地図 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方
職場の問題地図 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方 職場の問題地図 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/16
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7741-8368-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

職場の問題地図 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

著者 沢渡あまね (著)

手戻りが多い、上司・部下の意識がズレている、無駄な会議が多い…。職場にありがちな問題はなぜ起こるのか。原因を図解で示しつつ、解決策を教える。折り込み式「職場の問題地図全体...

もっと見る

職場の問題地図 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

1,598(税込)

職場の問題地図 ~「で,どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

1,598 (税込)

職場の問題地図 ~「で,どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

手戻りが多い、上司・部下の意識がズレている、無駄な会議が多い…。職場にありがちな問題はなぜ起こるのか。原因を図解で示しつつ、解決策を教える。折り込み式「職場の問題地図全体マップ」付き。【「TRC MARC」の商品解説】

「“残業するな”と上司がうるさいので、帰ったことにして家で仕事している」
「残業はすべて管理職が肩代わり、管理職はいつもゲッソリ……」
「他人に構う余裕がなく、会話がなくなった」
「裁量労働制……お金にならない残業が増えただけ」

そんな職場の“あるある”な問題は、なぜ起こるのか? 原因と全体像を図解しながら、解決策を教えます。


【巻頭付録】職場の問題地図 全体マップ【本の内容】

著者紹介

沢渡あまね

略歴
〈沢渡あまね〉1975年生まれ。あまねキャリア工房代表。業務改善・オフィスコミュニケーション改善士。著書に「新米主任ITIL使ってチーム改善します!」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

職場の問題地図自体が迷路

2017/04/23 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:積ん読太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

その迷路をどのように突破するのか?
5つの要素で仕事をとらえることで、その視座を得ることができる。
 ・目的
 ・インプット
 ・成果物
 ・関係者
 ・効率
職場の問題の見本市が示されているのだが、
読後感がどうもすっきりしない。

大きな達成感を得るには、
本書の最後にあるように、
実際に自分の職場で、ワークショップを開き
問題地図を作製し、共有する、解決するプロセスがないと、
思われる。

とはいえ、上司ー部下の報連相を改善するなど、
すぐに実践できるポイントも多々ある。
頑張って、残業せずにはやく帰れる場を作りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リーダー向けにもお薦め

2017/02/28 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はリーダー向けにもお薦めです。
メンバーと意思疏通を図る上でよくある問題を取り上げて、それぞれの立場でどう考え、何をすれば良くなるのかが分かり易く書かれています。
この本を参考に自分自身を振り返るきっかけに最適だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/21 22:53

投稿元:ブクログ

2016年10月の発売からすでに第5刷。
管理職に意識変革を要求する本が多い中、これは少しやり方を工夫するだけで意図する働き方を実現できる手法に終始し、説明もたいへん分かりやすい。

2017/04/13 09:33

投稿元:ブクログ

ビジュアルでやさしくやさしく。見える化、関連図。
『定義できないものは、管理できない。管理できないものは、測定できない。測定できないものは、改善できない。」デミング

2016/11/27 09:02

投稿元:ブクログ

【No.253】「仕事の量は変わらない、仕事のやり方が変わらない、社員の能力も変わらない。それを無視して、制度だけを導入したところで、うまくいくはずがない」「結果だけの数字に着目して、仕事のやり方や組織のスキルなどのプロセスに目を向けない。労働時間削減は、人事部門だけの空回り、自己満足で、現場はフラストレーションを溜める一方」「個人のスキル依存は、組織のリスク」「スピーディ。それは相手の時間に対する思いやりであり、手戻りをなくすポイントでもある」「そもそも、他人のやり方に興味がわかない。みんなが自分流の仕事に満足し、自分のやり方が正しいと信じて走っている」「定義できないものは、管理できない。管理できないものは、測定できない。測定できないものは、改善できない」「できる人が勝手にどんどん仕事をさばいてくれるので、全員が全員頑張って仕事をしなくてもいい、快適リゾート環境が生まれてしまう」

2017/03/16 08:57

投稿元:ブクログ

◯ポンチ絵は、手間をかけずに相手と成果物のイメージを合わせるための大変有効な手段です。(27p)


①所要時間を示し、相手の都合を確かめる。
②まず「報」か「連」か「相」かを伝える。
③結論を伝える。
④論点を数で示す(ナンバリング)
(58p)

★良い報連相の仕方が詳しい。

2017/04/11 09:08

投稿元:ブクログ

17.04.09読了。ワークライフバランスについて、制度は揃いつつあるが問題は個人のスキルにある。業務の基本的なノウハウと考え方で仕事を効率化しようって話。若手や新入社員には特にオススメかも。

2017/04/17 23:10

投稿元:ブクログ

残業したくないと思っても、次から次へと仕事が出てくる。人に任せようにも、任せられない。
この悪循環を断ち切るためには、一つ一つの仕事のやり方を変えていかなければならない。
まずは、仕事を5つの要素に分解して、「目的」を明確にするところから始めよう。

2016/10/31 06:37

投稿元:ブクログ

職場の問題、特に長時間労働の問題に対して、11の切り口から解決策を探り、提示している。
感じるのは、この11個はバラバラな問題ではなく、それぞれが関連しあっていること。だからこそ、どこから手をつけても、最終的にはほとんどの問題に向き合うことになる。(職場の特性により強弱はあるでしょうが)
出来ることから始めたいと思う。1億総活躍なるお題目が、1億総疲弊にならないために。

2016/11/20 15:06

投稿元:ブクログ

業務プロセスが明確でないとかかる時間が見積もれない。残業時間が多い仕事の原因もこの辺りにあるのかと。

2017/01/21 15:39

投稿元:ブクログ

20170121 これもタイトルに惹かれて買った。どの項目もなんとなく当てはまる。定義から始めて、管理し、測定して改善する。その回転を造られればよいが。先ずはできる事からかな。

2017/01/15 15:15

投稿元:ブクログ

絵もかわいいし、とてもわかりやすい。自分の働き方を変えたくて手に取った本。ポイントをメモしながら三時間で読破。著者の他の本も読んでみたい。

今の自分の働き方はとにかく苦しい。まさに、とりあえず突っ走る、気合いと根性で乗り切る、行き当たりばったりといったところ。
疲れてしまった。
問題を明らかにして、改善したい。
この本に出会えて感謝。

2016/12/25 20:53

投稿元:ブクログ

職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方2016/9/16 著:沢渡 あまね

著者は、あまねキャリア工房代表。業務改善・オフィスコミュニケーション改善士。現在複数の企業で「働き方見直しプロジェクト」「社内コミュニケーション活性化プロジェクト」のファイシリテーター・アドバイザー、および新入職員・中堅社員・管理職の育成も行っている。

残業規則のような「制度」と、研修のような「個人スキル」の強化だけでは職場の問題解決には不十分である。それは職場の根本的な問題に蓋をしたまま、そこで働く個人の気合と根性にひたすら頼っている脆弱な状態である。

それを打開するためには制度面とスキル面以外にも目を向けた、根本的な改善策を打たなければいけない。「制度」「プロセス」「個人スキル」「場」の4つの観点で職場の問題点を洗い出し、できるところから改善してことが必要である。

本書の構成は以下の11項目から成る。
①手戻りが多い
②上司・部下の意識がズレてる
③報連相ができていない
④無駄な会議が多い
⑤仕事の所要時間を見積もれない
⑥属人化
⑦過剰サービス
⑧何をどこまでやればいのかが曖昧
⑨仕事をしない人がいる
⑩だれが何をやっているのかわからない
⑪実態が上司や経営層に伝わっていない

職場の問題は職場により異なる。
しかし、多くのデータを集めることにより、法則性や根本的なつながりを感じることができる。
そして、その解決方法も属している人等によって異なるため一概には言えないものの手がかりは見つけることはできる。

一人ではできない。同じような問題意識を共有できる人を増やすことで共通認識を持ちながら解決するしかない。問題意識を共有できた時点でほぼ解決したようなものであるがそこまでが難しい。

多くの人が本書を手に取り、自分の職場の中で当てはめて各人で一緒に考えていきたい。

2017/03/14 00:31

投稿元:ブクログ

思い当たる節がありすぎてもう…
煽り方がすごく上手い文章でした。そこにイラっとする人と、「そうそう、そうなんだよ!」と読める人に分かれる本。私はもちろん後者で。

言われてみれば当たり前のことがライトに纏められているんですが、意外と教えてもらえない部分を突いていたり。(そこを「教えてもらえない」と言っちゃうのはイマドキの若者の甘えなのかな。それはまた別の議論で)

いざ本書に書かれていることを徹底しようと思うと、かなりエネルギーがいります。
マネジメント職の人だけではなく、平社員でも使えるヒント満載。
私は手戻りダメージを小さくすることと、属人的な仕事からの脱却がまずは課題です…

2017/03/20 16:39

投稿元:ブクログ

http://gihyo.jp/book/2016/978-4-7741-8368-8 ,
http://amane-career.com/

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む