サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2016/09/16
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:24×26cm/44p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-8340-8289-0
絵本

紙の本

とうだい (日本傑作絵本シリーズ)

著者 斉藤倫 (著),小池アミイゴ (イラスト)

岬に建った、一本の灯台。毎日、海を眺めていた灯台は、いろんな国を旅する渡り鳥を羨ましく思っていた。でも、ある嵐の夜、灯台は自分のいる場所、なすべきことに気がつき…。【「T...

もっと見る

とうだい (日本傑作絵本シリーズ)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

岬に建った、一本の灯台。毎日、海を眺めていた灯台は、いろんな国を旅する渡り鳥を羨ましく思っていた。でも、ある嵐の夜、灯台は自分のいる場所、なすべきことに気がつき…。【「TRC MARC」の商品解説】

岬に一本、灯台がたちました。生まれたての灯台の前に、漁船や客船や、魚や鯨が毎日行き交います。みんな知らないどこかから来て、どこかへ行くんだ……。そんな灯台のところへやってきたのは渡り鳥。彼らから遠い国の驚くような話をたくさん聞いた灯台は、自分はどこにも行けないことを痛感します。そしてふたたび訪れたある冬の日のこと、灯台は大嵐に襲われます。吹きすさぶ雨風のなか、灯台にできることとはいったい……?【商品解説】

著者紹介

斉藤倫

略歴
斉藤倫 1969年、秋田県生まれ。詩人。2004年『手をふる 手をふる』(あざみ書房)でデビュー。14年『どろぼうのどろぼん』(福音館書店)で長篇デビュー。同作で、第48回児童文学者協会新人賞、第64回小学館児童出版文化賞を受賞。詩集に『オルペウス、オルペウス 新しい詩人6』『さよなら、柩』(以上思潮社)、『本当は記号になってしまいたい』(私家版)、絵本に『いぬはなく』(絵 名久井直子/ヒヨコ舎)がある。また、『えーえんとくちから 笹井宏之作品集』(PARCO出版)に編集委員として関わる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年11月号より

書標(ほんのしるべ)さん

岬にそっと立つ灯台。行き交う船を眺め、渡り鳥たちの話をうらやましく思うある晩、ひどい嵐が訪れました。くるくるぴかぴかと光を懸命に船へ届ける灯台。いつも変わらず、そこに在り続けること。じぶんの居場所を再確認した灯台は、今日もまた岬から海を見つめます。
静かに心に響く詩人斉藤倫の文と、柔らかな色合いと筆のタッチが印象的な小池アミイゴの絵が、ゆったりとした美しい世界を作り上げています。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ゆったりとした世界

2016/12/15 20:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

斉藤氏の詩と小池氏の絵が非常にマッチし、ゆったりとした世界を表している。灯台が自分の居場所を再確認し、いつもと同じようにゆったりと海を見つめるのがよい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とうだい

2016/11/14 21:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めからきれいな色のおだやかな景色が続く。みているだけで清々しい。後半の嵐の暗い色から嵐が去ると共に、自分の存在意義についての葛藤が晴れた灯台がみるあさの景色は読み手も心から晴れやかな気分にさせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静かな絵本

2019/05/31 21:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

とうだい が主人公の絵本。
どこにも行けないとうだい がちょっとかわいそうになる瞬間がありましたが、自分の仕事を一生懸命まじめに行うとうだいが、かっこよく思えました。
静かで、夜の読み聞かせにぴったりでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/02/16 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/21 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/11 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/22 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/17 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/03 08:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。