サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/01
  • 出版社: 毎日新聞出版
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-32410-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録

著者 小笠原 みどり (著)

米国の世界同時監視システムの真実を告発したスノーデンへインタビュー。スノーデンの日本での工作活動の全貌、通信傍受の実態、監視と戦争の危険な関係などを明らかにする。『サンデ...

もっと見る

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録

1,512(税込)

スノーデン、監視社会の恐怖を語る

1,512 (税込)

スノーデン、監視社会の恐怖を語る

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

米国の世界同時監視システムの真実を告発したスノーデンへインタビュー。スノーデンの日本での工作活動の全貌、通信傍受の実態、監視と戦争の危険な関係などを明らかにする。『サンデー毎日』『世界』連載をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小笠原 みどり

略歴
〈小笠原みどり〉1970年横浜市生まれ。ジャーナリスト。朝日新聞社会部記者を経て、退社後カナダ・クイーンズ大学で日本の国民識別制度について修士号(社会学)取得。同博士課程在籍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/14 18:28

投稿元:ブクログ

図書館に行ったら、目に止まったので、読んでみた。監視社会の中で、「プライバシーは何かを隠すためにあるのでなく、プライバシーは個を守るためにある。個人には自分の信じるところを決定するまでに、他人の偏見や決めつけを逃れて、考える自由が必要がある。プライバシーは個人の権利の源なのです。」ということをしっかりと認識していきたい。

2017/03/14 10:54

投稿元:ブクログ

3分の1は著者がインタビューに至る経緯。残りはスノーデンのインタビューと、関連する話題。
元記者のせいなのか新聞を読んでいる感覚にもなる、新聞のように前提条件は暗黙のうちに了承されていて、思いも共有されているはず、という感覚で書かれているので、そのあたり共感できるのならスッキリ(内容はスッキリではないが)するし、そのあたりに違和感が少しでもあると、何も内容が入ってこない。
新聞が政府の御用聞きになったこととは別にちゃんと取材してほしいし、スノーデンの発言の内容をすべて受けいるのではなく裏付けをもうちよっと取材してほしかったかな。読みにくくても本書を一度は読んでおいたほうが良いとは思う。

2017/04/03 18:31

投稿元:ブクログ

 映画『スノーデン』(オリバー・ストーン監督 2016年アメリカ)を観て、その補完にと読んだ。
 ほとんど映画の原作とも言える『暴露』(G.グリーンウォルド)が図書館ですぐ借りれたのに反し、こちらは予約が多く2か月ほどかかった。2016年末に出た比較的新しい本だったのね。

 日本人による”独占”インタビューだ。興味は、日本でのスノーデンの行動、それとあの事件から3年の時を経ているので、その後のスノーデンの様子。そのあたりが読めるかと思ったが、読めないわけではないがメインではなかった。
 最後に著者が語るように、
「本書は、私が新聞記者時代に住基ネットを取材し始め、フリーランスになって大学院で監視について勉強しながら書き続けてきた17年あまりを凝縮する内容」
 というのが最も的確な要約だ。筆者が長年追いかけてきた日本における個人情報の問題、監視社会の危険性を、スノーデンとのインタビューを核に(ダシに、とは言い過ぎ?)記したものだ。
 やや肩透かしではあったが、内容としては、実は、非常に面白かった。

 本書を読んで分かるのは、民草の全てを把握したい、管理したいという欲求は権力者の性ということ。その気持ちにブレーキはかけられない。だが諦観してはいけない。
 ここで堀田善衛氏の記述が出てくるとは予想していなかったが、第二次世界大戦末期の近衛文麿の例を出して、”支配層のほとんど被害妄想的な猜疑心”、”「一億玉砕」を叫ぶまでに盲従的な人々すら信じられない”という権力の末路が紹介されている。 そして著者は、”これはNSA監視システムが体現する猜疑心のメンタリティによく似ていないだろうか”とスノーデン事件と関連付けて話を展開する。

 一方で、こうした欲求は権力によって満たされるだけで、特にそれを使ってどうこうという話 ― つまり、悪用しようという話 ―は、公的機関が握っている限り(悪意の第三者に盗まれない限り)危険はないのかもしれない。スノーデンも、そもそもそうして集めた情報は意味がないとも言う。

「無差別監視はテロを防げずにいます。なぜなら根拠のある疑いによって的を絞り、被疑者を捜査していくのではなく、私たち全員を潜在的な被疑者として扱っているからです。情報を大量に集めることで、捜査機関は満足してしまい、むしろ情報を処理しきれず、それ以上何の行動も取らない習性が生まれているのです」

 あるいは集めるだけ集めて、役にも立ってないような表現も見える。

「テロに関する情報収集は、実はNSA監視システムの最少部分でしかなく、人々の安全にはまったく貢献していません」

 ”NSAの大量監視が人々のいのちを具体的に守ったケースは一件も見当たらなかった”というのである。そのうち、NSAはじめ、世の権力も、そんな無駄なことにお金を使うのを止めたりはしないだろうか? もっと役立つことに、なんなら直接の軍事力、防衛力に資金を注げばいいのに。 ただ、おそらくそこには利権にまみれた世界もあるのだろうな。(失敗し続けるIDカード実験)と題した文章で、我々の税金が大手IT企業のふところへ消え��いくと著者も記している。
 とはいえ、それはまた、情報統制や監視社会の問題とは別の話かなと思う。

 こと情報収集に関しては、いずれその無駄に「公」も気づくと期待するなら、集めるだけ集めさせておけばどうなんだ? 住所、誕生日、電話番号、学歴、既往症、知られたところで弊害はあるの?と。監視カメラの設置も、監視の目があるということで抑止力にもなったりするのでは?
 ただ、著者はそうした構造は、住民や消費者の心理に変化を及ぼし、
「見られている側が見ている側の視点を内面化し、自分の行動を管理するようになる。たとえば「よい住民」と思われるように、「ワンランク上の消費者」を目指すように。権力から疑われないよう、怪しまれないように。」
 と、権力に阿るメンタリティが醸成される危険性を臭わせる。それは分かる。

 今後ますます「公」はあの手この手で個人情報を集め、監視強化を打ち出してくるだろう。本書でも、
「さしあたって今後数年は、東京オリンピックに向けたセキュリティ対策という名目で、政府は次々に監視の強化を打ち出してくるだろう。」
 と警鐘を鳴らす。そしてスノーデンが言うように、まずは怪しくないところから、一見ひと当たりの良さそうな切り口で市民を説得にあたると。ネット回線を通じたインタービューの中でスノーデンが語る;

 「政府や企業がなにかの境界線を押し広げようとするとき、誰も文句を言わないような分野から始めますね。監視もそうです。テロリストを追うためとか、児童ポルノを取り締まるためとか。戦場で使用された携帯電話による位置追跡技術がいま、米国では窃盗などの通常犯罪の追跡に使われようとしています。つまり、遠い外国や人のいない場所で使った道具は家に帰ってくる習性があるということを、私たちは覚えておく必要があります。戦場で使用された最先端技術は僕らが考えるよりずっと速く、自宅の軒先にやって来るのです」

 自宅の軒先にやって来て、なにが問題か? 実はここが難しい。だって、テロを防いでるし、児童ポルノが取り締まられているのだから。本書は「秘密の危険な誘惑」というスノーデンの言葉を引いてさらにこう諭す;

「スノーデンはこうした(情報の)私的な濫用を「秘密の危険な誘惑」と呼ぶ。「どんなに狭い範囲であってもいったん法律を破って情報を得ると、一歩進んでもっと知りたくなる。そうしてもう一歩、また一歩と山を登り・・・・気づいたときには帰り道がわからなくなるほど高い、濫用の山の頂上にいる」

 こうして集めに集めたビッグデータは、人々がより良い市民になろうと努力している間はいいとしようか。あるいは、役に立たないまでも多少の抑止力になっているうちは看過しよう。 また本書内でのスノーデンの指摘にあるように、
「テロを実際に止めることができないのに、大量監視プログラムはなぜ存続するのか。答えは、テロ対策以外のことに役立つから」
 ということで、何か別のことに”役立って”いるなら、まだいいじゃないかと思おうか。

 しかし、濫用の山の頂上を極めた状態で、人々がそのサミッターに刃向おうとしたときには遅いという点が大いなるリスクだと気づかないといけない。そのことを、まずはそうした状況が、かつて” 民主主義の例外状態である植民地で最も先鋭的に発達し”、その監視技術が”個人の抵抗を削ぎ、同時に人口を利用するため”に使われてきたことを本書は記す。 またあるは、「パノプティコン」≒「一望監視」(18世紀後半のイギリスの社会改革家ジェレミー・ベンサムが考案した刑務所のデザイン)を紹介し、権力による一方的な情報統制の危険性を訴える。
 過去、植民地や刑務所の中だけで行われてきたことが現代社会では科学技術の飛躍的発展によって、すべての人口が対象となり、”個人に対する法の守りは解体され”、”権力の実効支配すなわち暴力が世界に拡散していく”状態にあるという。
 あとは負の連鎖だ。対抗暴力もイタチごっこのように生み出され、抑圧されては再生産され、「世界をより危険な場所へと変容させている」という。その見立ては、間違っていないように思う。

 一見、甘いオブラートに包まれた情報統制が、実はテロ対策でも犯罪捜査でもなく、ルーティン化され、今はまだ隠匿されている。それが表に出た時、権力による濫用が起こった時には、もう遅いということは危機感を持って認識しておこう。故に、スノーデン事件には価値がある。

 今日(2017/4/3日経新聞朝刊)もまた明るい未来を予想させるようなこんな話が一般紙の紙面を飾る;

「自動車の走行や工場設備の稼働状況を示すビッグデータを企業が共有しやすくなる仕組みづくりが動き出す。経済産業省が指針をまとめ、一部の企業がデータを独り占めしたり、利益を囲い込んだりすることがないように契約するよう促す。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代を見据え、日本企業の強みである擦り合わせを発揮しやすい情報基盤を整える。」

 そして集めた情報でまずは利用できる分野として自動車の自動運転技術だそうだ。権力に頼まれたわけでもないのに、”企業が共有しやすいように”や”日本企業の強み”という耳に心地よい言葉が並ぶ。情報技術への盲目的な信頼を煽り、それによって個を剝き出しにし(権力の側にとってだけ)、そして知らず知らずのうちにこの世の中を危険な方向へと自動運転の如く導いていく。

 我々は権力に操られているのか、ITに操られているのか、それすらも分からなくなっていくのかもしれない。

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む