サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/01
  • 出版社: 毎日新聞出版
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-32410-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録

著者 小笠原 みどり (著)

米国の世界同時監視システムの真実を告発したスノーデンへインタビュー。スノーデンの日本での工作活動の全貌、通信傍受の実態、監視と戦争の危険な関係などを明らかにする。『サンデ...

もっと見る

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録

1,512(税込)

スノーデン、監視社会の恐怖を語る

1,512 (税込)

スノーデン、監視社会の恐怖を語る

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

米国の世界同時監視システムの真実を告発したスノーデンへインタビュー。スノーデンの日本での工作活動の全貌、通信傍受の実態、監視と戦争の危険な関係などを明らかにする。『サンデー毎日』『世界』連載をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小笠原 みどり

略歴
〈小笠原みどり〉1970年横浜市生まれ。ジャーナリスト。朝日新聞社会部記者を経て、退社後カナダ・クイーンズ大学で日本の国民識別制度について修士号(社会学)取得。同博士課程在籍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今、読むべき本NO.1

2017/04/29 08:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

安倍政権が今国会で成立を狙う「共謀罪」法案の審議が行われている。、「テロ等準備罪」法案という名称に変えられているが、過去3度廃案になった「共謀罪」そのもの。国民を監視し、政府に盾突くやつは逮捕するぞというもの。なんだか、戦前の「治安維持法」みたいだ。
首相は「一般の人は関係しない」と繰り返すが、国会質疑では、一般人も捜査対象になること、メールも、ラインもふくめ市民の日常も監視対称であることを政府側も認めるた。

本書は、盗聴法や住基ネットなどを取材してきた朝日新聞の記者だった著者のスノーデンのインタビューだ。
各種レビューでは、著者の専門である「監視社会」について、記者時代の話が多くスノーデンのインタビュー自体を読みたい人には不満の声も掲載されている。
しかし、今の日本の監視社会が「ここまで来ているのか」を知る上では重要部分と私は考える。

そして、いよいよスノーデン氏へのインタビューが始まると、その盗聴のメカニズムの詳細が余りにも衝撃的だ。
「秘密保護法」はアメリカがデザインしていた。スノーデンの告発により、アメリカ国民の個人情報収集は違法とされたが、国外の情報収集は違法ではない。日本の国民の個人のメールもすべて収集されている。ジャーナリストは安全保障にとって脅威と位置付けられている。しかし、テロのためと言いつつ、すべての国民を監視対象にしてもテロを見逃してきた事実などなどがスノーデンから語られる。

ね、テロ対策のためと言いながら変な法案作ろうとしている今、読んでおくべき本でしょう。

蛇足だが、本書ななかでこんなくだりがある。
2003年に開始されたアメリカのイラク攻撃に際して、日本は「有事法制」を国会に提出した。著者は朝日新聞記者時代に有事法制が、国民の日常に与える影響を各分野の有識者への連載原稿にまとめたがデスクによって法案が可決するまで掲載されなかった。「法律になる前に世に問わなければ意味がない」と詰め寄る著者にデスクは、こう怒鳴った「衆院の圧倒的多数が賛成するような法案に反対できるわけないだろ!」
すでにマスコミは権力者の奴隷である。新聞報道なんかで世の中を見ることはできなくなったんだということを、あらためて確認した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/14 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/14 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/09 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/03 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/03 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む