サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. IoTの衝撃 競合が変わる、ビジネスモデルが変わる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

IoTの衝撃 競合が変わる、ビジネスモデルが変わる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/30
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-10088-2
  • 国内送料無料

紙の本

IoTの衝撃 競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー)

著者 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 (編訳)

IoT新産業革命の実相や競争戦略の変化を詳述した、世界の碩学による論文集。『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』の人気特集にM・E・ポーターの続編論文を加えて書...

もっと見る

IoTの衝撃 競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

IoT新産業革命の実相や競争戦略の変化を詳述した、世界の碩学による論文集。『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』の人気特集にM・E・ポーターの続編論文を加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

近年最も売れた『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』の特集に、経営学界の第1人者マイケル・ポーターハーバード・ビジネス・スクール教授の続編論文をプラスして書籍化。IoTの進展で企業経営や競争戦略はどう変わるか、村井純慶應義塾大学教授ほかの碩学が第3次IT革命を徹底分析する。
【本の内容】

収録作品一覧

IoTという新たな産業革命 村井純 著 9−28
IoT時代の競争戦略 マイケル・E.ポーター 著 29−98
IoT時代の製造業 マイケル・E.ポーター 著 99−156

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2016/12/18 16:42

投稿元:ブクログ

HBRは常に抽象的。各社で具体に落とし込む作業が必要。HBRとはそういうもの、と納得して読んでください。
具体例として示されるものは断片的であり、戦略の一端をうかがい知れるにすぎない。HBRは学術者のマスターベーションです。

2016/10/12 07:11

投稿元:ブクログ

IoTは既存の産業のビジネスモデルを大きく変える可能性があると改めて感じさせて貰える一冊。ポーターの論文は、考え方の整理になる。

2016/12/28 17:54

投稿元:ブクログ

IoTの定義や論点について解説された本。
データの所有権やIoTが現在のビジネスモデルにどのように影響するかについて詳細が書かれている。

2017/05/06 17:29

投稿元:ブクログ

IoTの衝撃 ハーバートビジネスレビュー


IoTの衝撃の最たるものとして、企業が売るものがモノからコト(サービス)に代わっていくということである。もともと製造業は商品を製造することが中心だったが、商品同士が繋がり、接続可能になっていくにつれて売るモノ自体の意味は薄まり、継続的なアップグレードや業界を横断した複合的なシステムの構築に中心が変化していく。このような変化の中で、企業内部の形も変化していくと考えられる。主に、続々と生まれる新規データの管理や、商品のアプグレードを中心とした半永久的に続く顧客との関係性のマネジメントである。ポーターは早急にデータの統合的管理を行う部門と顧客成功部門と名付ける顧客に対する効用をリアルタイムで図り、最適化を促すことを専門とした部署が必要になると訴える。断片的なデータを結び付けることや、顧客との半永久的な関係性をマネジメントすることが人の行うことであり、製造業においてすら第三次産業的な側面が強化されていくとポーターは見ている。個人的な感想として、最適化が技術的に可能になった市場では、先に顧客を得た企業がデータを継続的に獲得し、他社よりも最適なアップグレードや提案が可能になるという点で、顧客側に他を試す動機が働きにくくなり、参入障壁が高くなると予想できる。そうなった場合、まさしく先手必勝の市場であり、既に顧客とのデータを持つ企業がより強くなる。最適化を重ねることで、資源の分配におけるムダは軽減できるとは思うが、市場としては独占・寡占化が進むのではないかと思う。第一次世界大戦前の巨大財閥企業が跋扈する状況が、舞台を世界にして展開されるのではないか。ナショナリズムこそないため、国家的な戦争が起こるとは思えないが、そうであるからこそ国家という存在の賞味期限が切れるとも考えらえる。国家というものの寿命が長くないように思えるが、最低限の社会的包摂機能を少なくとも営利目的を持たないどこかに担保した状態で国家が消滅してはならない。中世・近世的な、国家ではなく宗教を基盤にしたISISのような共同体が、企業を母体として出来る可能性も払しょくできない上に、むしろ国家によらず既に宗教的な母体を持つ共同体の方が、時代の流れに遅れることなく新たな共同体へとアップグレードされる可能性すらある。
最後のペントランドのインタヴューも面白かった。データ銀行という構想はとてもユニークで面白い。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む