サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

絞首人
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/01
  • 出版社: 文遊社
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89257-119-0
  • 国内送料無料

紙の本

絞首人

著者 シャーリイ・ジャクスン (著),佐々田 雅子 (訳)

わたしはここよ−。謎めいた少女に導かれて乗る最終バス、彷徨い歩く暗い道。40代で早世した著者が、実際にあった女子学生の失踪事件に触発されて執筆した傑作長篇。【「TRC M...

もっと見る

絞首人

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

わたしはここよ−。謎めいた少女に導かれて乗る最終バス、彷徨い歩く暗い道。40代で早世した著者が、実際にあった女子学生の失踪事件に触発されて執筆した傑作長篇。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

シャーリイ・ジャクスン

略歴
〈シャーリイ・ジャクスン〉1916〜65年。アメリカ生まれ。シラキュース大学卒業。著書に「くじ」「丘の屋敷」「ずっとお城で暮らしてる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

じわりじわりと物語に魅せられるほど、見えてくる闇

2016/10/24 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ましろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

じわりじわりとこの身と心を追い込むのは、他者ではなく自分自身なのか。そうして追い込まれた心をやがて解きほぐすのも、結局のところ、他の誰でもない自分自身なのか。そこに辿り着くまでのすべての出来事も巡らせた思いも、あまりに儚く感じられるほど、少女の家族内や大学での立ち位置、それに伴う友人関係も虚しく、逃れようもなく孤立を生むその心を支えるすべは、現実よりも非現実、幻聴とすら思える世界と近しく、若い自意識と孤独を浮き彫りにした。けれどその物語に魅せられ、惹きつけられる分だけ、通ずる思いを誰もが抱え得る闇を思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作者を反映している主人公?

2016/09/22 19:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

そこそこ普通の舞台立てで、若者の通過儀礼が描かれる。
2/3程までは平和な雰囲気なのがまた怖い。
トニーが出てきて、雰囲気が不穏になった部分で逆に安心できるほど。 
彼女の未訳長編の翻訳刊行が続いて嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/31 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/29 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る