サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

明るい夜に出かけて

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 107件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/21
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-419004-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

明るい夜に出かけて

著者 佐藤多佳子 (著)

【山本周五郎賞(第30回)】今は学生でいたくなかった。コンビニでバイトし、青くない海の街でひとり暮らしを始めた。唯一のアイデンティティは深夜ラジオのリスナーってこと…。若...

もっと見る

明るい夜に出かけて

1,512(税込)

明るい夜に出かけて

1,210 (税込)

明るい夜に出かけて

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【山本周五郎賞(第30回)】今は学生でいたくなかった。コンビニでバイトし、青くない海の街でひとり暮らしを始めた。唯一のアイデンティティは深夜ラジオのリスナーってこと…。若さと生きることのすべてが詰まった長篇小説。【「TRC MARC」の商品解説】

唯一のアイデンティティは深夜ラジオ、一年限定のエセ逃避生活。『一瞬の風になれ』から10年、青春小説に名作がまた誕生した。【本の内容】

著者紹介

佐藤多佳子

略歴
〈佐藤多佳子〉東京生まれ。「サマータイム」で月刊MOE童話大賞を受賞しデビュー。「一瞬の風になれ」で本屋大賞と吉川英治文学新人賞、「聖夜」で小学館児童出版文化賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー107件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

まさに現代の出来事

2017/03/20 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にんじん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても親しみが持てる作品です。

私はそれほど頻繁にラジオを聴かないのですが
すぐ身近で現代の出来事だからなのか、
それとも似たような若者達がいるからなのか、
まるで本当に彼らが存在しているかのようでした。

そして本書で人を信頼出来なくなることも、そこから救うことも人の力であることを再確認させられました。

そんな生きることの辛さを感じながらも再び前に進んでいった彼らに、私はとても励まされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなたにも明るい夜がある。

2016/12/23 10:35

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

ことば、こころ、明かり
夜を彷徨う若者達。
明るい何かを求めて彷徨っている。
あなたの内に明るい夜はなかったか?

深夜ラジオ番組というマニアックな話題にはついていけなく読みずらかったが、
我慢して読んでいるととっても良い読後感の一冊。
ことば、人の思いがとっても生き生きしていて読んでいて瑞々しい。

こうあらねばならないと考える人は多い。
そんな風に生きていけない人は駄目な人?
主人公の富山はそんな場所から逃げるようにコンビニのアルバイトをしながら1年間を過ごす。
ただただ明るいコンビニに集まる虫のように。
そんな富山にも明るい夜を求める3人の友人達との交流が始まる。
人には理解されない思い、苦しみにそっと気づいてあげられる人たち。
そんな人たちが主人公の中にある明るい夜に気づかせてくれ再び歩み始める。
最後まで読み続けて良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

作者の愛情を感じる

2018/02/16 22:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポッター - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公はある事がきっかけで、現在は大学を休学して、コンビニのバイトをしながら
深夜ラジオのリスナー。
そのコアな存在に対し、作者は愛情ある描写によって人物達に親近感を覚えた。作者の人の描き方大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ANNが聞きたくなる

2016/12/04 19:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AKR1703 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公が大学生にしてはやや幼い感じ。抱えている問題やトラブル、深夜放送への入れ込み方も高校時代にありがちなのではないかと思う。(まあ、高校生では深夜バイトはできないけど。)主人公たち4人の結びつきがとても繊細に描かれていて、作品の空気感もよかった。特に鹿沢先輩には、ぜひ“歌い手”としてブレイクしてもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/16 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/21 07:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/21 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/10 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/05 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/29 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/12 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/22 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/12 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る