サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 最後の医者は桜を見上げて君を想う

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最後の医者は桜を見上げて君を想う(TO文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/01
  • 出版社: TOブックス
  • レーベル: TO文庫
  • サイズ:15cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86472-537-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)

著者 二宮敦人 (著)

あなたの余命は半年です−。死を肯定する医者・桐子は患者にそう告げた。だが、副医院長・福原は生を諦めない。対立する2人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を...

もっと見る

最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)

702(税込)

最後の医者は桜を見上げて君を想う

605 (税込)

最後の医者は桜を見上げて君を想う

ポイント :5pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたの余命は半年です−。死を肯定する医者・桐子は患者にそう告げた。だが、副医院長・福原は生を諦めない。対立する2人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?【「TRC MARC」の商品解説】

余命を告げられたら、どうしますか?対立する二人の医者と患者の最後の日々に涙が止まらない!【本の内容】

余命を告げられたら、どうしますか?対立する二人の医者と患者の最後の日々に涙が止まらない!【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

涙が止まりません

2017/01/15 22:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初から最後までずっと涙が止まりませんでした…人の死に対する考え方について考えさせられる本でした。とにかく泣けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分らしい最期をどう迎えるか

2017/05/14 13:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミノキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2人の医者が登場する。一人は病気と最後まで戦おうとする。もう一人は最期は思い残すことがないようにと病気と戦わない医者。
人は必ず死ね。その最期をどう迎えたいのか考えさせられる作品だ。
健康な時こそ最期の迎え方を考えて家族に伝えておなかないとなあ。
自分は病気と闘わず穏やかな最期を迎えたいと願っている。

健康とは生きるとはの答えが欲しい人は必読の書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

死生観

2017/02/25 21:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笑うパンツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

死生観が大事だと言うことですね。
まさに、死に様は、生き様ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

生きる

2017/03/12 17:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:haruki - この投稿者のレビュー一覧を見る

どのように生きるか。または死を迎えるか。考えさせられる問題。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読んで良かった

2017/05/04 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハナアキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を読んで泣くなんて本当に久しぶりでした。語彙の乏しい私が感想を書いても、伝わらないと思いますので、とにかく読んでみて下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/12 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/14 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/05 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/27 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/15 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/05 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/20 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/12 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/01 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/13 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る