サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

〆切本
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/01
  • 出版社: 左右社
  • サイズ:19cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86528-153-8
  • 国内送料無料

紙の本

〆切本

著者 左右社編集部 (編)

なぜか勇気がわいてくる! 夏目漱石、谷崎潤一郎、谷川俊太郎、吉本ばなな、西加奈子ら、明治から現在にいたる90人の書き手たちによる、泣けて笑えて役に立つ〆切にまつわるエッセ...

もっと見る

〆切本

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜか勇気がわいてくる! 夏目漱石、谷崎潤一郎、谷川俊太郎、吉本ばなな、西加奈子ら、明治から現在にいたる90人の書き手たちによる、泣けて笑えて役に立つ〆切にまつわるエッセイ・手紙・日記・対談などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

締/切 白川静 著 8−9
田山花袋 著 12−15
文士の生活/執筆/読書と創作ほか 夏目漱石 著 16−21

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

しめきり。そのことばを人が最初に意識するのは、おそらく小学生の夏休みです――。

丸善京都本店さん

冒頭の言葉に「ううっ…」と唸って読み始めると、手が止まらない。しめきりにまつわる文豪たちの悲喜こもごもが詰まったアンソロジー。紹介には"しめきり症例集"あるいは"しめきり参考書"とあるが、"しめきり恋文集"と呼んでみたい一冊でもある。

泣いても笑ってもつきまとうしめきりに、迷い、悩み、頭を抱え振り回される者。かと思えば、そつなく付き合い理想的な美しい関係を築く者。はたまた繰り返される第三者(大抵の場合、編集者である)の介入に戦々恐々とする者――。

しめきり前に必ず書き上げ、書き上げたものが身近にあると落ち着かず、「早くてすみませんが…」と添え書きまでして原稿を送る吉村昭氏が、編集者に「神様仏様」と感謝されるが、〆切過ぎてやっと手にした原稿こその醍醐味を聞いてしまう…なんて、追いかけても追いついても、しめきりとは全く思い通りにいかない。

こちらの性分ひとつで善人顔にも悪人顔にも変化するしめきりに宛てた、偉大な先人たちの言葉は、しめきりを今より少し、愛しく感じさせるかもしれない。

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

胸中お察し致します。が、

2017/02/23 19:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなに苦しく無惨な本があるだろうか。アイデアが浮かばなくて七転八倒。逃げる者籠る者開き直る者、小心者ゆえ〆切前に脱稿し恐縮する者、実に様々。ほとんどの作家がこの地獄の苦しみを経て、我々を楽しませてくれているのかと思うと何とも有難いではないか。新作まだか、早く書けなどと気軽に宣ってすみません。でも読みたいから早く書いてください。ふふふ。添えられている原稿性発熱しおりがまた実におつ。私のは泉鏡花先生。曰く「私は筆を取つたとなると、一気に何枚でも」とのこと。でも書けないんですよね。お察ししますが、早く原稿を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シバレン先生、ぶっ飛ばす。

2017/01/30 21:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:田舎初段 - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKのラジオで高橋源一郎先生が紹介していたのでさっそく購入。百人近い作家の弁明、陳謝、開き直りが小川から大河のようにまとまることで魅力的な一冊に仕上がった。異色なのは長谷川町子先生ほか、漫画もまざっているところ。何よりも面白かったのはタイトルにも掲げた柴田錬三郎先生。じっくりと考えさせられたのは川本三郎先生。どれをとっても面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

〆切破りの方々の言い訳はもちろん、

2017/04/24 19:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

途中に入る、〆切厳守の方々(村上春樹氏・北杜夫氏・吉村昭氏等)の半ば愚痴がとても面白い。編集者は早く上げる作家を結局軽んじるんだよねぇ、という感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/18 07:24

投稿元:ブクログ

+++
しめきり。そのことばを人が最初に意識するのは、おそらく小学生の夏休みです――。

本書は、明治から現在にいたる書き手たちの〆切にまつわる
エッセイ・手紙・日記・対談などをよりぬき集めた“しめきり症例集"とでも呼べる本です。
いま何かに追われている人もそうでない人も、読んでいくうちにきっと
「〆切、背中を押してくれてありがとう! 」と感じるはずです。
だから、本書は仕事や人生で〆切とこれから上手に付き合っていくための
“しめきり参考書"でもあります。
+++

〆切にまつわるあれこれが集められている。エッセイにしろ手紙にしろ日記にしろ、突き詰めれば〆切に遅れる言い訳であり、理由はさまざまなのである。さらに、そのテイストも、ひたすら謝る、開き直る、理屈をこねる、自分を責めるなどなど、千差万別なのだが、書き手の必死さがどれからもにじみ出てくるようで、傍から見ていると苦笑を禁じ得ないが、人間的なおかしみをも感じられる。〆切が守れない言い訳までもが衆目に晒される作家稼業とは計り知れないほど大変なものであるなあと思わされる一冊でもある。

2016/11/08 21:34

投稿元:ブクログ

表紙、装丁が良い。内容は表紙でお察しの、作家諸氏の書けない言い訳がずらずら。中には編集者側のものも。

小川洋子「イーヨーのつぼの中」が好き。

2017/04/24 11:00

投稿元:ブクログ

有名な文豪などの「書けない」ときの言い訳が延々とまとめられている本。あまりの見苦しさに、ちょっと読んだだけでもお腹いっぱいになる。教科書に載るような著名な作家の人間らしい一面が垣間見れる。それにしても編集者など、原稿をもらう立場の人達の苦労は計り知れない。

2016/12/22 09:30

投稿元:ブクログ

〆切とは、何でしょうか?
人生において、一番始めに〆切という言葉を意識するのはおそらく「小学生の夏休み」ではないか、とこの本にあります。
なるほど、宿題を早めに終わらせ遊んだ方、ギリギリになって慌てて取りかかった方、十人十色いらっしゃいます。
さて、世の中には多種多様な〆切がありますが、そのなかで想像しやすいのは、作家の原稿の〆切ではないでしょうか?
あなたは、〆切と作家と聞いて、どんな様子を浮かべますか?
「書けない、どうしても書けない。」とペンを握りしめ白紙の原稿用紙に向かっている様子でしょうか?
〆切前に編集者の方によって缶詰にされている様子でしょうか?
「あと2日、いや1日。」と〆切をのばして欲しいと言っている様子でしょうか?
夏休みの宿題の取り組み方が人それぞれ違ったように、作家の数だけ色々とあるようで…。
明治時代の文豪から現代の人気作家まで、 総勢90名による〆切にまつわるエッセイ、日記、手紙、対談等を集めたこの本。
なかには、きっと自分とよく似た方もいるかもしれません。
好きな作家のものを読んでみると、こんな風に書いてるんだなと、今度その方の本を手に取るとき、また違った視点でみることができるかもしれませんね。
読んだあと、作家の方々がどこか身近に感じられる一冊です。

ペンネーム ネコヤナギ

2017/04/18 17:49

投稿元:ブクログ

〆切に関して書かれた、著名な作家たちの言い訳やらスタンスやら、てんこもりの本。
ーを、図書館の返却期限に追われて読む私。

 この名立たる方々に親近感を覚えずにはいられないほど、私もギリギリマスターなので、所々可笑しくて仕方がなかった。
凡人も天才も、〆切の前に同じ!
中には〆切に一度も間に合わなかったこともないし、余裕を持って仕上げるという猛者もいらっしゃって、それはそれで説得力、破壊力、大。
私もこんな風になりたい、と思わせられる。

 〆切が悪かと言えば、なければないでいつまで経っても出来ないし、集中力や生産性を高めるために必要であり、逆に時間がたくさんあればいい作品が生み出せるわけでもない。
〆切なんて破ってこそという人もいれば、仕事の依頼が来なくなるのではないか、白紙で出版される恐怖、身体の具合が悪くなるほど書けなくなる等、〆切にまつわるエピソードは人それぞれで、中でもやはり、コントみたいな言い訳が面白かったりする。
ネタバレしたくないので、誰がどうとか一切書かないので、是非読んでみてください。
興味のある作家のところだけ、拾い読みするような読み方でも良いと思う。

 文筆家のエピソードが多かったけれど、数名漫画家(超有名)のものもあった。漫画家編も是非作ってください。

2016/09/08 07:33

投稿元:ブクログ

表紙から、発想にやられた!と思った。
そして、読みたい欲に駆られる。

作家のラインナップもさることながら、
冒頭、白川静からか!ああ、もう負けました。

「締め切り」というたった一日の約束事が、こんなにも多くのドラマを生み出すことの面白さ。
ある者は高揚感に満ち溢れ、ある者はどこともなく徘徊を始め、ある者は哲学に入り始める。
けれどまた、ああ、この作家は確かにこんな風に考えてそうだなぁという性格も垣間見えるから面白い。

村上春樹が締め切りは(編集者の家族のためにも)守るという話にはなんだか大きく頷ける。
反対に、川端康成が締め切り間際に半ばやけくそで書いた「禽獣」を、自身の代表作のように言われるのに不快を示すのは意外だった。

作家を目指す者でなくとも、各々の持つ仕事には大体「締め切り」があると思う。
冒頭では小学生の夏休みを例に挙げているけれど、まさに小学生からその魔の一日に抗いきれない生活をしている。

「締め切り」が刻一刻と近づいてきた時の焦燥感と、それを過ぎたからってまぁ一日二日くらいはという我儘と、そんなものに私は縛られたくない!という開き直り。
こうしたことの共感が切実に感じられ、癒される。
そして、今日も締め切りを守ろうと心の中で呟ける一冊だった。

2017/06/10 10:58

投稿元:ブクログ

 夏目漱石や横光利一、坂口安吾、谷崎潤一郎、志賀直哉などの戦前・戦後作家から内田康夫、吉本ばなな、村上春樹という現代で活躍する作家まで、〆切破りそうだごめんねなどの〆切にまつわる随想を収録していて、好きな作家のパートは面白く読んだ。
 現代作家で、まったく名前も聞いたことのない作家で、内容が単純に〆切前の生活記録みたいになっているやつは退屈に感じた。しかし、名前も知らない作家でもばりばり前向きに〆切に格闘していたり、あるいは現実逃避を決め込んでいたりでそれぞれに面白いものもあるので、人による。
 最後はやっぱり、作家の〆切に間に合わないどうしようという赤裸々な叫びが心に刺さった。

2017/05/10 13:11

投稿元:ブクログ

どんな言い訳かを流し読み。これだけ集めた編集者の執念を感じるが、さすがにこれだけあるとじっくり読む気が起きない…。森博嗣さんはやはり異色。

2017/04/28 00:02

投稿元:ブクログ

やっと借りられました。書くことを生業としている人に対して、憧れや尊敬を感じるのですが、つらいからこその輝きなのでしょうか?

2016/12/17 11:41

投稿元:ブクログ

〆切に追われているときの気持ちというのは、大作家も庶民もあまり変わらないのかな。生みだされるものには雲泥の差があるのに。

2016/12/27 14:57

投稿元:ブクログ

様々な作家の〆切に関する文章等を集めた本。
ものによっては部分だけを抜粋して、あまり意味のわからない文章になっているものもあり、少しすっきりしませんがまぁ企画勝ちの本ですね。

2017/03/04 22:11

投稿元:ブクログ

もー表紙から大笑いですよ!
〆切にまつわる、様々な書き手達のエッセイや手紙を集めた一冊。
〆切を守れない自分は何と酷い奴かと落ち込む者もあれば、〆切を迫って苦しめるような編集者は作家を殺すようなものだからそんな悪い奴の言うことなんか知るか!と開き直る者もあり。
いずれ劣らぬ近代現代の文豪達だが、こんな一面があるのかと、親近感が湧く。
逆に〆切絶対守る勢(少数らしいが存在する!)にもそれはそれで色々な葛藤があるらしく、〆切を破れないのがコンプレックスだったり、〆切破りなんかありえない!と憤ったり(某人気ミステリー作家です。いい怒りでした(笑))。
笑って読んでいたが、社会心理学の一編にはドキリとした。
覚えがあり過ぎる…!
また、小川洋子さんには、まさかのこの本で泣かされました…。