サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 宗教の通販
  5. 現代企画室の通販
  6. インディアス群書 14 子どもと共に生きるの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/27
  • 出版社: 現代企画室
  • サイズ:22cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7738-1610-5
  • 国内送料無料

紙の本

インディアス群書 14 子どもと共に生きる

著者 アレハンドロ・クシアノビッチ (著),五十川 大輔 (編訳)

ペルーの神父が出会った、強固な意志をもつ一群の働く子どもたち。後見人として随伴した神父が、彼らが展開した自立的な運動や新たな子ども観などを綴る。ペルーの働く子どもたちと日...

もっと見る

インディアス群書 14 子どもと共に生きる

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ペルーの神父が出会った、強固な意志をもつ一群の働く子どもたち。後見人として随伴した神父が、彼らが展開した自立的な運動や新たな子ども観などを綴る。ペルーの働く子どもたちと日本人・永山則夫との関わりも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

1960年代初頭、バチカンは伝統的なカトリック協会刷新の動きに着手した。それを享けてラテンアメリカの協会内部から、構造的な暴力が作り出した貧困と抑圧、およびその渦中に生きる底辺の民衆に目を向けるキリスト者が輩出した。ペルーのアレハンドロ・クシアノビッチ神父は、そのひとりだった。経済的な苦境と権力の弾圧の下にあっても、人間の尊厳を賭け、働く者としての権利を要求するさまざまな運動に関わるうちに、彼は、強固な意志をもつ一群の働く子どもたちと出会う。その子どもたちは大人の付属物であることを拒否し、自らが人生と労働の主役であると考えて、自律的な運動を先駆的に展開していく。彼は後見人としてそれに随伴する。それは、やがて、不思議な糸に導かれて、日本の死刑囚との関係をもつに至った……。【商品解説】

著者紹介

アレハンドロ・クシアノビッチ

略歴
父方はクロアチアからの移民の末裔としてペルーに生まれる。神学校を卒業し、同時に教職資格も得る。欧州各地で神学をさらに学び、帰国後教区司祭として叙階。グスタボ・グティエレスなどと共に、伝統的なカトリック教会の枠を飛び出て、貧者に寄り添う「解放の神学」を推進したために、保守的な教会権力と対立し、教会内では「冷遇」された。新自由主義的な経済秩序が浸透し、貧富の格差が拡大する中で、働く子どもたちの数もいっそう増加した。子どもたちは、自主・自律的な相互扶助団体を作り上げるという、世界的にも先駆的な活動を展開。これに胸を打たれたクシアノビッチは、子どもたちの「協働者」「後見人」の役を担って40年になる。子どもを大人社会の従属物とみなす大方の見方に対する厳しい批判を展開し、あくまでも子ども自身が「主役であること」が実現する社会を目指している。これをテーマにした執筆論文も多い。初めての翻訳。来日3回。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。