サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. 紀行・旅行記の通販
  5. 西日本出版社の通販
  6. あまみの甘みあまみの香り くじらとくっかるの島めぐり 奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と黒糖焼酎をつくる全25蔵の話の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/03
  • 出版社: 西日本出版社
  • サイズ:19cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-908443-02-2

紙の本

あまみの甘みあまみの香り くじらとくっかるの島めぐり 奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と黒糖焼酎をつくる全25蔵の話

著者 鯨本 あつこ (著),鯨本 あつこ (絵),石原 みどり (著)

離島経済新聞社の名物編集長と島酒担当記者が綴る、奄美群島5島と奄美の島酒をめぐるイラスト満載のほろ酔い旅エッセイ。奄美黒糖焼酎の作り方、歴史はもちろん、マメ知識、全蔵の情...

もっと見る

あまみの甘みあまみの香り くじらとくっかるの島めぐり 奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と黒糖焼酎をつくる全25蔵の話

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

離島経済新聞社の名物編集長と島酒担当記者が綴る、奄美群島5島と奄美の島酒をめぐるイラスト満載のほろ酔い旅エッセイ。奄美黒糖焼酎の作り方、歴史はもちろん、マメ知識、全蔵の情報も収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

黒糖焼酎は、実は奄美大島でしか造られていないお酒なのです。奄美大島中にある全25蔵を、島女子ブームの仕掛人である「離島経済新聞」編集長鯨本あつこが紹介。九州とは違い、沖縄とも違う奄美群島の魅力満載、島好き・酒好きの方必読の蔵と島めぐりのイラストエッセイです。【商品解説】

目次

  • ・What is 黒糖焼酎
  • ・奄美群島に渡るには
  • ・はじめに
  • ・奄美群島という会員制ラウンジ
  • ・島々の個性
  • ・奄美群島だけの酒
  • ●奄美大島
  • とっても広い奄美大島(地図)/大きな島/FM77.7の島ラジオ/群島一の飲屋街/

著者紹介

鯨本 あつこ

略歴
〈鯨本あつこ〉大分県出身。『離島経済新聞』、『季刊ritokei』の統括編集長。
〈石原みどり〉北海道生まれ。離島経済新聞社で島酒やエネルギー関連の記事執筆や編集に携わる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年11月号より

書標(ほんのしるべ)さん

この本は、有人離島専門のメディアを作っている「くじら」と、奄美大島に暮らしていた「くっかる」が、奄美群島にある5つの島と、そこで作られている島酒・黒糖焼酎をめぐりながら綴った本である。私は奄美群島に行ったことはないが、すみずみにまで奄美のあたたかさ(人も気候も)、風通しのよさがあふれていて、読んでいる間、非常に味わい深い時間を過ごすことができた。本文に使われている書体も、続け字気味の角の丸いやわらかいものが使われており、インクも黒ではなく茶を使用しているため、やわらかさ、あたたかさがより伝わるのかもしれない。奄美大島好き、焼酎好きはもちろん、ほろ酔い気分になりたいすべての人にお薦めしたい一冊。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

素敵な奄美読本

2017/02/14 22:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キートン - この投稿者のレビュー一覧を見る

離島ライターが奄美の島々を巡って島のひとびと、生活、スポット、そして奄美特産の黒糖焼酎の蔵元、焼酎の魅力を紹介。
仕事柄、奄美の方達と触れ合う機会が多いので内容に納得。
旅行ガイドブックよりもよっぽど役に立つ。
読んでいるうちに奄美に行きたい気持ちにさせる奄美の魅力が満載の奄美読本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/09/14 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。