サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

可能なる革命(atプラス叢書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/21
  • 出版社: 太田出版
  • レーベル: atプラス叢書
  • サイズ:20cm/427p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7783-1534-4

紙の本

可能なる革命 (atプラス叢書 homo viator)

著者 大澤 真幸 (著)

私たちがほんとうは引き起こしたいこと、無意識のうちに求めている変化を「革命」という言葉で表現し、革命は可能なのか、可能だとしたらいかにしてかを考える。『atプラス』連載を...

もっと見る

可能なる革命 (atプラス叢書 homo viator)

2,484(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私たちがほんとうは引き起こしたいこと、無意識のうちに求めている変化を「革命」という言葉で表現し、革命は可能なのか、可能だとしたらいかにしてかを考える。『atプラス』連載をもとに単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

『テルマエ・ロマエ』『桐島、部活やめるってよ』『半沢直樹』『あまちゃん』、そして『バートルビー』が示唆する革命の条件
それでも革命は可能なのか?
可能だとしたら、いかにしてか?【本の内容】

著者紹介

大澤 真幸

略歴
〈大澤真幸〉1958年長野県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。思想誌『THINKING「O」』主宰。「自由という牢獄」で河合隼雄学芸賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年11月号より

書標(ほんのしるべ)さん

政治の保守化、経済成長の失速、格差の拡大、地方の破綻・消失、貧困や介護の深刻化、原発…。リーマンショック、ギリシャの破綻で、資本主義の限界・終焉も囁かれる。
生き残るために、劇的な変化は必須である。改革、維新が叫ばれる。だが、沈没寸前のわれわれの社会が、おそらく今最も必要としているあの言葉=〈革命〉が、使われることは無い。
今日、〈革命〉の主体は、存在するのか?若者たちは決して政治離れした訳ではない。反原発や反安保関連法案のデモに、多くの若者が積極的に参加している。だが、彼らは、選挙には行かない。
世論調査によれば、「今、幸福だ」という回答は、繁栄を享受した経験の無い若い人ほど多くなっている。一体何故か?
大澤は、戦後の時代区分を補助線として引く。「理想の時代→虚構の時代→不可能性の時代」。今日われわれは、「不可能性の時代」の真只中にいる。破滅へと向かう資本主義世界のその先が全く見えない、変わっていくべき先のビジョンを持てない「不可能性の時代」にあって、残された将来に今より幸せになると想定できない若者たちは「今が幸福だ」と言わざるを得ない、思わざるを得ないのだ。
それでも、大澤は諦めない。『桐島、部活やめるってよ』『テルマエ・ロマエ』、『半沢直樹』、『あまちゃん』など、今を生きる多数の共感を呼んだ作品の中に、〈革命〉の可能性を探っていく。
〈革命〉とは、不可能だったことを可能にするような変化を、社会運動によってもたらすこと。「不可能性の時代」にこそ〈革命〉は可能となる、その逆説に賭けるのである。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/03 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会学 ランキング

社会学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む