サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「いい質問」が人を動かす
「いい質問」が人を動かす 「いい質問」が人を動かす 「いい質問」が人を動かす

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/30
  • 出版社: 文響社
  • サイズ:19cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-905073-49-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

「いい質問」が人を動かす

著者 谷原誠 (著)

人を動かすには、命令してはいけません。質問をすることです−。「いい質問」に人は必ず反応する。気鋭の弁護士が実際に使っている、取引先、部下、夫婦、嫌いな人など、全ての人間関...

もっと見る

「いい質問」が人を動かす

1,598(税込)

「いい質問」が人を動かす

1,496 (税込)

「いい質問」が人を動かす

ポイント :13pt / 紙の本より102おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人を動かすには、命令してはいけません。質問をすることです−。「いい質問」に人は必ず反応する。気鋭の弁護士が実際に使っている、取引先、部下、夫婦、嫌いな人など、全ての人間関係に役立つ究極の質問術を伝授。〔「人を動かす質問力」(角川書店 2009年刊)の改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

「質問」には人を動かす「力」がある!

・質問するだけで、子供が急に勉強をするようになる
・心理学を応用した、人に好かれる質問の仕方
・強力すぎて、裁判では禁じられている誘導質問
・「小さなイエス」で相手を縛る、質問金縛りの術
・「仮にクエスチョン」で本音を引き出す
・質問で、自分の人生を思い通りに変えられる
……

気鋭の弁護士が教える究極の質問術!
「いい質問」は、一瞬で相手の心を掴み、人を動かします!【商品解説】

「質問」には人を動かす「力」がある!

・質問するだけで、子供が急に勉強をするようになる
・心理学を応用した、人に好かれる質問の仕方
・強力すぎて、裁判では禁じられている誘導質問
・「小さなイエス」で相手を縛る、質問金縛りの術
・「仮にクエスチョン」で本音を引き出す
・質問で、自分の人生を思い通りに変えられる
……

気鋭の弁護士が教える究極の質問術!
「いい質問」は、一瞬で相手の心を掴み、人を動かします!【本の内容】

著者紹介

谷原誠

略歴
〈谷原誠〉1968年愛知県生まれ。明治大学法学部卒業。弁護士。みらい総合法律事務所代表パートナー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍

質問力の大切さを再認識

2016/11/28 23:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キートン - この投稿者のレビュー一覧を見る

弁護士による著者の質問力指南の書。
良い質問、悪い質問の実例を挙げ丁寧に解説。
子供に勉強をやる気にさせる。商品を買ってもらう時、人にお願いをする時、部下を育てる場面など様々なシチュエーションでの質問に対する基本的な考え方がかかれています。
ただの技術論だけではないにで応用しやすいかな。
裁判の裏話などエピソードも交えて読み物としても飽きない。
最後は読者へのエールとして自己啓発書の趣も。
再読したい思った良書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感想

2017/01/15 17:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koh - この投稿者のレビュー一覧を見る

後輩教育の参考にと思い購入しました。どのように質問すれば相手に不快に思われず、相手が自ら答えを出せるか、について心理学や日常例を多数用いて書かれているため、大変わかりやすく参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

営業向け

2016/12/18 22:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うーろん - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々な質問系の本はありますが、これは営業を主体としていました。なかなか他への転用というタイプでもなく。ちょっと、費用対効果が微妙。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/27 20:47

投稿元:ブクログ

よくあるハウツウ本だが、「質問」というテーマに沿って、いわゆる名言や法則をうまく使いながら、質問に工夫をすることによって、人間関係を円滑にするノウハウを説いていく。
弁護士という職業も効いている。

2017/05/04 10:06

投稿元:ブクログ

【No.79】「この試練を乗り越えるためには、何をすれば良いのだろうか?などと自分にポジティブな質問をすると、やる気が湧いてくる」「相手の脳に負担をかける質問をする人は、自分のことばかり考え、相手の立場を考えていない」「人間は、愛しているときと憎んでいるとき、また怒っているときと安静なときでは、それぞれ同じ一つの物が同じには見えず、まったく別の物に見えるか、またはかなり違う物に見える(アリストテレス/弁論術)」「自分のことについて質問を受けるとき、”ああ、私のことを知りたがっているな”とか”この人は私のことには関心がないけれども仕方なく聞いているのだな”ということを敏感に感じ取る」「成功に秘訣というものがあるならば、自分の立場と同じように他人の立場に身を置いて考えることができるということである」「人は、他人から押し付けられることは嫌いですが、自分で決めたことには従順に従う。同じように、人をその気にされるには、議論で相手に勝ってはいけない」「やってみて、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば人は動かじ。話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」「命令するだけでは人間はその気にならない。部下だからといって自尊心をないがしろにしてはいけない。あなたと同じく自分を最も大切だと思っている対等な人間」「考えるというのは、自分に質問するということ。自分に良い質問をすれば、良い方向に思考が回転し、悪い質問をすれば悪い方向に思考が回転する」「世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにもなるのだ。必ず問題は解決し、そして私たちの人生は進んでゆく。大切なことは決して諦めないこと。そして自分にポジティブな質問をすること」

2017/05/14 18:12

投稿元:ブクログ

『青と赤どっちがいいと思う?』という
男女の間で永遠に解決されない問

これはどちらか答えることが重要ではなく
私の事をどう考えているの?
という質問だという事だと腑に落ちた。

昨今テクニック論が先行しているが
本著はそのテクニックはゆうこう【友好、有効】的に使わなければならないと教えてくれる。

少し自己啓発も入っているが
いい質問だけが重要なのではなく
最適な関係性を築いて行くためにも
いい質問が必要不可欠ですよという話。

2016/12/04 15:15

投稿元:ブクログ

デール・カーネギー著『人を動かす』→人間は他人から言われたことには従いたくないが自分で思いついたことには喜んで従います。だから人を動かすには命令をしてはいけません。自分で思いつかせればよいのです。

オープンクエスチョン→自分で答えを予想できないので自由に話させたい場合、自分で方向性を打ち出してほしい場合、考えてほしい場合
クローズドクエスチョン→自分で答えが予想できるので余計な話をしてほしくない場合、誘導したい場合、自由に考えさせたくない場合

2016/10/29 13:16

投稿元:ブクログ

質問が出来る人というのは、
ある意味会話で主導権を握っているようなもの。
さらに、相手のことを考えてする質問をすることで、
相手の協力や承認を得たり、本音を聞きやすくなる。

コミュニケーションで一番大切なスキルですね。

【勉強になったこと】
・人から好意を持たれるための6つの法則
 ①外見の魅力
  清潔、姿勢、笑顔を整えること
 ②類似性
  人は自分と似ている人を好きになる
 ③賞賛
  自己評価が上がり、自尊心が満足する
 ④単純接触効果
  内容に関係なく、多く会っていると好意を持つ
 ⑤協同
  一緒に何かをやる
 ⑥連合
  良い内容の外的要因と結びつくと好意を持つ

・他人と話をするときにはその人を話題にすること。
 それだけで何時間も話してくれる。

・会話のスティールに気をつけること。
 話すのが遅い人もいるので、質問したら少し待つこと。

・お客さまから質問がきたときは、
 その質問の内容から関心を持っている内容を推察し、
 質問を返すとよい。

・人を育てるときのアプローチ(改善編)
 1. 相手の過去の行動を正当化すること
 2. 過去の行動の理由とは関係無い理由によって、
   行動の変更を迫る質問をすること
 3. 相手の行動が変わったら賞賛すること

・部下には指示ではなく、質問を使って、
 部下に考えさせるきっかけを持たせるのがよい。
 最初は苦労するが徐々に考えるようになる。

・相手の反論に反発するのではなく、
 相手の価値観を変えるような質問をするのがよい。
 相手の価値観を変えるためには、
 こう感じているという前提を把握して、
 そこが実は異なるといったことや、
 相手が気づいていない前提を提供することが大切。

・目標達成のための4つの質問
 あなたは何を達成したいのか?
 目標はいつまでに達成するのか?
 目標を達成するうえで犠牲にしなければならないことは
 何か?また、犠牲にすることが出来るか?
 どういうアプローチで達成するか?

2017/06/04 08:33

投稿元:ブクログ

質問次第で、人に好かれたり、嫌われたり、人をコントロール出来たり、成長させたり。
大変参考になった。
取り急ぎ、勉強会準備中だったので、質問150問準備してみたw

2016/10/28 15:13

投稿元:ブクログ

2016/10/28
仮にクエスチョン。
誤導質問。
自分に良い質問をする。
目標を設定し、行動を起こし、成功するまでやり抜く。

2016/11/27 23:17

投稿元:ブクログ

11/13日週ビジネス書売れ筋ランキング3位。
弁護士が、相手をその気にさせる、自ら動いてもらう質問術を紹介する。
心理学の用語に照らし合わせて、質問の効果を解説してくれているので信頼性が高い。
文章も明快で事例も現実的。

2017/05/20 15:33

投稿元:ブクログ

うーーーーん、新聞の広告を見て読んだのですが、私の考えていたような内容ではなく目次を見た時点で飛ばし読み決定でした。

2017/05/09 14:31

投稿元:ブクログ

要保管。
「全ての仕事は問いから始まる」と同様に非常に腹落ち。
質問(問い)がいかに重要か。仕事でも家庭でも。
セットで読むとより理解が深まる。

以下、質問関係以外で腹落ちした箇所

「人をその気にさせるには、議論で勝ってはいけません。」
「反論されるということは承諾してもらうためにクリアすべき点が明らかにされた、ということ。」

2017/04/23 23:01

投稿元:ブクログ

痛快な本。どんな時でも、どんな人でも役に立つコミュニケーションのワザが体系立てて書かれた本。あらゆる人間関係、自分との関係においてさえ、使える。「いい質問が人を動かす」というタイトルで「なんで?」と惹きつけられ、内容を読んで「なるほど」と納得させられる。元のタイトルは「人を動かす質問力」だったそうだが、今の方がいい。会社の営業、管理職には是非読ませたい。

2017/03/27 16:57

投稿元:ブクログ

テクニックの本といえばその通りだが、
裏に人間心理の動きが意識されていると強く感じた。

講師で話した時も、
「Aである」と伝えるよりも、
問いかけにより受講者に「Aなんだ!」と
気付いてもらった時の方が明らかに反応がよい。
質問の仕方をかなりうまくやる必要があるが。

質問のための考え方、
質問のために注意したい点、
たくさんの要素が入っている。

一つずつ自分のものにしていきたい。

人間関係 ランキング

人間関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む