サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1127-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 67件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/19
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-219607-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

トヨトミの野望 (小説・巨大自動車企業)

著者 梶山 三郎 (著)

失われた20年を高度成長期のように駆け抜けた巨大自動車企業は、日本経済最後の砦−。気鋭の経済記者が覆面作家となって、メディア禁制・28兆円のタブーに挑む!【「TRC MA...

もっと見る

トヨトミの野望 (小説・巨大自動車企業)

税込 1,870 17pt

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

税込 1,540 14pt

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.3MB
Android EPUB 6.3MB
Win EPUB 6.3MB
Mac EPUB 6.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失われた20年を高度成長期のように駆け抜けた巨大自動車企業は、日本経済最後の砦−。気鋭の経済記者が覆面作家となって、メディア禁制・28兆円のタブーに挑む!【「TRC MARC」の商品解説】

創業家VS.左遷サラリーマン!日本の救世主は、ハズレ社員だった。気鋭の経済記者が覆面作家となって挑む日本最大のタブー「27兆円企業」に迫る!「失われた20年を、高度成長期並みに駆け、世界一となったあのトヨトミ自動車が潰れるときは、日本が終わるとき。日本経済最後の砦・巨大自動車企業の真実を伝えたいから、私は、ノンフィクションではなく、小説を書きました」(梶山三郎)


創業家VS.左遷サラリーマン!
日本の救世主は、ハズレ社員だった。気鋭の経済記者が覆面作家となって挑む日本最大のタブー「27兆円企業」に迫る!
「失われた20年を、高度成長期並みに駆け、世界一となったあのトヨトミ自動車が潰れるときは、日本が終わるとき。日本経済最後の砦・巨大自動車企業の真実を伝えたいから、私は、ノンフィクションではなく、小説を書きました」(梶山三郎)【商品解説】

目次

  • 目次
  • トヨトミの野望
  • 序章   荒ぶる夜
  • 第一章  ふたりの使用人
  • 第二章  社内事情
  • 第三章  北京の怪人
  • 第四章  ジュニアの憂鬱
  • 第五章  暴君
  • 第六章  ハイブリッド
  • 第七章  異端児

著者紹介

梶山 三郎

略歴
〈梶山三郎〉経済記者、覆面作家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

あの自動車トップ企業でなにが

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

経済小説は数多くあれど意外にも自動車会社を舞台にしたものは少ない。
しかも本書はあのトップ企業をあきらかにモデルにしており
事実に基づいたと思われるエピソードも満載で興味深く読める。
とくに創業家との関係が非常に日本的で考えさせられる。

ただ暴露本のような内容ではなく、世界を相手に戦う日本のトップ企業で,どのような経営や人事が繰り広げられているのかが人間ドラマとしてよく描かれており,一気に読破してしまう。
タフな自動車産業の内実にふれることができ、下手な業界本を読むよりオススメである。

みんなのレビュー67件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

トヨトミの野望

2020/04/09 12:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

【若干のネタバレを含む】
 私はもともと読書が趣味であったわけではなかったが、読書をひとつの趣味とさせてくれた作品。とある書店でオススメされており、「ほぼ実話」という口コミが気になり購入した。

 この作品のモデルとなっている企業の内実について、私はよく知らなかったが、調べてみると事実に酷似しており、ある種の「告発本」のような印象を受けた。
 本書では、創業者家族vs叩き上げのサラリーマンという対立構造を中心として、世界の情勢にも翻弄されつつ前進する日本の大企業の姿が描かれている。全体として、「家族経営」にこだわる企業体質に対する批判的な描写がなされているようにも思われる。とある著者インタビューによれば、「家族経営」を批判しているわけではなく、徹底的な合理化を図る叩き上げサラリーマン型経営の弊害も描写していると述べられており、確かにそんな側面もあるなあと感じる次第である。モデルとされている企業では、未だ創業者家族が社長を勤めているので、本書の続編である「トヨトミの逆襲」ではどのような描写がなされるのか、非常に楽しみにしている。
 本書はその特質から、「告発本」的な性格が注目されがちであるが、フィクションのビジネス小説であったとしても十分すぎるほどにおもしろい。特に物語の終盤が秀逸であった。本書の対立軸であった両側面での終わり方がおもしろい。すなわち、叩き上げサラリーマンが現役を退き、精神の平穏を得て旅に出る一方で、現役の創業者家族は、希望を見出しつつも困難に立ち向かう。この対照的な描写を受けて、(現実のモデルとなっている企業がどうであるかにかかわらず)その後の物語を自由に想像することができ、読書後の余韻に浸ることができる。
 ぜひオススメしたい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

事実なのか?

2017/03/30 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

だれでもわかる大企業を舞台に、躍進、危機等の表の出来事、またその裏のストーリーをその当事者の心情ともに小説に!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界一のメーカー

2017/01/22 21:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まきちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あー、そういえば!な過去の報道を思い出しながら読みました。
まさに「事実は小説よりも奇なり」です。
昭和生まれの企業戦士の「ビジネスは戦争だ」には重みがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

創業家・・・

2017/04/07 08:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブレーブス坊や - この投稿者のレビュー一覧を見る

自動車会社の成長を創業家と経営者の視点から描いた大河小説。
創業家とサラリーマンの考えは決して交わらないことをうまく描いていると、感じた一方で、
統一社長の経営者としての成長ぶりにが今一つ伝わってこないような気がしました。
そんな風に感じながら、評判の本ではあるが星三つかな、と思ったら、最後の物語構成で星4つになりました。
フィクションの形にしても、ほぼ実話をベースにしてるのだろうなあ、と想像してしました。
そして、著者は、何者だろう…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トヨトミ

2019/02/16 05:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「トヨトミにあらずんば人にあらず」という感じ。能力や人望より、結局は血統にすがるというのもなんだかなあ……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/28 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/11 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/04 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/11 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/12 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/13 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/01 07:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/15 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/03 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/31 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。