サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蜜蜂と遠雷

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 791件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/23
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/507p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-03003-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

蜜蜂と遠雷

著者 恩田陸 (著)

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクー...

もっと見る

蜜蜂と遠雷

1,944(税込)

蜜蜂と遠雷

1,555 (税込)

蜜蜂と遠雷

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、音楽を描いた青春群像小説。『星星峡』『ポンツーン』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか? 【本の内容】

著者紹介

恩田陸

略歴
〈恩田陸〉1964年宮城県生まれ。「六番目の小夜子」でデビュー。「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、「中庭の出来事」で山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー791件

みんなの評価4.5

評価内訳

電子書籍

音楽の表現がすごい

2018/05/22 20:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説家は文字を操る職業とはいえ、楽曲を音楽を知らない人にもいかに表現するのかと読み進めましたが、天晴れ!
コンクールの楽曲を音楽評論家のような描き方でなく、そこは小説家の感性で万人がリラックスして読み進められる書き方。
読んでいると同時にどんな曲かと曲にも興味をひかれてしまう。
長編なのに、気が付けば最後のページだったという感じ。

興味深かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第14回本屋大賞受賞作

2018/05/21 09:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

国際ピアノコンクールでの、個性豊かな才能のぶつかり合いに惹き込まれていきました。養蜂家の父を持つ少年の姿には忘れがたいものがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いけれど記憶には残らない…

2018/05/16 13:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんみつこむすめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

エンターテインメントと話題性は飛びぬけている本でした。
どうしても読みたくて、書店で購入して読みました。
読みやすい内容で、確かにピアニストの臨場感も伝わってきました。
ただし、ピアノ弾く時にそんなにいろいろ考えてる余裕ないような?という感想です。
小説なので、登場人物の脳内を文章化するわけですが、ちょっとしつこさが強いです。
マンガのような小説だなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

音楽って素敵です

2018/05/08 06:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちいちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンクールを題材にというので、スパルタレッスン場面や裏側の事情等が出てくるのかと思いきや、音楽を愛して止まない登場人物ばかり。それも多種多様な形での音楽とのつきあい方を、すべて温かく描いた、心洗われる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

音楽を愛する人に是非オススメしたい本

2018/03/17 23:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:newton - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもの恩田陸さんの不思議感とは違うけれど、ページをめくるたびにハラハラドキドキしました。
そしてラスト近くになった時には、読み終わりたくない気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

音の聞こえる小説

2018/02/11 19:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふらっと - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人から勧められ、本の余りの厚さにためらい暫らく購入を保留にしていた作品でした。
気が付くと電子本がかなり安く売っていたので買うことができ読み始めました。読み始めると著者の音楽への調査及び作り込みに畏怖を覚えました。
 ピアノを所有していない人(塵)がコンサートに出れるなんてありえない、と設定には?を覚えるところは一部ありますが、電子本ならではの読み方で本を読みBGMでコンテストの曲を流し楽しみました。

 ピアノではないが、ラカトシュが悪魔のバイオリンで出てきたところは彼のヒゲの顔が思い出され笑えました。第三次予選までと比べると最後がストレートに感じ、もう一ひねり欲しかったですが、それでも文句無く面白い小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ぶるっとする

2018/02/11 08:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろば - この投稿者のレビュー一覧を見る

クラシックの世界を描いたもので、ここまでのめり込んだのはのだめ以来かな。
それぞれがキャラクターがあってよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

文句なしのエンタテイメント

2018/02/02 17:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marie_san - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページをめくるのが止まらない、早く読みたいと感じると同時にページの残りが少なくなってゆくのが惜しい、いつまでも読んでいたいという気持ちを久しぶりに味わいました。ピアノコンクールの出演者の内面やコンクールの裏側という極めてマニアックな世界を描きながら万人に通じるエンタテイメントに仕上がっている快作でした。楽しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

音が表現している風景が思いうかぶ

2018/01/10 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:teao - この投稿者のレビュー一覧を見る

きれいな表現力豊かな文章でした。
奏者それぞれの内面が丁寧に書かれており、遠い世界の人のようなピアノ演奏者の人間らしさを感じながら読めた。現実でも、すごくうまい演奏者も人間であり、色々な背景があり思いを抱きながら演奏に臨んでいるんだろうなぁ、みんなが天才であるわけではないし、また天才達もそれぞれの苦しみがあるんだろうなー。個人的には明石という、天才から少し距離が離れた努力の人?がいたおかげで、生々しい気持ちをより身近に感じながら読むことができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読破

2017/12/30 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポッター - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の音楽に対しての愛情に心地良く引き込まれました。
あまり音楽に興味がある方ではなく難しい知識など持ち合わせていませんが、そんな、自分でも最後まで、一気に読み進める事が出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

第156回直木賞受賞作

2017/12/24 02:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hirok - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに読んだ恩田陸さんの作品はピアノコンクールのお話。登場人物がとても魅力的で、「四月は君の嘘」が好きな人にもおすすめです。コンテスタントの演奏曲を流しながら是非。 第156回直木賞受賞作。やっと獲れましたね。おめでとうございます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

蜜蜂と遠雷

2017/12/23 23:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チョラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田陸さんの本は3冊目ですが、あっという間に読み終えてしまいました。
クラシックに詳しくもなく題名だけで曲が思い浮かぶことはあまりなかったのですが無知な私でもイメージしやすく、コンクールに観客でいたような錯覚さえするほど、音を聞いていた感じでした。
とても素敵な本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めて購入

2017/12/13 20:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てる - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔から気になったいたのですが、買う機会なく。
知人のおすすめも、あり購入しました。
音楽をテーマに、して。の作品でした。
音楽は経験ないですが、未経験でも、楽しめる内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まるで夢のような

2017/12/12 18:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かぐや - この投稿者のレビュー一覧を見る

響き渡る音。息をのみ静まりかえる客席。大きく広がる演奏者の世界。
全ての情報が流れてくるような感覚だった。
読後に気持ちよい疲れ。本当にコンクールを観てきたみたい。そして、読みきった喜びと興奮で本を読んでいたのだということを忘れてしまうような、ふわふわした感じも似ている気がする。
そう、まるで全てが夢だったかのように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろいです

2017/11/28 08:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:umi - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりにこんなにはやく続きが読みたいと思う本でした
とてもおもしろくて、自分も会場にいるかのような気分で本当に演奏を聴いてみたいと思いました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する