サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蜜蜂と遠雷

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 292件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/23
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/507p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-03003-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

蜜蜂と遠雷

著者 恩田陸 (著)

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクー...

もっと見る

蜜蜂と遠雷

1,944(税込)

蜜蜂と遠雷

1,555 (税込)

蜜蜂と遠雷

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、音楽を描いた青春群像小説。『星星峡』『ポンツーン』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか? 【本の内容】

著者紹介

恩田陸

略歴
〈恩田陸〉1964年宮城県生まれ。「六番目の小夜子」でデビュー。「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、「中庭の出来事」で山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー292件

みんなの評価4.7

評価内訳

電子書籍

映像は、フィギアスケート

2017/04/23 18:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タッキーy - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者は、題名から、風間塵がメインに書き上げたのだろうか?題名が、「蜜蜂と遠雷」なんだから。しかし、読者の側から、読み解くと、メインは栄伝亜夜と考えます。それから、読み進んでいくうちに、フィギアスケートの主役たちの顔を
浮かべながら、読んでいました。マサルは、羽生結弦。亜夜は、浅田真央。塵は、宇野昌磨。なかでも、亜夜の母親が亡くなった後のブランク。復活のきっかけ。とくに、亜夜が、弾いてはいなかったが、真央が、ラフマニノフの二番で、
滑ったソチ五輪が頭に描かれて、読み進める状況が、たいへんフィットしました。特に、〈鬼火〉以降は、フィギアのスターたちの顔を思い浮かべながら、最後まで読んでいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

蜜蜂と遠雷を聴く

2017/04/22 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアノの音を主旋律として様々な音を従えながら魅力的な人々を見つけ出し、成長させ、旅立たせて行った。
栄伝亜夜の最後の曲を聴きたかったなぁ〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

蜜蜂と遠来

2017/04/01 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ともとも - この投稿者のレビュー一覧を見る

曲名がでてくるたびに、どんな曲だったか、調べ、ああ、この曲!と思いながら読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ブラボー!

2017/03/31 10:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「色モノ」なのか、「本物」なのか?風間君の演奏をドキドキしながら待っている自分がいるような気にさせられる。音楽家の感性と機微の表現に脱帽。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

とても好き

2017/03/25 23:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とうや - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田さんの小説が好きでいろいろ読んでいますが、雰囲気としては『チョコレートコスモス』の音楽版かなと。『チョコレートコスモス』がとても好きなこともあり、この本もお気に入りとなりました。コンクールの話ではありますが、音楽に詳しくても詳しくなくても楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごい小説だ

2017/03/25 22:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

小生、生意気にも、高校時代、友だちに史上初の芥川賞・直木賞同時受賞を目指すと豪語していたそうな。両方やってもいいよ、という小説に初めてお目にかかった。最初手に取ったときは、読むのやめようかな、とも思った。500ページのボリューム、上下段に分かれた構成。到底読む気にならないものだった。でも、評論家たちの口々にほめる批評の数々を読むうちに、これは読まねばなるまいと思わされた。裏切られはしなかった。これだけのものをよく書けたものだ。ネタバレになるので、細部には触れぬが脱帽。ただただ脱帽。こんなおもしろい小説は、60年生きてきて初めてめぐりあった。小説家になるのはやめた(笑)。ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高傑作

2017/03/21 03:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょき - この投稿者のレビュー一覧を見る

最高傑作であることは初めから判っていた。作者、厚みと表紙、タイトル、目次を見てすぐに購入を決意。それぐらいの判り易さ。そして読んで納得。最高の音楽、演奏のすばらしさを文章で様々に表現するという難しさ、天才コンテスタント達の豊かな人間性、それらを情熱的にさらりと書き上げてあった。ストーリーに至っては、まるで作中の演奏家たちのように聴き手(読み手)を魅了し、ラストまでグイグイ引っ張る引っ張る。そしてこうして読み終えた。まさに立ち上がって拍手を贈りたいくらいである。ごちそうさまでした、ありがとう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めて恩田陸さん読みました

2017/03/20 15:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきんどあつこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある書評サイトで気になり、直木賞受賞されたときき読みました。まさかここまでの作品とは。普段眠っていた感性が呼び覚まされました。今後の作品にも注目したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

途中までは

2017/03/20 09:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅わんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

三次予選くらいまでは面白かったんですが、本選に入ってからは、ちょっと辟易してしまいました。好みかと思いますが。
ただ、三次予選までは、ほんとによかったです。一気読みでした。久々に文句なしの受賞作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

重厚・力作

2017/03/16 17:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

国際的なピアノコンクール。出場者のうち、神童というレベルを突き抜けた破天荒な少年、一度は音楽界を去りながら、戻ってきた少女、その幼馴染…この3人を中心に物語は展開。個性的なキャラクターが深く掘り下げられ、また、コンクールや、音楽することだけに固執し、一切の無駄を省いた文章は見事。クラシック音楽の世界、そして本のボリュームから、やや読むことに躊躇いがあったが、一部を除いて重厚な力作と評価。一部は、読み手の音楽の知識の無さ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大満足

2017/03/14 17:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukka - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった。面白かった!!
読み終わった直後の素直な気持ちです。「あ〜読み終わっちゃった」という寂しい気持ちもあります。ずっとあの世界に浸っていたかった。
登場人物がみんな魅力的であることにまず惹かれ、コンクールで奏でられる曲の描写の素晴らしさに惹かれ、コンクールの緊張感に浸り。
出てくる曲をネットで探して試し聞きをしながら読んだせいもありますが、私にしては珍しく時間をかけて読みました。読み終わってしまうのが勿体無いというせいもありましたが。
とにかく面白かった!大満足の作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

蜜蜂と遠雷

2017/03/14 01:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Marie - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭から大変引き込まれ楽しく読ませて頂きました。私は音大で声楽を勉強して30年経った現在も演奏活動をしています。ピアノコンクールという舞台で切磋琢磨するコンテスタント達の気持ちが手に取るように想像でき、ドキドキしながら、応援するように読んでいきました。最愛の母を亡くし舞台を放り出してしまった亜夜がこのコンクールで他のコンテスタント達、特に風間塵とマサルの演奏に感化され、見事な演奏をする様子はとても感動的でした。
風間塵の自然の中に音楽を連れ出すという演奏も本当に聴きたいと思いました。
読みながらピアノやオーケストラの響きが今にも聞こえてくるような気がしました。
是非映画化をしてほしいと切望します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蜜蜂と遠雷

2017/03/08 21:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えいぷるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田陸さんの直木賞作品。
まず、彼女が直木賞を受賞していなかったのに驚きました。そして、私も恩田陸さんの作品を初めて読みました。四時間。のめり込むように読みました。ピアノコンクールという経験したことがない世界。でも、ピアノのタッチやメロディーが浮かんでくる文章。
私の中では最近の1番です。
一気読みしたのは久しぶりです。ぜひ読んでいただきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

彼らのファンの一人に

2017/02/27 19:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にんじん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大長編で読み応えがあり満足したのと同時に
もっと読みたい!と思わせる作品です。

音楽がとても繊細に描かれてあり本当に聴いているかのようでした。
最終的に順位が決まることを考え、私は想像しながら読み始めましたが次第に私の気持ちとして優勝してほしいと思う人物が現れ
私はいつのまにかコンクールの聴衆者の一人になっていました。

そして登場人物がとても魅力的でもっと彼らの物語を読みたいと完読した後、少し惜しい気持ちになるほどでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

思わず検索!

2017/02/27 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるきー! - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアノをしていたので、すごく親しみやすかったです。曲名も記載されていたので、検索して聴きました。本を読んでまたピアノしたくなりました。他のレビューにもあると思いますが、最後のページは読み終えるまで見ない方がいいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む