サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蜜蜂と遠雷

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 805件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/23
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/507p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-03003-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

蜜蜂と遠雷

著者 恩田陸 (著)

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクー...

もっと見る

蜜蜂と遠雷

1,944(税込)

蜜蜂と遠雷

1,555 (税込)

蜜蜂と遠雷

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、音楽を描いた青春群像小説。『星星峡』『ポンツーン』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか? 【本の内容】

著者紹介

恩田陸

略歴
〈恩田陸〉1964年宮城県生まれ。「六番目の小夜子」でデビュー。「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、「中庭の出来事」で山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー805件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

音楽小説

2017/01/31 19:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本を読む人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台はプロを排出する本格的なピアノコンクール。
主な登場人物は、幼馴染みに才能を見出されたエリート天才、その幼馴染みで感性の豊かな天然の天才、
サラリーマンをしながら生活の音楽を!というモチベーションでピアノを手慣らし程度に引いている感受性が高い努力の人、
そして、タイトルの通り養蜂家でピアノが家にない音楽の神様に愛されているとしか思えないスケールのでかい天才です。

最初から最後まで、ピアノコンクールが舞台の小説です。

なぜタイトルを「音楽小説」としたのか。
それは、音楽も文学と同じで、「解釈」や「感性」を媒体とし、奏者と聴衆を繋げるからです。
当たり前ですが、音は聞こえません。
ですが、解釈や感性は言葉で認識するものです。
よって、この小説を音楽小説たらしめるのは、聴き手や奏者の解釈や感性が目の前にその情景が見えるような言葉で表されているからです。
この小説を読んだあとの第一声は、「音を感じた」というものでしょう。
そして、何と言っても、聞こえていない音楽に感情が動いたとさえ感じさせるこの筆力は絶品だと思います。

登場人物のキャラクター性にも惹きつけられるものがあります。
そこを詳細に語るとネタバレにしかなりませんので控えますが、
主な登場人物の周りにいる人達にもぜひ注目を!
脇役だからとて、全く雑な描き方はされていません。

あと、遠雷の場面は1度だけです。
お見逃しなく笑

コンクールの順位が気になり、捲る手が止まらないというのは否めませんので、専門用語の飛び交うページはすっ飛ばしました笑

お時間とお気持ちが整いましたら、ぜひ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

飛ばし読みしました。

2017/05/07 10:40

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:oi - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田陸さんの小説を読むのは初めてでした。まるで「作者自身がお面を被って演じた実写版の映像を、作者自身が見て感想文を書いた」ようだなとがっかりしました。こんなに面白くないと感じたのは久しぶりです。
ストーリーは興味深い題材だと思いますが、文章が稚拙で入り込むことができませんでした。大げさな表現で同じ言葉が繰り返されて、単調で読み辛かった。。設定は立派なのに、作者が持て余して書ききれていないということでしょうか。人物の書き分けもはっきりしていないのに、登場人物が多い。魅力のある人は1人もいませんでした。海外暮らしのはずのマサルや塵やナサニエル等も何故か日本人ぽい思考・行動。年齢より幼く感じられました。一番の違和感は、恵まれた環境で育ったはずの音楽家である女性陣の一人称がすべて「あたし」であること。また、亜夜や奏やマサルの言葉のチョイスがおばさんぽいことです。しっくりきたのは三枝子くらいだったので、すべて三枝子目線で書けばいいのにと思いました。明石と亜夜が初対面で2人で抱き合って泣くシーンもありえないし気持ち悪い。半分以降、飛ばし読みで最後まで読みました。
こんな作品が直木賞であり本屋大賞だなんて残念以上の何者でもありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魅力がよくわからない。

2017/09/14 12:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暴れ熊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

無聊を慰めるために、ある方が貸してくれたので読んだ。
最初はなかなか物語が動き出さず、第二次予選ぐらいまでは苦痛だった。そのあと、ようやく物語に入っていけるようになった。
だが、正直この本がそんなに売れるほどの魅力があるのか、よくわからなかった。
物語が多くの人の視点で語られているのも、物語に入って行きづらいひとつの要因だろうか。
この人の作品は前に『夜のピクニック』を読んだことがあって、そのときも自分にはあんまりフィットしないなあと思った。今回、本作を読んでみて、そのひとつの要因が文体の軽さにあるということもわかった。
もう一つは人物造形である。
風間塵という天才少年が登場するが、どうもイメージしにくかった。リアリティがなさ過ぎるというのもあるが、リアリティがなくても感情移入できる作品はあまた存在するというのに。
よい小説というのは、読み終わったあとも、じいんと心に残って、登場人物たちの世界から抜け出せない、抜け出したくないという思いを抱かせるものが多いのだが、本作は、全くそういうことがなかった。分厚い本を、はあ~、読み終わった、というだけの感慨だった。
ただ、音楽に関してはよく勉強しているんだろうなとは思った。
そのうち、ドラマ化か映画化でもされるのだろうか。
もう恩田陸さんの作品は読まないかもしれないな。
もっともこういうレビューはごく少数派なんだろうけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いけれど記憶には残らない…

2018/05/16 13:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんみつこむすめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

エンターテインメントと話題性は飛びぬけている本でした。
どうしても読みたくて、書店で購入して読みました。
読みやすい内容で、確かにピアニストの臨場感も伝わってきました。
ただし、ピアノ弾く時にそんなにいろいろ考えてる余裕ないような?という感想です。
小説なので、登場人物の脳内を文章化するわけですが、ちょっとしつこさが強いです。
マンガのような小説だなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実写化してほしい

2018/05/31 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:★ほし★ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアノコンクールの話。
読んでいても、「この曲、どんな曲だっけ?」と思うのでやっぱり実写化してほしいです。
恩田陸さんらしく丁寧に丁寧に書いてあります。2段組みでとにかく長かった。。。一気には読めない。この部分いるのかなと思うところも割とある。特に審査員の話はいらないんじゃないかと思う。
登場人物が殆ど天才なので、このコンクールに出るまでにどれほど努力したかとかは全然出てこない。天才だからミスしないし、緊張も特にしない。それがどうにも・・・。一人だけ天才じゃない登場人物がいて、一番共感できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

クラシック聴きたくなる

2017/07/08 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:haruki - この投稿者のレビュー一覧を見る

風間塵の影響力!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

もう少し各人物の話を読みたかった

2017/05/17 16:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラテン猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

序盤で登場人物の背景を描写するところはとても引き込まれました。
特に明石さんの葛藤に共感しました。
演奏シーンも、特に宮沢賢治の曲の描写は、コンテスタントそれぞれの解釈の違いが面白かったです。ただそれ以外の演奏の展開は退屈に感じてしまい、後半の演奏シーンは読み飛ばしてしまいました。
もう少し演奏を通じて各人物の話を読みたかったです。
あと、外国暮らしの長い登場人物の振る舞いや口調、考え方が日本人ぽいのは読んでいてひっかかり、若干ストレスを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

傑作とは言い難い

2017/04/24 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:京野菜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二段組で500ページ。頭痛のする長大さだ。読むのに5日かかった。名文である。引き込まれる。ピアノに対する、音楽に対する、コンクールに対する著者の造詣の深さには脱帽だ。ただ、随所に専門用語が登場するので、完全に理解しようとすると、大変。ピアノコンクールだけなので、狭い世界。登場人物は魅力的。もちろん、そこに著者の死生観、宇宙観があふれんばかりに展開されているので、読みごたえはある。致命的なのは、意外性がないこと。途中でストーリーの行く末が分かってしまう。そこが残念。少なくともスリリングではない。直木賞&本屋大賞ダブル受賞ということで、大いなる期待をもって読んだが、正直なところ、その期待は裏切られた。傑作とは言い難いと思った。この世には、読者をアッと言わせる傑作がゴロゴロしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

途中までは

2017/03/20 09:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅わんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

三次予選くらいまでは面白かったんですが、本選に入ってからは、ちょっと辟易してしまいました。好みかと思いますが。
ただ、三次予選までは、ほんとによかったです。一気読みでした。久々に文句なしの受賞作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恩田さんの奏でる音楽

2016/10/21 07:47

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアノコンクールで闘う天才少年たちの物語。丸々一冊コンクール物。
文章だけでピアノの音を表現できるなんて凄いって思いながら読みました。
コンクールの緊張感や臨場感が凄い(コンクール行ったことないけど・・・)
予備知識なしで読み始めたので、正直「もしかして、誰か殺されたりするミステリー?」とか思いながら読み進めたけど、誰も死にません。
恩田さんらしい結果。期待を裏切る結末に「そう来る?」って苦笑いしちゃいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

既視感が。。。

2017/11/16 22:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

噂になっていたので、購入してみましたが、話の内容がほぼ「ピアノの森」っぽい印象を受けた。
数人出てくる主要キャラクターもまるで漫画のようで、やっぱりピアノの森っぽい。
作者の本は好きなのだが、この本はエンタメ寄り過ぎな感が否めない。
面白いので一気に読みましたが、やっぱり既視感がハンパない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第14回本屋大賞受賞作

2018/05/21 09:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

国際ピアノコンクールでの、個性豊かな才能のぶつかり合いに惹き込まれていきました。養蜂家の父を持つ少年の姿には忘れがたいものがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

音の聞こえる小説

2018/02/11 19:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふらっと - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人から勧められ、本の余りの厚さにためらい暫らく購入を保留にしていた作品でした。
気が付くと電子本がかなり安く売っていたので買うことができ読み始めました。読み始めると著者の音楽への調査及び作り込みに畏怖を覚えました。
 ピアノを所有していない人(塵)がコンサートに出れるなんてありえない、と設定には?を覚えるところは一部ありますが、電子本ならではの読み方で本を読みBGMでコンテストの曲を流し楽しみました。

 ピアノではないが、ラカトシュが悪魔のバイオリンで出てきたところは彼のヒゲの顔が思い出され笑えました。第三次予選までと比べると最後がストレートに感じ、もう一ひねり欲しかったですが、それでも文句無く面白い小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読破

2017/12/30 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポッター - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の音楽に対しての愛情に心地良く引き込まれました。
あまり音楽に興味がある方ではなく難しい知識など持ち合わせていませんが、そんな、自分でも最後まで、一気に読み進める事が出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い!

2017/11/21 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

音楽をどう描くのか。
興味津々読み始めたが、いやあ、ぐいぐい引き込まれた。
コンテスタントや審査員の人間模様に加え、圧倒的なほど豊穣な映像のイメージとして音楽を描く恩田氏の筆力に圧倒された。
個人的には人間模様に絡めないまま脇役で終わったアレクセイ君がツボ。清々しいほどのかませキャラで切り落とした恩田氏の思い切りがすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する