サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蜜蜂と遠雷

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 416件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/09/23
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/507p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-03003-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

蜜蜂と遠雷

著者 恩田陸 (著)

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクー...

もっと見る

蜜蜂と遠雷

1,944(税込)

蜜蜂と遠雷

1,555 (税込)

蜜蜂と遠雷

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【直木賞(156(2016下半期))】【本屋大賞(第14回)】養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年、かつての天才少女、サラリーマン…。ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、音楽を描いた青春群像小説。『星星峡』『ポンツーン』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか? 【本の内容】

著者紹介

恩田陸

略歴
〈恩田陸〉1964年宮城県生まれ。「六番目の小夜子」でデビュー。「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、「中庭の出来事」で山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー416件

みんなの評価4.6

評価内訳

電子書籍

音楽小説

2017/01/31 19:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本を読む人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台はプロを排出する本格的なピアノコンクール。
主な登場人物は、幼馴染みに才能を見出されたエリート天才、その幼馴染みで感性の豊かな天然の天才、
サラリーマンをしながら生活の音楽を!というモチベーションでピアノを手慣らし程度に引いている感受性が高い努力の人、
そして、タイトルの通り養蜂家でピアノが家にない音楽の神様に愛されているとしか思えないスケールのでかい天才です。

最初から最後まで、ピアノコンクールが舞台の小説です。

なぜタイトルを「音楽小説」としたのか。
それは、音楽も文学と同じで、「解釈」や「感性」を媒体とし、奏者と聴衆を繋げるからです。
当たり前ですが、音は聞こえません。
ですが、解釈や感性は言葉で認識するものです。
よって、この小説を音楽小説たらしめるのは、聴き手や奏者の解釈や感性が目の前にその情景が見えるような言葉で表されているからです。
この小説を読んだあとの第一声は、「音を感じた」というものでしょう。
そして、何と言っても、聞こえていない音楽に感情が動いたとさえ感じさせるこの筆力は絶品だと思います。

登場人物のキャラクター性にも惹きつけられるものがあります。
そこを詳細に語るとネタバレにしかなりませんので控えますが、
主な登場人物の周りにいる人達にもぜひ注目を!
脇役だからとて、全く雑な描き方はされていません。

あと、遠雷の場面は1度だけです。
お見逃しなく笑

コンクールの順位が気になり、捲る手が止まらないというのは否めませんので、専門用語の飛び交うページはすっ飛ばしました笑

お時間とお気持ちが整いましたら、ぜひ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

飛ばし読みしました。

2017/05/07 10:40

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:oi - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田陸さんの小説を読むのは初めてでした。まるで「作者自身がお面を被って演じた実写版の映像を、作者自身が見て感想文を書いた」ようだなとがっかりしました。こんなに面白くないと感じたのは久しぶりです。
ストーリーは興味深い題材だと思いますが、文章が稚拙で入り込むことができませんでした。大げさな表現で同じ言葉が繰り返されて、単調で読み辛かった。。設定は立派なのに、作者が持て余して書ききれていないということでしょうか。人物の書き分けもはっきりしていないのに、登場人物が多い。魅力のある人は1人もいませんでした。海外暮らしのはずのマサルや塵やナサニエル等も何故か日本人ぽい思考・行動。年齢より幼く感じられました。一番の違和感は、恵まれた環境で育ったはずの音楽家である女性陣の一人称がすべて「あたし」であること。また、亜夜や奏やマサルの言葉のチョイスがおばさんぽいことです。しっくりきたのは三枝子くらいだったので、すべて三枝子目線で書けばいいのにと思いました。明石と亜夜が初対面で2人で抱き合って泣くシーンもありえないし気持ち悪い。半分以降、飛ばし読みで最後まで読みました。
こんな作品が直木賞であり本屋大賞だなんて残念以上の何者でもありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

もう少し各人物の話を読みたかった

2017/05/17 16:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ラテン猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

序盤で登場人物の背景を描写するところはとても引き込まれました。
特に明石さんの葛藤に共感しました。
演奏シーンも、特に宮沢賢治の曲の描写は、コンテスタントそれぞれの解釈の違いが面白かったです。ただそれ以外の演奏の展開は退屈に感じてしまい、後半の演奏シーンは読み飛ばしてしまいました。
もう少し演奏を通じて各人物の話を読みたかったです。
あと、外国暮らしの長い登場人物の振る舞いや口調、考え方が日本人ぽいのは読んでいてひっかかり、若干ストレスを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

傑作とは言い難い

2017/04/24 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:京野菜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二段組で500ページ。頭痛のする長大さだ。読むのに5日かかった。名文である。引き込まれる。ピアノに対する、音楽に対する、コンクールに対する著者の造詣の深さには脱帽だ。ただ、随所に専門用語が登場するので、完全に理解しようとすると、大変。ピアノコンクールだけなので、狭い世界。登場人物は魅力的。もちろん、そこに著者の死生観、宇宙観があふれんばかりに展開されているので、読みごたえはある。致命的なのは、意外性がないこと。途中でストーリーの行く末が分かってしまう。そこが残念。少なくともスリリングではない。直木賞&本屋大賞ダブル受賞ということで、大いなる期待をもって読んだが、正直なところ、その期待は裏切られた。傑作とは言い難いと思った。この世には、読者をアッと言わせる傑作がゴロゴロしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

途中までは

2017/03/20 09:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅わんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

三次予選くらいまでは面白かったんですが、本選に入ってからは、ちょっと辟易してしまいました。好みかと思いますが。
ただ、三次予選までは、ほんとによかったです。一気読みでした。久々に文句なしの受賞作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恩田さんの奏でる音楽

2016/10/21 07:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアノコンクールで闘う天才少年たちの物語。丸々一冊コンクール物。
文章だけでピアノの音を表現できるなんて凄いって思いながら読みました。
コンクールの緊張感や臨場感が凄い(コンクール行ったことないけど・・・)
予備知識なしで読み始めたので、正直「もしかして、誰か殺されたりするミステリー?」とか思いながら読み進めたけど、誰も死にません。
恩田さんらしい結果。期待を裏切る結末に「そう来る?」って苦笑いしちゃいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ベストセラー

2017/05/27 04:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たた - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハードカバーを買おうかどうしようか迷っていましたが、分厚くて邪魔になりそうなので電子書籍にしました。結果大正解で、長文もスマホでサクサク読め、快適でした。ピアノコンクールの日々が、天才奏者達によって彩られ、飽きることなく読み切りました。文章から音楽がにおい立つようで、面白かったです。登場人物の天才たちが当然のように勝ち進むのがちょっと予定調和すぎますが、それほど気になりません。夏の避暑地とか、秋の夜長にまた読み返したいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

圧倒

2017/05/24 12:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バルゴン - この投稿者のレビュー一覧を見る

音楽をどうやって表現するのかと思ったら、凄い描写でした。実際に音を聞いている訳でもないのに、まるで自分が聞いて感動しているかのような錯覚にも陥りました。素晴らしい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ピアノコンクールがダイレクトに伝わる

2017/05/12 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても美しかった。





【天才】とよばれる人たちがどんな思いを抱えるのか、【凡人】はどんな人生を歩むのか。

天才にも種類があって、自覚していて凡人の考えもわかる人、音が好きで天才だと自覚していない人、【音楽を解放する】なんてすごいことを考える人。






ピアノコンクールに出る人たちがどんな思いでその場に立つのか。

緊張するのか、しないのか。

ピアノを弾くことへの意識の違い。

どんな景色を思い浮かべ、弾くのか。

それがよく伝わり、感動できる作品ではあった。








しかし、私にとって演奏シーンは物足りないものだった。

中山七里作、【岬洋介シリーズ】の方が臨場感はあり、表現が豊かであったため、ピアノの演奏表現だけで言えば中山七里が良い。





ただストーリーは面白く、とても長いがいつまでも読んでいたい感覚に陥り、読み終わった後は余韻に浸れる作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テクニックと体力と

2017/05/08 22:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

50代も過ぎた恩田さん。これまでもたっぷりと作品を書いてこられ、テクニックも磨かれ、さらなる大作を書き上げる体力も十分にあり・・円熟期といえるのではないでしょうか。
特に序盤からクライマックスまでの盛り上げ方が惹きこまれます。登場人物それぞれの描き方も見事だし、音楽を聴きたくなるその文章のありかた。どうしたら文章で音楽を描けるのでしょうか。ミステリを読んでいるかのようにコンテストの結果が知りたい先を読みたい最後まで早くたどり着きたいでも登場人物たちとの時間をもっと一緒にいたい
いろいろな思いがわきあがります。
ラストはちょっとおつかれな感じもありました。最後方の一人称「あたし」を読んでいくと、ふっと新井素子氏の少女漫画的SFを思い出してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

聴こえる?

2017/05/04 06:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:naoami - この投稿者のレビュー一覧を見る

蜜蜂はわかるけど遠雷は?客席のどよめきと掛けてる?天才少女の挫折からの復活。一方、非天才・努力型のピアニストが年齢制限一杯でコンクールに臨む姿。これが好対照でイイ。天才同士がしのぎを削る・理解し合うのだけだったら、読者置いてけぼりだったろう。また、奏の存在も同じ意味でナイスキャスティング。的確な序章からハイレベルなピアノコンクールになだれ込むまでが恐ろしくスムースで筆者のリーダビリティに唸る。そしてピアノ曲そのものの描写も、原曲を知らないクラシック音痴でも十二分に伝わってくる。分厚くても一気読みできた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

蜜蜂と遠雷を聴く

2017/04/22 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアノの音を主旋律として様々な音を従えながら魅力的な人々を見つけ出し、成長させ、旅立たせて行った。
栄伝亜夜の最後の曲を聴きたかったなぁ〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ブラボー!

2017/03/31 10:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「色モノ」なのか、「本物」なのか?風間君の演奏をドキドキしながら待っている自分がいるような気にさせられる。音楽家の感性と機微の表現に脱帽。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後のページは絶対に先に読まないように気をつけてください

2017/01/12 13:27

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まこと - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリー等は、たくさんレビューされている方がいらっしゃるので、省きますが、最後のページは先にみないように気をつけた方がいいです。
私は、読んでいる途中で、作者の恩田さんが「なんてたくさんのピアノ曲に造詣が深いのだろう。何か参考文献があるのかな?」と思い3分の2程読んだところで、一番後ろのページをめくってみたら、コンクールの順位表が載っていました。これは、誰がコンクールで優勝するのかがお話のすべてのストーリーではありませんが、最後の感動は半減したと思いました(泣)。
それにしても、作者の恩田さんは凄いですね。本職は小説家なのに、こんなにピアノ曲の知識があるなんて。曲を全部こんなすばらしい文字で表せるんんて。

私は高校3年生まで趣味でピアノを習っていましたが、聴いたことがある曲は7割弱くらいです。
恩田氏のそれぞれの曲の描写を読むと、まだ聴いたことのない曲に俄然興味が沸き、全部聴いてみたいと思いました。
弾ければもう最高なんですが、それはレベルが完全に違う話で夢のまた夢です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今年一番の小説!

2016/12/18 15:04

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

恩田陸さんの小説しばらく出ていないなあと思っていた時の新刊。
5年の歳月をかけて書き綴ったと何かで読んで、少し心配していた。
しかし、本作は5年間恩田さんが一曲一曲、
一人一人の演奏を表現するために書き綴ってきた集大成。

ピアノコンクールで優勝を目指すコンテスタント達。
無名の謎の蜜蜂王子、突然舞台から去った元天才少女、楽器店店員28歳の高島明石、そして元天才少女の幼なじみのマーくん。
みんな素敵で、みんなを応援したくなる。

最初、表紙を捲ると推薦状と書かれている。
ユウジ・フォン=ホフマンって誰?
読んでも意味が分からないので、さらに分かりづらい目次が続き、いよいよエントリーを読む。
ここで初めて推薦状とユウジ・フォン=ホフマンが重要な意味を持つ事を知る。
一次予選、二次予選、三次予選そして本戦。
それぞれの予選の演奏、結果にハラハラドキドキしながら読むのが楽しい。
そして一曲一曲を描く恩田さんの表現に体が宙に浮かんだり天に昇ったり幸福な気持ちにさせられる。
4人のコンテスタント達がそれぞれの演奏に進化され、
そして同時に共演している。
この本から世界中に音楽が溢れ出して来るようです。
長編だが読むのを止められず、いつまでも読んでいたい一冊。
私の今年のベスト。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する