サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権(岩波新書 新赤版)
経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権(岩波新書 新赤版) 経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/20
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/210p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431622-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権 (岩波新書 新赤版)

著者 佐和隆光 (著)

経済学にくわえて、文学・哲学・歴史学・思想史を学び、経済学を水面下で支える思想信条に基づく批判精神を培う。思考力・判断力・表現力を鍛えるためにモラル・サイエンスとしての経...

もっと見る

経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権 (岩波新書 新赤版)

842(税込)

経済学のすすめ-人文知と批判精神の復権

842 (税込)

経済学のすすめ-人文知と批判精神の復権

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

経済学にくわえて、文学・哲学・歴史学・思想史を学び、経済学を水面下で支える思想信条に基づく批判精神を培う。思考力・判断力・表現力を鍛えるためにモラル・サイエンスとしての経済学がいかに役立つのかを解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

古典の英知にふれ、理論の思想構造を見究める。これから経済学を学ぶ人、学びなおす人へ向けて語る。【本の内容】

著者紹介

佐和隆光

略歴
〈佐和隆光〉1942年和歌山県生まれ。東京大学経済学部卒業。滋賀大学特別招聘教授、京都大学名誉教授。専攻は計量経済学、統計学、環境経済学。著書に「日本経済の憂鬱」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

理系も文系を勉強しましょう

2017/03/10 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:settto - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は理系出身でエンジニアの端くれで、いわゆる大企業の管理職です。すでに不惑を超えた現在、本の好みが変わってきているのに気づきました。昔はビジネスエリートを目指し、カーネギーやドラッカーといったハウツーもの、小説であればビジネス系の小説を読んでいましたが、今は歴史物や四書、あるいは純文学などが面白くなってきた自分に気付きました。
それは、社会の中で立派な方々というのは間違いなく人としての器が大きい。それはどこから来ているのか、いろんな先輩に習ってきましたが、間違いなく本を読んでいます。それは自身の哲学を築くためにビジネス系のものではなく、本書でも勧めている人文知を豊かにする本です。
理系も人文知を、文系も理系の知識を、と勧める本書は、いろんな視点を提供してくれる良書だと思います。ぜひおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/09 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/02 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/18 01:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/28 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/06 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む