サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権(岩波新書 新赤版)
経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権(岩波新書 新赤版) 経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権(岩波新書 新赤版)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/20
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/210p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431622-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権 (岩波新書 新赤版)

著者 佐和隆光 (著)

経済学にくわえて、文学・哲学・歴史学・思想史を学び、経済学を水面下で支える思想信条に基づく批判精神を培う。思考力・判断力・表現力を鍛えるためにモラル・サイエンスとしての経...

もっと見る

経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権 (岩波新書 新赤版)

842(税込)

経済学のすすめ-人文知と批判精神の復権

842(税込)

経済学のすすめ-人文知と批判精神の復権

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

経済学にくわえて、文学・哲学・歴史学・思想史を学び、経済学を水面下で支える思想信条に基づく批判精神を培う。思考力・判断力・表現力を鍛えるためにモラル・サイエンスとしての経済学がいかに役立つのかを解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

古典の英知にふれ、理論の思想構造を見究める。これから経済学を学ぶ人、学びなおす人へ向けて語る。【本の内容】

著者紹介

佐和隆光

略歴
〈佐和隆光〉1942年和歌山県生まれ。東京大学経済学部卒業。滋賀大学特別招聘教授、京都大学名誉教授。専攻は計量経済学、統計学、環境経済学。著書に「日本経済の憂鬱」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

理系も文系を勉強しましょう

2017/03/10 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:settto - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は理系出身でエンジニアの端くれで、いわゆる大企業の管理職です。すでに不惑を超えた現在、本の好みが変わってきているのに気づきました。昔はビジネスエリートを目指し、カーネギーやドラッカーといったハウツーもの、小説であればビジネス系の小説を読んでいましたが、今は歴史物や四書、あるいは純文学などが面白くなってきた自分に気付きました。
それは、社会の中で立派な方々というのは間違いなく人としての器が大きい。それはどこから来ているのか、いろんな先輩に習ってきましたが、間違いなく本を読んでいます。それは自身の哲学を築くためにビジネス系のものではなく、本書でも勧めている人文知を豊かにする本です。
理系も人文知を、文系も理系の知識を、と勧める本書は、いろんな視点を提供してくれる良書だと思います。ぜひおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/09 00:04

投稿元:ブクログ

経済学を学んでいる、あるいは学びたい人には是非読んでもらいたい本。
特に第2章と第3章は必読でしょう。

2017/02/02 22:46

投稿元:ブクログ

英語で論文を書かないと引用されない=評価が上がらない。

学徒出陣は文系学生が対象だった。文系の出願者は激減した。彦根高等商業学校は高等工業へ変身した。戦後、彦根経済専門学校に戻った。

アメリカの徴兵制は誕生日による抽選だった。

全体主義国家は理工系が出世する。民主主義国家は、批判力、表現力が優れている文系が優位になる。

アダム・スミス、ケインズの著作、
ガルブレイス「豊かな社会」「不確実性ん時代」
フリードマン「選択の自由」
スティグリッツ「世界の99%を貧困にする経済」
ピケティ「21世紀の資本」
アトキンソン「21世紀の不平等」
セン、クルーグマン、シラー
これらが古典。

学内民主主義があることが、企業体と違うところ。

地方の私大は、公立大学法人化が生き残る道。

法科が事務官に多いのは、弁が立つから。カラスが白い、と言えなければ一人前の官僚とはいえない。

スティーブ・ジョブズ「人文知と融合した技術」が大事。

マクロ・ミクロ・計量経済学の知識を身につける。
現代の古典を読む。
不確実性の時代と選択の自由。

数学による表現が横行したため、数学の僕と化した。

見えざる手の存在を数学的に証明することが50年台の最大の関心事だった。

マルクスの予言が裏切られたのは、ケインズの教えに従い、社会福祉政策を実行したから。

宇沢弘文「自動車の社会的費用」
森嶋通夫「思想としての近代経済学」

経済学を科学と信じる学者
カールホバー「歴史主義の貧困」
トーマス・クーン「科学革命の構造」

2016/12/18 01:52

投稿元:ブクログ

経済学について、読むだけでわかり、かつアメリカ、ヨーロッパ、日本の経済学の状況についてとても詳しく書かれている。
 大学で経済学を学ぶための入門にふさわしい。

2016/10/28 18:25

投稿元:ブクログ

佐和隆光『経済学のすすめ――人文知と批判精神の復権』

※『経済学とは何だろうか』(岩波新書黄版, 1982年)も再刊。

【版元】
■新赤版 1622
■体裁=新書判・並製・カバー・224頁
■定価(本体 780円 + 税)
■2016年10月20日
■ISBN 978-4-00-431622-0 C0233
 経済学の古典の英知にふれて思考力・判断力・表現力をみがくこと.新古典派とケインズ派双方の理論を支える思想構造の差異を見究め,批判精神を培うこと.これから経済学を学ぶ人,学びなおす人に大切なのはこの二つだ.数学の僕と化した現在の経済学に警鐘をならす.ロングセラー『経済学とは何だろうか』の続篇的一冊
<https://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-431622>

2016/11/06 16:49

投稿元:ブクログ

世界大学ランキングで100位以内に入る日本の大学は東大と京大だけ。評価基準は教員1人当たりの学生数とか留学生の数とかいろいろあるようですが、論文引用回数の平均値が大きいよう。で、問題は英語論文でないとカウントされないということ。理系学部の先生は英語で論文を書くのは当たり前だけれど、文系はそうでもないみたい。そこで、文科省は考えた。大学のランキングを上げるには、理系の学部を充実させ、文系は削っていくこと。それは猛反発が出るでしょう。本書もそんな流れで急遽書かれた。「全体主義国家は人文社会知を排斥する。人文社会知を排斥すれば全体主義国家となる。」という命題を著者は挙げている。自由主義と民主主義を守るには「人文知と批判精神の復権」言い換えると「モラルサイエンスとしての経済学の復権が必要」。文科省が言うところの学力の3要素の1つ「思考力・判断力・表現力」を研ぎ澄ます最短の近道は「モラルサイエンスとしての経済学を学ぶこと」。やっぱりピケティは読まんといかんかなあ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む