サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱(中公新書)
応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱(中公新書) 応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 112件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/20
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102401-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

著者 呉座勇一 (著)

室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱。なぜ勃発し、どう終結に至ったか。長期化した理由とは。高い知名度とは対照的に、実態は十分知られてい...

もっと見る

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

972(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱。なぜ勃発し、どう終結に至ったか。長期化した理由とは。高い知名度とは対照的に、実態は十分知られていない日本史上屈指の大乱を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

室町後期、京都を戦場に繰り広げられた内乱は、なぜあれほど長期化したのか。気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解く。【本の内容】

室町後期、京都を戦場に繰り広げられた内乱は、なぜあれほど長期化したのか。気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解く。【本の内容】

著者紹介

呉座勇一

略歴
〈呉座勇一〉1980年東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。専攻は日本中世史。国際日本文化研究センター助教。「戦争の日本中世史」で角川財団学芸賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー112件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

応仁の乱

2016/11/04 20:19

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iwasabi47 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著『戦争の日本中世史』で終盤一気に叙述されていた応仁の乱。こちらでは当該政治史の再検討と同時代の興福寺の二人の僧に残した日記から視点から成り立っている。自己利益から二つに割れていた大和の衆徒・国民達が外部の勢力に翻弄されると団結するところで書物が終わるが、まさしく『一揆の原理』(未読)なのかなと。防御兵器(堀・楼の発達)が戦争を長引かせたとの説は館から城の変化なのか。この続きとして『天文法華一揆』読み直して見た。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アプローチのユニークさ

2016/11/07 22:20

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るしあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著の評価が高かったので、期待して購入しましたが、期待以上の素晴らしい作品でした。応仁の乱を取り上げた本はいくつか読んでいますが、大和国守護としての役割をもった興福寺、その国衆からのアプローチはユニークで、とても感心させられました。僧侶の日記はこれまでも取り上げられているはずですので、ある意味オーソドックスな研究手法なのかもしれませんが、応仁の乱に関する一般向けの本ではこのような紹介はなかったように思います。これまでの人物評にとらわれず、冷静かつ多角的に登場人物を描く著者の筆致に感銘を受けます。室町時代ファンとして大満足の作品が1つ増えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有名な事件ですが、それをどれほど知っているのか、がわかる。

2016/11/29 12:12

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「応仁の乱」といえば、だれもが知っている日本史上の事件。日本史の先生には「今の日本につながっているのは応仁の乱以降だ。」と言われたり、京都の人が「先の大戦」といえば応仁の乱を指す、と言われたりする割には、その構造をどれだけ知っているのか、というのは、心もとなかったりする。最新の成果も組み込みながら、新書というスタイルで描いているところがすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

複雑怪奇な大乱の全貌

2016/12/23 01:57

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

教科書には必ず載っているが、詳しくその内容を説明できる人はほとんどいない応仁の乱の姿を描いた良書。
利害関係が調整できずにズルズルと長引く戦乱に、将軍として意外にもその役割を果たそうとする足利義政などストーリー性のある内容だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外と知らない

2017/01/03 16:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅんべぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

応仁の乱の裏側(実は表側なのかもしれない)をわかりやすく一般人向けに解説してくれています。前回の下剋上の話といい、わかりやすい。
これが真実かどうかは個々人の検討が必要です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なるほどと思える

2017/01/19 01:05

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

応仁の乱という、ほとんどの人が知っているけれども、その詳細はよく知らない歴史上の大事件の詳細を知ることができる本。その発生原因から、長期化した理由、その混乱の意味などが、分かりやすく書かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜか大ヒット中の話題の一冊です

2017/03/31 11:19

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aratakadowaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

興福寺大乗院門主の視点から見た応仁の乱、という建てつけになっていて、京都でのいわゆる教科書的な応仁の乱の説明と共に、それとリンクする奈良の国衆の動き、門主の座を巡る暗闘など、さまざまなサブストーリーが絡み合う中世の空気感を感じることができるテーマを扱いながら、新書らしくちゃんとわかりやすくもなっています。なぜ大ヒットになっているのかはよくわかりませんが、歴史好きの人にはオススメの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

国盗りの始まり

2017/05/12 11:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

応仁の乱という、将軍の権威の失墜による幕府内の権力闘争を側で見ていた坊さんの視点で見てみましたといった体なのだが、何故本書がベストセラーとなったかまでは理解できなかったことが誠に残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

応仁の乱の歴史的意義が分かったような気がします

2017/05/14 14:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

応仁の乱はなぜ起きて、何を残したのか。終章にコンパクトにまとめてあります。
 つまり、畠山義就の上洛が引き金を引き、山名宗全の介入で、武士の面子を失った細川勝元との全面戦争となりました。さらに多数の大名を各々の陣営に引き込んだ結果、戦局は泥沼化。足利義政の無定見が戦乱に拍車をかけ長期化します。最終的には西軍がなし崩し的に解散し、1477年に形の上では終結しますが、局地戦はこの後もダラダラと続きます。結局、応仁の乱は京都を焼け野原にしただけで、一人の勝者も生まず、参戦大名の没落と戦国大名の台頭を招いたのでした。

 とにかく登場人物が多くて、本の序盤で危うく挫折しそうになりました。そこで、細かな点は頭に入らなくても気にせずに、主要人物(畠山氏、将軍、山名と細川等)の動きだけは押さえながら読み進めました。諦めずに最後まで読んで良かったです。応仁の乱の歴史的意義が分かったような気がします。終章の末尾に書いてありますが、戦乱の時代をしたたかに乗り切り、詳細な記録を残した経覚と尋尊のお陰で、応仁の乱の詳細な経緯を知ることができました。
 視聴率は取れずとも、畠山義就あたりを主役にした大河ドラマを作ってほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しいなあ

2017/05/14 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題のベストセラーだったので手にしたのですが、少々期待外れ。私にやはり難しい内容でした。途切れ途切れに読んだことが原因かもしれません。悔しいので機会があれば、日本史の教科書を横に置きながら、もう一度読み返してみたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まあまあ

2017/05/26 05:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろけぱん - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題の本であるとのことで購入しました。
何か新しい視点なり資料なりを期待しておりましたが、いい意味で期待を裏切るものではありませんでした。(まあ普通ですかね)
通常何度か読み返しますが、その気持ちも起こらないため★3としました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み応えあり

2017/06/13 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZATO - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本で義務教育を受けた人であれば、誰もが名前くらいは聞いたことがあるであろう「応仁の乱」。しかし、戦国時代の契機になったということ以外はほとんど知られてない。そんな「応仁の乱」について、その前後の経緯も含めて詳細に記したのが本書です。
奈良の興福寺の二人の僧侶の記述を基本に据えつつ、多くの登場人物、その立ち位置や関係性の変化などを丹念に記述している本書は、新書版にもかかわらず読み進めるのに根気が入り、読み応えがあるとも言えます。
読み進めるに連れ、その全体像が繋がっていき、「応仁の乱」の歴史上の位置付けも明らかになってきます。少なくとも日本史ファンであるなら、ぜひ手に取ってみたい1冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あまり新鮮味はないが

2017/06/21 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「室町の王権」のほうが個人的には面白かったが、こっちはかなり売れている様子。大和の国の国人が戦国時代のきっかけだったという認識でいいのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

丁寧に

2017/08/14 16:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

尋尊・経覚というふたりの僧の視点を中心に、
乱れに乱れた乱を丁寧に切り取った作品。

その後、乱が直接的に及ぼした影響まで収録しているので、
勉強になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京都人の言う所の「この間の戦争」ーーー応仁の乱

2017/08/15 03:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都人の言う所の「この間の戦争」ーーー応仁の乱。 どうやら、この当たりから、近代の我々に繋がっていく「文化的」な歴史の始まりが有るようだ。 建築、人名、食、その他、今の暮らしの中の「日本文化」と言われてるものが、出て来たようだ。 これは、私が勝手に考えている事だが(よって、あまり強い根拠は無い)関西の人の「気質」の一部分を、この「乱」が浮き彫りにしたのでは? と思っている。ーーーただし、あくまでも「一部分」。
 なにせ、歴史研究者の磯田氏をして「戦国時代」だけはやりたくないと、仰っていたのにも関わらず、ついにNHKで、おやりになられた「応仁の乱」ーーーーーそれだけ、ややこしいのだ、この時代は。
 ここで、名言を紹介するーーー「恋と、戦争は何でも有り」。
 だから本書は、ゆっくりと読める、暇な時に、少しづつ読むのがいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む