サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

紫匂う(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293435-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

紫匂う (講談社文庫)

著者 葉室麟 (著)

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太と、その妻・澪。そして、澪とかつて一度だけ契りをかわした、側用人の笙平。黒島藩を揺るがす政争の嵐の中、3人の想いは交錯する…。日...

もっと見る

紫匂う

税込 778 7pt

紫匂う

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.6MB 無制限
Android EPUB 3.6MB 無制限
Win EPUB 3.6MB 無制限
Mac EPUB 3.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太と、その妻・澪。そして、澪とかつて一度だけ契りをかわした、側用人の笙平。黒島藩を揺るがす政争の嵐の中、3人の想いは交錯する…。日本人の心性を問う時代小説。【「TRC MARC」の商品解説】

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。すれちがいの暮らしを送る澪の前に、一度だけ契りをかわした男・笙平があらわれる。側用人にまで出世したかつての想い人との再会に、澪の心は揺れる。今、ここで、心のままに生きられたなら――。直木賞作家が描く、人妻の恋。日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。全国17紙に掲載された大人気連載!


義か情か。武士の妻の選ぶ道とは?

刀や槍を持たない女たちの武器は、愛であり、矜持であり、信念である。-大矢博子(書評家)

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。すれちがいの暮らしを送る澪の前に、一度だけ契りをかわした男・笙平があらわれる。側用人にまで出世したかつての想い人との再会に、澪の心は揺れる。今、ここで、心のままに生きられたなら――。直木賞作家が描く、人妻の恋。日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。全国17紙に掲載された大人気連載がついに文庫化!【商品解説】

著者紹介

葉室麟

略歴
1951年、福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者などを経て、『乾山晩愁』で第29回歴史文学賞受賞しデビュー。2007年、『銀漢の賦』で第14回松本清張賞受賞。2009年、『いのちなりけり』で第140回直木賞候補。『秋月記』で第22回山本周五郎賞および第141回直木賞候補。2010年、『花や散るらん』で第142回直木賞候補。2011年、『恋しぐれ』で第145回直木賞候補。2012年、『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞。本書と同じ九州豊後・黒島藩を舞台にした作品に『陽炎の門』『山月庵茶会記』がある。著書には他に『春雷』『蒼天見ゆ』『はだれ雪』『神剣 人斬り彦斎』などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

蔵太の懐深さに感銘。

2019/02/05 09:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:satonoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

解説にもありましたが、「目を覚ませ」と澪に何度言いたくなりながら読んだことか。
結婚前に一度契りを結んだとはいえ、澪がついていく相手は笙平ではなく蔵太なのに。
蔵太が澪の何もかもを受け入れて見守ってくれているというのに。
笙平には彼の人生があり、澪は遠くで笙平の幸せを祈れば十分なはずなのに。
今回の騒動を通してやっと澪は自分の心がどこにあるのかがわかったようでした。
読んでいると澪に対して腹立たしくなることもありましたが、恋に限らず日常のことで、人は戸惑い、道を踏み外しそうになることがあるのだ…私もそうなのだ、と、思えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明快

2017/11/17 01:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒島藩の2冊目。

「蜩ノ記」「陽炎の門」と違って、
誰が希望で、何が救いかが分かるシステム。

やっぱり読んでいて、
登場人物と一緒に同じ方向を違わず向けるというのは、
すごく楽というか、スッキリ読める。

思ったより殺陣のシーンが多かったのは、
無駄な殺生が多いな、という気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タクタク読み

2016/11/05 16:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たくちゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

初恋の男が、藩内抗争に巻き込まれ逃亡し、夫と主人公の人妻・澪が3人で対決するストーリー。
人妻・澪の心の揺れ、夫・蔵太の誠の愛情。妻として母として女として対峙する主人公・澪…

また、主人公・澪と蔵太らの子供と祖父母とのやり取りが本書の肝でしょう…家族が信じて…力を合わせて守る…紫草が見ている…

こんな家族愛。イイですね…○です…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/07/25 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/05 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/12 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/19 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/19 02:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。