サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1018-22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

一汁一菜でよいという提案
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 118件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/07
  • 出版社: グラフィック社
  • サイズ:21cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7661-2954-0

紙の本

一汁一菜でよいという提案

著者 土井善晴 (著)

一汁一菜とは「ご飯、味噌汁、漬物」を原点とする食事の型。料理研究家・土井善晴が、心地よい場所に帰ってくる生活のリズムをつくる柱となる、一汁一菜という日本人としての「生き方...

もっと見る

一汁一菜でよいという提案

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一汁一菜とは「ご飯、味噌汁、漬物」を原点とする食事の型。料理研究家・土井善晴が、心地よい場所に帰ってくる生活のリズムをつくる柱となる、一汁一菜という日本人としての「生き方」を提案する。【「TRC MARC」の商品解説】

和食伝統の食事の形を通して土井善晴が現代の食を考える。【本の内容】

著者紹介

土井善晴

略歴
〈土井善晴〉1957年大阪生まれ。料理研究家。おいしいもの研究所を設立。命を作る仕事である家庭料理の本質と、持続可能な日本らしい食をメディアを通して提案。著書に「おいしいもののまわり」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー118件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

背中を押してもらった感じ

2016/11/21 19:56

21人中、21人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事で日々いそがしい。でも、きちんと料理をしたい。出来合いのものよりは、家で自分の作ったものを家族と食べたい。
健康のためには1日30品目以上食べるのがよいという。けど、共働き世帯の平日の夕食の支度に、そんなの無理・・・。
と日々の食事の支度にモヤモヤを抱えていました。
そして、40歳を過ぎて、ごはんとお味噌汁の食事を体が求めるようになってる気がしていたのです。
こんな意気込まない自然な食事でいいんだ~、とスッキリしました。
仕事の帰り道、料理の献立をあれこれ考えるのは少しストレスでしたが、お味噌汁の具を何にするか、くらいだと気軽で楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分軸を取り戻せた一冊

2017/02/09 21:50

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TH - この投稿者のレビュー一覧を見る

献立の品数や見た目に悩むくらいなら、日々の食事は一汁一菜で、って少し断捨離っぽいと思いました。SNSの見栄えや、何品目摂取というような他人軸の発想から、「家族のため、自分のために」っていう気持ちや、各家庭で大切にしたいお料理の基本に立ち返りましょう、っていう自分軸の発想に変われて、いいなって思います。「一汁一菜」の具体的内容は、わたしは家庭ごとに工夫すればいいと受け取ったので、みんなで自分が苦にならない、おいしくて体に良い「一汁一菜」を作れるようになったら、生活に笑顔が増えるような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日々の食事は、ご馳走でなくともいいんだ!とココロを開放してくれた。

2017/11/14 22:51

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

味噌汁とごはんの一汁一菜で、日常食は良しっ!と、著名な料理研究家が言ってしまうって、革命的。実際、家庭の料理って、なんだかとんでもなく日常から遠いところに来てしまって、料理名のついた料理を作れないとダメみたいなマインドコントロールがあるかも。
そこを、すーっと解放してくれる一冊。そしてその先には、自分で作って自分で食べて、自分でカラダを整えるという清々しい日々がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

頑張らない生き方

2017/06/07 16:34

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tsz - この投稿者のレビュー一覧を見る

料理家土井善晴による、料理しないための料理本。多くの主婦(夫)が共働きで忙しい中、頑張ってごはんを作るという現状がある。それに対して頑張って多くの料理を作らなくても、作る人も食べる人も幸せになれるという方法を提案している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

祖たちの教え

2018/11/03 11:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amisha - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒトは飢餓の時期がうんと長かった。食べられるということ自体の大切さと、肩肘はらずに祖たちに習う姿を教わった気がします。土井先生の言葉に助けられた人たちがどれだけいることでしょう。洗米をしておくだけで、どんなに忙しくてもご飯を炊けるようになり、今まで何にこだわっていたんだろう?と思い返しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気楽に

2017/06/02 10:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

料理をするときはいろいろ考えていて意気込んで疲れてしまうことも多かったけど、少し肩の力を抜くことができました。良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一汁一菜はごはんの土台

2018/09/09 18:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎日のごはんを一汁一菜とするの考えがとてもいい。一汁一菜の食事が家で食べるごはんの土台というか、基礎に据える方針に強く賛同する。時間がなくても、元気がなくても、健康的で満足感のある食生活を実現するのはとても大切なことだ。

その一方で、「日本らしさ」と「愛情」を強調する姿勢には賛同できなかった。確かに、著者はプロの料理研究家だから、家庭料理の価値を思想や哲学の域にまで高め、文化的価値の創造を志向するのも分からなくはない。ただ、健康面の充実と経済的合理性を追求するの一介の家事労働者には、民族意識や情緒的な昂揚感ははっきり言っていらない。

私は個人的に、食事は世界とつながるとても太いチャンネルであると思っているし、マクロ的な経済システムを考える上でもとても重要だと思う。そして、長く蔑ろにされていたことだとも思う。でも、よいごはんづくりに必要なのは、民族意識でも情緒でもない。シンプルで合理的な強いシステムだ。頭をひねらなくても、スーパーの店頭に立ったら5分で献立が決まるごはんづくりが推進されていいと思う。特別な調味料を使わなくても、とびきりの調理道具がなくても、時間や手間をかけなくても、体と心が満たされるようなレシピが称揚されるべきだと思う。料理をおいしくするのはコツや秘訣ではなく、いい食材といい食器であるとだれか言ってくれ!

そんな気持ちで読みました。レシピはおかゆくらいしか載っていませんが、土井さんの一汁一菜の写真にはリアルな説得力があります。使い込まれた大振りのお椀と、押し麦ごはんが盛られたお茶碗が素敵です。添えられる小皿も味わい深いものばかりで、「くぅーっつ」と、うなってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

食事の基本を考える

2016/12/03 21:53

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arara - この投稿者のレビュー一覧を見る

栄養をしっかりとる!と一品でも多くテーブルに料理を並べようとしてきたけど、土井先生のこの本を読んでいて、やさしい言葉だからか、肩の力が抜けた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょうど良い

2016/12/29 18:26

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的にはいっぱいテーブルに色んな食べ物並べるよりもお盆に収まるくらいの方が食べ過ぎないし体の調子も良いなぁーと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気軽

2017/04/20 17:41

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

たくさんの、しなを並べて、なるべく色々栄養とらなきゃって、ところがありましたが、お味噌にいれて様々に沢山とる。気持ちが楽になる本でした、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎日の食事から

2017/06/10 07:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

シンプルなメニューののなかにも、食べる人の健康を気遣う優しさが感じられた。外食中心の食生活を改善していきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優しい

2019/08/31 11:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マルタン - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段の食事はごちそうでなくてもいい。
質素な方が体も頭も楽かもと、ちょっと気楽に考えられるようになった。
栄養摂らなきゃと頑張りすぎていたのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

食文化を見直す

2019/08/31 10:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto Rosenthal - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビでも人気の料理研究家・土井善晴氏が古来から伝わる「一汁一菜」という考え方を通して、現代の日本の食文化を見つめ直す一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何にやくだったのかというとわからないが

2017/11/29 14:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何に役立ったのかというとわからないが、毎日の献立に頭を悩ませている方には、味噌汁ともう一品、という力を抜いた、でもちゃんと体のことを考えた献立について考え直してみる機会を与えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほっとした

2017/06/24 02:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

土井先生のレシピが好きで、よんでみました。
1日30品目とかいろいろいわれてるけど、無理する必要ないんだなって。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。