サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 一汁一菜でよいという提案

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

一汁一菜でよいという提案
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/07
  • 出版社: グラフィック社
  • サイズ:21cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7661-2954-0
  • 国内送料無料

紙の本

一汁一菜でよいという提案

著者 土井善晴 (著)

一汁一菜とは「ご飯、味噌汁、漬物」を原点とする食事の型。料理研究家・土井善晴が、心地よい場所に帰ってくる生活のリズムをつくる柱となる、一汁一菜という日本人としての「生き方...

もっと見る

一汁一菜でよいという提案

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一汁一菜とは「ご飯、味噌汁、漬物」を原点とする食事の型。料理研究家・土井善晴が、心地よい場所に帰ってくる生活のリズムをつくる柱となる、一汁一菜という日本人としての「生き方」を提案する。【「TRC MARC」の商品解説】

和食伝統の食事の形を通して土井善晴が現代の食を考える。【本の内容】

著者紹介

土井善晴

略歴
〈土井善晴〉1957年大阪生まれ。料理研究家。おいしいもの研究所を設立。命を作る仕事である家庭料理の本質と、持続可能な日本らしい食をメディアを通して提案。著書に「おいしいもののまわり」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

背中を押してもらった感じ

2016/11/21 19:56

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事で日々いそがしい。でも、きちんと料理をしたい。出来合いのものよりは、家で自分の作ったものを家族と食べたい。
健康のためには1日30品目以上食べるのがよいという。けど、共働き世帯の平日の夕食の支度に、そんなの無理・・・。
と日々の食事の支度にモヤモヤを抱えていました。
そして、40歳を過ぎて、ごはんとお味噌汁の食事を体が求めるようになってる気がしていたのです。
こんな意気込まない自然な食事でいいんだ~、とスッキリしました。
仕事の帰り道、料理の献立をあれこれ考えるのは少しストレスでしたが、お味噌汁の具を何にするか、くらいだと気軽で楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分軸を取り戻せた一冊

2017/02/09 21:50

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TH - この投稿者のレビュー一覧を見る

献立の品数や見た目に悩むくらいなら、日々の食事は一汁一菜で、って少し断捨離っぽいと思いました。SNSの見栄えや、何品目摂取というような他人軸の発想から、「家族のため、自分のために」っていう気持ちや、各家庭で大切にしたいお料理の基本に立ち返りましょう、っていう自分軸の発想に変われて、いいなって思います。「一汁一菜」の具体的内容は、わたしは家庭ごとに工夫すればいいと受け取ったので、みんなで自分が苦にならない、おいしくて体に良い「一汁一菜」を作れるようになったら、生活に笑顔が増えるような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょうど良い

2016/12/29 18:26

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的にはいっぱいテーブルに色んな食べ物並べるよりもお盆に収まるくらいの方が食べ過ぎないし体の調子も良いなぁーと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

食事の基本を考える

2016/12/03 21:53

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arara - この投稿者のレビュー一覧を見る

栄養をしっかりとる!と一品でも多くテーブルに料理を並べようとしてきたけど、土井先生のこの本を読んでいて、やさしい言葉だからか、肩の力が抜けた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気軽

2017/04/20 17:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま - この投稿者のレビュー一覧を見る

たくさんの、しなを並べて、なるべく色々栄養とらなきゃって、ところがありましたが、お味噌にいれて様々に沢山とる。気持ちが楽になる本でした、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミソ汁と日本人の美意識

2016/11/24 10:56

27人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

「日本人の美意識」をメインテーマに、なんか、それをサポートする(と、著者が思った)エピソードとコメントを、ランダムに並べたって感じです。で、話題が思い込みから離れない。著者は有名な土井勝先生の息子さんだそうですが、やっぱり、ミソを食べ続けるのは考えもんですね。

ただ、マザーボーイの典型的な思考の表現です。ママが後ろでこまぎれに読んでて、コメントしてるんでしょう。

ちなみに、レストランにいって食事をするのは(仕事を除く)、お洒落な場所で美味しいものを楽しむためです。で、客の期待を理解してくれてるレストランを選びますよね。昔堅気のお寿司屋さんでは、「なんで店に人に怒られながら食べなあかんねん」と思ってたんで、回転寿司によく行ったもんです。でも、「日本人の美意識」は、頑固なお寿司屋さんです。

ということで、残念ながら、一汁一菜というよりは、ミソ汁のオハナシでした。もすこし、中身を見てから判断すればよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一汁一菜

2017/03/28 07:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅーくりーむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一汁一菜とは「ご飯、味噌汁、漬物」を原点とする食事の型。料理研究家・土井善晴が、心地よい場所に帰ってくる生活のリズムをつくる柱となる、一汁一菜という日本人としての「生き方」を提案する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/06 10:13

投稿元:ブクログ

単純に「らくをしましょう」ではなく、昔はこうして家族はこうで私はこうしてるんですよ、というプレゼンテーションは説得力あり、影響される。
そっかそっか手抜きではなく、機能的な発想を食事に応用だね!と、自分を許せる。なんてすばらしいのだ。
品数ではないからこそ、お米の扱いは正しくやりましょう、と実践の方法もやさしく教えてくれる。
土井先生の生ボイスにて、オーディオ化もお願いします!

2017/02/23 10:13

投稿元:ブクログ

土井さんの生い立ちの話やご両親のことなどをはじめ、食事のハレとケの話、

現在の日々の食事のお話、日常的に食べておられる食事写真など


ごはんと具だくさん味噌汁、香のものさえあれば日々の食事はOK
出汁を取らなくても、味噌を湯に溶かしさえすれば「味噌汁」になる
昨日の残りもの、あるもの、何でも味噌汁にすればOK
(実際に土井さんの日々の味噌汁写真ではベーコンとか入れてた)

時々1品増やすだけで「変化」「喜び」もある
(品数が多い時は味噌汁の具を減らす等の工夫を)

・・・


出汁入れなくても味噌汁として成立すること
出汁取り時間がなくて化学調味料や出汁の素入れる必要もない
味噌汁はもっと力を抜けば良いんだなということ

それをものすごく感じた1冊

読んだ後の晩ごはんは具だくさん味噌汁にしたくなる



これは「食」に関心がある人が手にとってしまうかもしれないが、



食べることに興味がない、けど家族の食事を作らないといけない人や
日々の料理がしんどいと思っている人
も読むと良さそう

ごはん(&家事)は嫁まかせ!な旦那様に読ませると良いかも

2017/04/04 10:36

投稿元:ブクログ

「ごはん、具だくさん味噌汁、漬物」を食事の基本とする。という提案。食事の用意が面倒だなとか、毎日同じような献立だ。と思っていたが、この本を読んで無理に頑張らずとも、この基本を守れば質の良い暮らしがおくれそう。ちょっとしたレシピも載っているが、「お湯に味噌を溶けばそれが味噌汁」という言葉に安心して何でも良いんだと気が楽になった。早速実践してみる。

2017/03/17 20:49

投稿元:ブクログ

温かく優しい一冊だった。

うちの母は料理嫌いな人だったし、わたしは朝ご飯は菓子パンがふつうという家で育った。当然、料理を教えてもらう機会などなかったし、家庭科で習った料理を家で作ろうとするのも嫌がられた。そんなわたしも、一人暮らしを始めてからは最低限の料理ができるようにがんばったけど、大学に入ったころは目玉焼きも本を見ながら作るありさま。苦手意識はずっと消えず、元夫にはおかずがワンパターンで飽きたと、作ったお弁当を捨てられる始末だった。

こうなると、ますます料理が苦手になるどころか恐怖になる。今、登山教室というところで時々食事担当を受け持っているけれど、面倒とかいう以前に実は恐怖のほうが大きかった。誰も食べてくれなかったらどうしよう。こっそり捨てられたらどうしよう。

実際はもちろんそんなことはなく、山では何でもおいしくて、恐怖心もすこしずつ消えてきた。誰かに食べてもらうということへの恐怖心が。肩に力が入りすぎていたかもしれない。

今は一人暮らしなので、毎日の食事もどんどん適当になっていた。でも、「適当」にもいろんな方向性があるんだなぁと。こんなふうに力を抜いていいんだなぁと。本当の意味で適当になっていけるように、もうすこし毎日の食事に気を配っていきたいなと思った。たとえ、自分だけが食べるごはんでも。

お手伝いさんのいるような家で育った母も、力の抜き方がわからないまま料理が嫌いになってしまったのかもしれないな。初めて、そんなふうに考えることができた。

まずは、おいしいお味噌を買ってこよう。

2017/01/12 16:52

投稿元:ブクログ

長年にわたって家庭料理とその在り方を研究してきた土井善晴氏が、現代にも応用できる日本古来の食のスタイル「一汁一菜」を通して、料理という経験の大切さや和食文化の継承、日本人の心に生きる美しい精神について考察します。
深い、深いなぁ・・・。最初は一汁一菜じゃ栄養バランス的にも無理だろうと思って読み始めたけれど、きちんと読むとそういう意味ではないと分かる。ご飯とお味噌汁が基本にあって、そこに「ケ」の料理を添えるということ。それだけで十分であるという内容に、今まで献立を考えるのが苦手でうんざりしていた自分がどれだけ呪縛にかかっていたか思い知る。もっと自由に、四季を楽しんで生きればいいんだ。そして他の食や文化を受け入れて、そこからまた変えればいい。日本人に生まれて良かったなあと心から思った。

2017/04/30 23:02

投稿元:ブクログ

 食事はすべての始まり。大切なことは、一日一日、自分自身の置き場、つまりは心地よい場所に帰ってくる暮らしのリズムを作ること。その柱になるのが、一汁一菜と言う食事のスタイルにあると説く。
 確かに、食べ飽きないものとは、ご飯とお味噌汁である。つまり、毎日食べても食べ飽きないものとは、自然が作る心地よさにある。人工的なものは、毎日食べたいと思わないだろうと。フレンチもイタリアンも、毎日食べたら飽きるはずだが、ご飯に味噌汁は決して飽きのこないものだ。忙しても、一汁を作ることが大切だ。
 そして、一菜とはおかずのこと。料理は愛情、その作る過程の音や匂い、これが幸せそのもの。食べることとは生きることである。だからこそ、ちゃんと作るとか肩肘張らなくてもいいよと言うメッセージがいたるところに溢れている。さいきんの若い人たちは、料理すると言うことさえなくなって、コンビニで味噌汁を買うようになってしまった。それ自体が時代の流れなのかもしれないが、健康になるはずもない。そして子供は、作ってくれたものなのか、買ってきたものなのか、わかっている。家庭料理は美味しくなくたっていいんだと。ずいぶん甘いような気がするけれど、自分が無理せずに、でも作ると言う行為を丁寧に、たいせつにできるギリギリの線が、美味しくなくたっていい、一汁一菜というもっとも少ない碗の組み合わせなんだと感じた。
 いつも家に帰ると、お味噌汁とおかずが一品、時には二品ある。ていねいに一日を過ごして、食にもしっかり気を使いつつ。リフレインのように繰り返されるので、わざわざ本にしなくてもと言いたくなるような内容ではあるが、その本質一つが身になれば良いと思える一冊だ。

2016/11/20 18:30

投稿元:ブクログ

確かに、なるほど、と頷けることばかりで・・・

家の普段の料理は、「ケ」の料理。
毎日を淡々と繰り返せるリズムで刻むべし・・・ということで、具沢山みそ汁とごはんという基本の組み合わせを提案されているんだけど、そう考えると毎日の料理が楽になるというか・・・肩から力が抜ける。
で、たまに、余裕があるときにごちそう、ということでいいんだなと。

ありがたい、ご「提案」でした。

2017/04/18 20:02

投稿元:ブクログ

とても美しい本。
食事がすべての基本かと思っているが、この本を読むと散らかった部屋を片付けたくなる、って、そんな凛とした、背筋が伸びるような気持ちになる佇まいを持っている本。

でも料理、日々の食事ということで著者の提案しているコトを実行すれば、実にシンプル。
手間は減ったのに、暮らしは丁寧になっていて、心は落ち着き、安心している。
そして、清々しい。
気持ちもアタマも、部屋も(苦笑)。

印象に残ったのは、「どうも脳というのは、身体と反対の方向を向いていることがあるように思います。この頃は『脳に騙されるな』、あまり脳を信じてはいけないと思っています」というところ。

身体の声と言うとなんだかチープな感があるが、脳でなく、身体に訊けば答えはみんな教えてくれる気がする。
何が美味しいとか、本当は何が心地よいか、とか。
病気も身体の声に沿って生活すれば、グンと減るような。

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む