サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

はじめてのサイエンス(生活人新書)
はじめてのサイエンス(生活人新書) はじめてのサイエンス(生活人新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/11
  • 出版社: NHK出版
  • レーベル: 生活人新書
  • サイズ:18cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-088500-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

はじめてのサイエンス (NHK出版新書)

著者 池上彰 (著)

ニュースの核心がスッキリ分かる! 現代人必須のサイエンス6科目、「物理」「化学」「生物」「医学」「地学」「環境問題」のエッセンスを講義形式で明快に説く、池上彰初の科学入門...

もっと見る

はじめてのサイエンス (NHK出版新書)

842(税込)
19%OFF 6/30まで

【期間限定価格】はじめてのサイエンス

通常 756

605 (税込)

【期間限定価格】はじめてのサイエンス

ポイント :5pt / 紙の本より237おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニュースの核心がスッキリ分かる! 現代人必須のサイエンス6科目、「物理」「化学」「生物」「医学」「地学」「環境問題」のエッセンスを講義形式で明快に説く、池上彰初の科学入門。「おとなの教養」の続編。【「TRC MARC」の商品解説】

いま、学ぶべきサイエンスとは何か?「物理」「化学」「生物」「医学」「地学」「環境問題」6科目のエッセンスを講義形式で明快に説く、池上彰氏初の科学入門。ニュースの核心がスッキリ分かる決定版!【本の内容】

著者紹介

池上彰

略歴
〈池上彰〉1950年長野県生まれ。慶應義塾大学卒業。NHKの記者やキャスターなどを経て、フリージャーナリスト。東京工業大学特命教授。著書に「見通す力」「おとなの教養」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

文系人間でも理解できる。

2017/01/01 18:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

わかりやすいニュース解説。わかしやすい本。
そんな池上氏という期待も有り、理科が苦手な文系男子(笑)の私が
読んでみようと思った本。

この本を読んで印象に残ったのは以下3点。

1.科学は疑うことから始まる。
2.仮説と検証を繰り返して真理に少しでも近づこうとするのが科学の営み。
3.仮説を立てるだけでなく、誰が実験しても同じ結果が出ないと実証
   したことにならない。

本書は6章に分けてテーマを取り扱っている。興味の有る部分だけ読んでも
支障が無い構成。

理科が苦手だけど興味がある方にはお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/08 19:15

投稿元:ブクログ

サイエンスというタイトルに身構える必要はない。
新聞に載っている理系的なことを丁寧に、いつもの池上さん口調で補足してくれる。
ただ、池上さん自身も、こと科学に関しては意見を言い切ることに躊躇するのだろうか、「遺伝子組み換え食品」に曖昧な意見しか書いていないのは残念だった。
「大躍進政策」については、はっきりと言い切っているのに。

2016/12/25 10:35

投稿元:ブクログ

毎度おなじみの入門編、池上彰がサイエンスをどう、きるかを期待してして、読みましたが、期待以上でした。

2017/01/29 10:14

投稿元:ブクログ

2016年10月刊。物理・化学・生物・医学・地学の各分野の話が、それとなく繋がっているところが面白い。

◆【引用メモ】どういう状況かわからない、何を言われているのか理解できないといった状態は、人をとても不安にさせます。(中略)専門家の人たちには、誰にでも理解できるように伝えることが求められるでしょう。(p.115)

◆DNAと遺伝子は同じなのか、違うのか。(中略)DNAとは物質名なのですね。(中略)このDNAの配列を遺伝子と呼ぶわけです。つまり遺伝子とは物質の名前ではありません。情報なのです。(p.134)

2017/01/03 19:10

投稿元:ブクログ

いわゆる文系が理系知識を抵抗なく知る本.文系の方向けにわかりやすい説明の参考になればと購入した(当方は理系).他の著者本に比べ,得られる表現は限りなく少なく感じた.

2016/10/18 12:36

投稿元:ブクログ

大学初年次に科学とは何かを考える資料として参考になると考える。特に原子力発電や核爆弾についての歴史は改めて整理でき勉強になった。

2016/11/21 22:34

投稿元:ブクログ

大人の教養という意味で知っておくべき科学
をいつものように著者がわかりやすく書かれて
ある内容。
物理学として、素粒子から原子力まで
化学として、水素エネルギー
生命学として、生命誕生。DNA・遺伝子の話
医学として、ips細胞をはじめ再生医療の話とウイルスの話
地学として、地震の発生メカニズムと火山噴火。地球のプレートの話。
それらを総合的に環境問題として、地球温暖化の話
ぜんぶで6つの話でした。

2017/04/09 21:48

投稿元:ブクログ

格差関連でベストセラーを出した池上先生による科学解説本。わかりやすいし、面白い。特に序章は感動した。科学とは何か、どう理解すべきかを語っていて、それは歴史的・哲学的な視点からも語られている。その後は物理、化学、生物学、医学、地学、環境問題について、かなり専門的な話をジャーナリスティックな各テーマ選択でかなりかいつまんで語られている。それでも原子力についてこんなに突っ込んだ話は自分でも初めて。原子力はあまり好きでは無いので自分には気分悪くなる位だった。他も期待通り、単に科学の視点でなく社会やニュースとの関連させて語られている。この人は文系とのことである。しかし専門外と思われる分野についてとにかく良く調べるものだと感心する。

2016/11/20 20:29

投稿元:ブクログ

学校の勉強なんて、社会に出て役に立たない。
文系に進むから、理系の勉強なんていらない。

そんなことを言ってる人に、手に取って読んでもらいたい。科学の話を身近な話題や社会問題とつなげて説明されているから、ある種の「危機感」をもって、サイエンスの話も他人事ではなく、勉強することができる。
今後のサイエンス関連のニュースを、見る目が変わる気がする。おすすめの一冊です。

2016/12/23 14:35

投稿元:ブクログ

”サイエンス”としては浅い。
教養や雑学程度なら適してる。
第一次世界大戦終結の理由をスペイン風邪と断言するのはいただけない。

2016/10/14 20:44

投稿元:ブクログ

科学とは疑うことから始まります。

というサブタイトルのついた池上さんの本、読んでみました。

正直、分子、原子、原子核、素粒子なんて言葉が出てきて
学生のころ何一つ理解できてないお馬鹿さんな自分には敷居が高かったですね

分かりやすく説明されているとは思いますが
土台が違いますからね

群を抜いてお勉強できなかった自分には、やっぱり難しいです。

ではなぜこの本を買ったのか?

それは、知りたかったから。

興味はあるんです。

今、学生に戻れるなら勉強したいですね。
当時は考える力はゼロだもんね…

しかし、この本を読んでひとつ謎が解けましたよ!

それは、環境ホルモンについて

なんで、あれほど騒がれてた環境ホルモン問題が
今は名前すら出ないのか、ずっと不思議だったんです。

この本によると

環境ホルモン
正式には内分泌撹乱物質
生物の体がホルモンと勘違いしてしまい、オスのメス化が起きるなどという問題だったけど、
1998年に環境庁が研究を開始し
多くの物質は哺乳類には影響を及ぼさないことが判明。

そうだったんですね、安心しました。

それと、関係ないけど
214ページの2行目

ところ調査結果は、じゃなくて
ところが調査結果は、の間違えではないかね?

2017/06/01 23:21

投稿元:ブクログ

‹内容紹介より›
科学とは「疑うこと」からスタートします。
そこから仮説が立てられ検証されることで、さまざまな発見に結び付き、歴史を動かし、私たちの生活を大きく変え、そして未来をも左右していきます。
核兵器から原発、水素エネルギーから再生医療、首都直下地震から地球温暖化まで、世の中のことをしっかり把握できたとき、あなたはアルキメデスのように「やったぜ!」と思い、満足感を得るかもしれません。


ーーー
いままで、あまり深く考えてこなかった「科学的思考」とは何か、ということがわかりやすく書かれている。
文系の人間でも、「こういうことは理解しておいたほうがいいですよ」という基準が明確で読みやすい。
例えば「降水確率30%」というのは、同じ形の気圧配置になったら100回のうち30回は雨が降るという過去のデータがあります、ということだったり、「DNA」というのは「デオキシリボ核酸」という物質の名前で、「遺伝子」というのは「DNA上に記録されている情報」のことである、という知識だったり。
「劣化ウラン弾」のしくみや戦車の装備から「戦争の本気度」がわかる、という話や東日本大震災のときに情報が錯綜したことなど、ジャーナリストならではの分析も。

特に文系人間がやりがちな「相関関係」と「因果関係」の取り違えに注意したい、という話は身につまされる思いがしました。
「朝ごはんを食べる生徒は学力が高い」かもしれないけれど、「朝ごはんを”食べると学力が上がる”」という因果関係は証明されていない、という話。
なるほど、と思います。

他にも、中華料理に使われる「八角」というスパイスから「タミフル」が開発された、という話や、地球温暖化で海面上昇の原因となるのは南極大陸の氷が溶けだすことよりも海水自体の温度が上がることで水の体積が膨張することだ、ということなど、トリビア的な情報も満載です。

2016/12/14 20:32

投稿元:ブクログ

①物理
②化学
③生物
④医学
⑤地学
⑥環境問題
6項目に分けて、池上さんがわかりやすく解説してくれています。でも、やっぱり専門的なことは難しすぎてわからなかったです(笑)。
他にも、色々な科学の本を読んでみよう。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む