サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2016/10/21
  • 出版社: クレヨンハウス
  • サイズ:29cm/49p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-86101-330-0
絵本

紙の本

みつけてん

著者 ジョン・クラッセン (作),長谷川 義史 (訳)

ふたりづれのかめが、帽子を見つけました。でも、帽子はひとつだけ。ふたりとも帽子をかぶることができるでしょうか? 絵本作家・長谷川義史の大阪弁翻訳絵本。【「TRC MARC...

もっと見る

みつけてん

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ふたりづれのかめが、帽子を見つけました。でも、帽子はひとつだけ。ふたりとも帽子をかぶることができるでしょうか? 絵本作家・長谷川義史の大阪弁翻訳絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

ふたりづれのかめが、ぼうしをみつけました。でも、ぼうしはひとつだけ。「ぼくら ふたりやのになぁ。」果たして、ふたりはぼうしをかぶることができるのでしょうか? 人気絵本「どこいったん」「ちがうねん」につづくジョン・クラッセンの帽子シリーズ、ついに完結! 長谷川義史さんの大阪弁の名訳が冴えわたる待望の新作です!【本の内容】

著者紹介

ジョン・クラッセン

略歴
〈ジョン・クラッセン〉1981年カナダ生まれ。絵本「どこいったん」で2011年ニューヨーク・タイムズベストセラー、ドクター・スース賞オナー賞などを受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

なあなあ、はよ、読んでや。

2017/01/15 08:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉とは、なんとも面白い。
 ジョン・クラッセンの人気シリーズ第3弾となったこの作品の原題は「WE FOUND A HAT」。それが長谷川義史さんが訳すと、「みつけてん」。
 気分が躍り出すようなわくわく感が生まれる。
 それは本文の訳でもそうで、それはこのシリーズの特長にもなっているのだが、関西弁のなんともいえないもっそり感が、主人公の二匹のカメには似合っている。
 「かっこええで」とか「ねよか」なんて具合に。

 お話は二匹のカメが帽子を見つけるところから始まる。
 ところが、帽子はひとつ。
 カメは繰り返すが、二匹。
 「どっちか かぶったら、どっちか かぶられへんなぁ。そんなん あかんなぁ」となる。
 そこで二匹はこの帽子を「みつけんかった」ことにして、帽子から遠ざかる。
 でも。
 気になる。

 夕日を見てても、考えるのは帽子のこと。
 寝ても、帽子が頭から離れない。
 一匹のカメは相手のカメが寝たことを確かめて、そろりと。
 でも。
 もう一匹のカメは自分が見ている夢を実況中継。
 どんな夢?
 それはこの絵本を読んでみて下さい。

 この絵本は関西弁が大好きな人に読んでもらうと気分がでるやろな。
 そしたら、めちゃうれしんちゃうか。
 なあなあ、はよ、読んでや。
 読者まで関西弁にしてしまう、この絵本は強力でっせ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大阪弁

2019/03/02 12:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだか、大阪弁だとほんわかしてしまいました。
カメさんが横目でものほしそうに帽子を見ているイラストもかわいらしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カメの友情

2016/11/14 21:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2匹のカメがひとつの帽子をみつける。どちらも帽子が欲しいけれど、一つしかないので、あきらめようとする。とはいいながら未練もあり、お互い相手の様子をうかがってすきをついてわがものにと思ったりもする。心の葛藤を表わすカメの目線が絶妙。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シュールです

2019/01/04 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウッドチャック - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゆるい雰囲気の絵本で、「どこいったん」と同様息子のお気に入りです。
不思議な空気感でとても楽しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カメ

2016/11/19 06:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主役を亀にしたところがよかったのかなと感じる作品です。ほのぼのしながらも亀の友情が共感できる部分などもあり良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/12/12 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/01 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/07 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/21 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/29 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/26 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/27 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/09 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/28 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/20 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。