サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

手塚治虫表紙絵集(玄光社MOOK)
手塚治虫表紙絵集(玄光社MOOK) 手塚治虫表紙絵集(玄光社MOOK) 手塚治虫表紙絵集(玄光社MOOK)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/31
  • 出版社: 玄光社
  • レーベル: 玄光社MOOK
  • サイズ:30cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7683-0789-2
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

手塚治虫表紙絵集 (玄光社MOOK)

著者 手塚 治虫 (著),森 晴路 (監修)

手塚治虫は自作が単行本化される際、その表紙の大半を自ら手がけた。手塚自身が描いた表紙を網羅するとともに、これまでの作品集未掲載の「ふろく」や雑誌の表紙など、貴重な図版を1...

もっと見る

手塚治虫表紙絵集 (玄光社MOOK)

3,240(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

手塚治虫は自作が単行本化される際、その表紙の大半を自ら手がけた。手塚自身が描いた表紙を網羅するとともに、これまでの作品集未掲載の「ふろく」や雑誌の表紙など、貴重な図版を1800点以上収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

手塚治虫が手がけたすべての表紙絵が一冊に!

手塚治虫がこれまで手がけた表紙絵すべてを集めた初の表紙絵集。
戦後間もない頃の初期作品から晩年の作品まで、単行本、雑誌表紙、各種全集はもちろんのこと、雑誌付録やレコード、カレンダー、他の作家のために描いた書籍カバーまで、ありとあらゆる表紙絵およそ1,200点を収録した決定版!


《本書の内容》
時系列による表紙絵紹介
インタビュー 江口寿史(漫画家)、祖父江慎(ブックデザイナー)、菊池亜希子(女優・モデル)【商品解説】

著者紹介

手塚 治虫

略歴
〈手塚治虫〉1928〜89年。大阪府生まれ。大阪大学医学専門部卒業。医学博士。日本のストーリー漫画の確立に尽くす。作品に「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「火の鳥」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

絵師としての才能に絞って眺めることができる手塚治虫の画集

2016/12/24 18:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

手塚治虫マンガ家デビュー70周年だそうで。
すでに亡くなって30年近く経つが、今なおマンガの神様として様々なところで取り上げられ、作品も読み継がれているわけだが、新作が出るはずもなく、だんだんと既成のものの使い回しが多くなってきたように思っていた今日この頃だが、この画集(?)は違う。
手塚治虫のたくさんある作品を主に単行本の表紙・カバーを主題として取り上げているなんていうのは、これまでになかっただろう。そこに目を付けた手塚プロダクション資料室室長だった森氏はさすがと言うしかない。
そして、これを眺めていると改めて手塚治虫という人が、マンガと言うフォーマットを得て美しく描くことが出来る人だったのだということがわかる。単に絵がうまいとかそういうことではない。マンガとしてよく出来ているし、それを表紙絵等に落とし込むことがうまいという、デザイナーというかディレクター感覚のするどい人だったのだろう。
そうした絵が、ここには1200点超も収められているのだから、これはもう立派に画集と言って良いのだと思うし、だからこそ弦光社から出版されたものだということなのだろう。
個人的には手塚治虫という人は稀代のストーリーテラーであり、たまたまマンガと言う表現手段を得たためにストーリーマンガとして多くの作品を残したのだと理解しているのだけれど、この表紙絵集を眺めているとそれだけでなくやはり絵にも多大な魅力のある人だったのだと思う。だからこそ、これを眺めていると実際のマンガ作品を読みたくなってくるのだ。
また、ここにはマンガ作品のタイトルロゴだけを集めたものや、雑誌や単行本以外の媒体に描いた作品、他人の作品によせた挿画等々も収められている。中には意外な画風のものまで収められていて、これもまた手塚が描く人だったことを改めて知らしめてくれるように思う。
それにしても、このような画集の企画を成立させるような物品を揃えていた監修者である森氏のこだわりようにも驚かされるし、その森氏が2016年4月に亡くなっており、この画集の刊行されるのを見ることができなかったというのが残念でならない。
語りつくされた感があるようなところもあるが、手塚治虫についてはまだまだこのような切り口もあるのだということを覚えておきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/04 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

イラスト集 ランキング

イラスト集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む