サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/300p 図版12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390559-4
  • 国内送料無料

紙の本

最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く

著者 ジェネビーブ・ボン・ペッツィンガー (著),櫻井 祐子 (訳)

ラスコーやアルタミラに描かれたのは動物の絵だけではなかった。欧州全体の洞窟に刻まれた32個の記号は人類初の文字だったのか? 自ら洞窟に潜って記号を採取したカナダ人女性科学...

もっと見る

最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く

1,782(税込)

最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く

1,700 (税込)

最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く

ポイント :15pt / 紙の本より82おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ラスコーやアルタミラに描かれたのは動物の絵だけではなかった。欧州全体の洞窟に刻まれた32個の記号は人類初の文字だったのか? 自ら洞窟に潜って記号を採取したカナダ人女性科学者がその謎に挑む。【「TRC MARC」の商品解説】

◎TEDトーク225万回再生◎

私たちはいつ言語を獲得し、文字を使い始めたのか?

4万年前の氷河期に残された壁画の数々。
そこには牛や馬の絵とともに不思議な記号が残されていた。
ヨーロッパ全体368箇所の洞窟に残された記号を世界で初めてデータベース化。
すると記号はわずか32個に収斂された。
2400キロも離れた2つの洞窟に残された記号が一致するのはなぜか?
あるいは急峻なピレネー山脈を挟んで、一致した特異な屋舎記号。
自ら52箇所の洞窟に潜って記号を採取した
カナダ人女性科学者がその謎に挑む!

【目次】

■はじめに 太古の人類が残した記号
氷河期に残された人類の壁画の数々。そこには牛や馬などの絵とともに不思議
な記号があるのをご存じだろうか? ヨーロッパ全体三六八カ所の洞窟に残さ
れた記号を私は初めてデータベース化した。すると三二個の記号に収斂された

■第一章 何のために印をつけたのか?
膝の高さもない、ぬかるんだ穴へ。誰も寄り付かないスペインの洞窟で見つけ
たのはたった二つの赤い点。だが、それは太古の人々の確かなる痕跡だ。四カ
国、五二の遺跡を這いずり回り、幾何学記号の謎を解く手がかりを探し出す

■第二章 人類のはるか以前に道具を使った者たち
ケニアで発見された世界最古の石器は三三〇万年前のもの。ジョージアでは一
五〇万年前の手斧が見つかった。現生人類が出現する二〇万年前よりずっと昔
に旧人類たちは道具を作り始めていた。道具の使用は意識の誕生と重なる

■第三章 死者をいたむ気持ちの芽生え
死者を弔い、我が身を飾る、人間が人間たる精神的な営みはいつ始まったのか?
三万五〇〇〇年前に精神性を獲得した、というこれまでの考えはデータベース
の構築によって覆された。一〇万年前の遺跡で見つかった副葬品と火打ち石

■第四章 言葉はいつ生まれたのか?
南アの遺跡で見つかったダチョウの卵殻には、格子のような幾何学模様が刻ま
れている。たった5つのパターンが繰り返し現れる、その意味は所有を表すの
ではないか。そうした慣行をもつ種族はすでに言語を獲得しているはずだ

■第五章 音楽の始まり
アフリカを出て氷河期のヨーロッパに到達した人類。彼らは寒冷な生活様式に
素早く適応する。やがて最古の定住集落が形成され、余暇を楽しむ時間も生ま
れた。欧州中の洞窟遺跡で、骨や象牙のフルートが見つかっている

■第六章 半人半獣像とヴィーナス像
氷河期の芸術家は動物と人間の半人半獣像を数多く残した。また人間を象った
〝ヴィーナス像〟も盛んに出土している。その目的を解釈することには限界が
あるが、彼らは信仰や起源神話に突き動かされていたのかもしれない

■第七章 農耕以前に布を織っていた
三万五〇〇〇前に生まれた最初の村。マンモスの骨を使った家に住む彼らは布
を織り、かごをつくっていた。発掘された土器についた指紋以外の模様は、最
古の布地やかご細工に使われていた模様だった。農耕を始めるはるか前の話だ

■第八章 洞窟壁画をいかに描いたか?
スペインのラ・パシエガ遺跡には二万七〇〇〇年前に赤い顔料の調合に用いら
れた砥石が残されている。過去の芸術家はいかに壁画を描いたのか。彩色と線
刻の技術を紐解くと、現代人に匹敵する知識とスキルの高さが浮き彫りになる

■第九章 欧州大陸に到達以前から描いていた
半減期を利用した年代測定によって壁画の年代が、さらに古く書き換えられて
いる。このことは人類がヨーロッパに到達したその瞬間から壁画をすでに描い
ていたことを意味する。いずれアフリカにおける洞窟壁画も発見されるだろう

■第十章 唯一の人物画
氷河期の芸術家にとって、動物は何より重要なモチーフだった。地域と年代に
関係なく、躍動感に溢れたウマやバイソンたちが描かれ続ける。反対に人物画
は少なく、写実性も薄かった。ただしシチリアのアッダウラ洞窟だけは例外だ

■第十一章 遠く離れた洞窟に残される共通の記号
シチリアとスペインの洞窟では同じ幾何学記号を使っていた。あるいは非常に
特異な屋舎記号もピレネー山脈が隔てる二つの地域、今のフランスとスペイン
で使われている。羽状の記号は、今のフランス、スペインの多くの洞窟にある

■第十二章 それは文字なのか?
甲骨文字、楔形文字など文字の成立は約六〇〇〇年前と考えられている。では
それ以前の例えばラ・パシエガ遺跡に描かれた複雑な抽象記号は文字だったの
か? 私は視覚の世界を抽象的な記号に置き換える文字の始まりだと考える

■第十三章 一万六千年前の女性の首飾りに残された記号群
フランスのドルドーニュ地方で副葬品として見つかったシカの歯の首飾り。歯
には幾何学記号の組み合わせが刻まれており、周辺の洞窟の記号パターンに一
致する。図形は記数法もしくは物語を記憶する手段に使われたのかもしれない

■第十四章 壁画は野外にも残されていた
祖先にとって洞窟だけが芸術の場所だったのか。ポルトガルのコア渓谷には野
外の岩壁画が今も残る。そこに刻まれた曲折模様は目の前の川にそっくりだ。
幾何学記号は身近な世界のものごとを描いていたものも多いのかもしれない

■第十五章 最古の地図か?
点や羽状記号など、多くの洞窟に見られる記号の解釈について、星座、記数法
など様々な説が提起された。スペイン北東部の洞窟で見つかった一キログラム
の石に刻まれた一万三五〇〇万年前の模様は、洞窟周辺の地図のようだった

■第十六章 トランス状態で見える図形なのか?
神経心理学の研究からトランス状態にある人は一定の抽象図形が見えることが
判明している。渦巻き、ジグザグ、格子などは、儀式の際に人間が見る図形だ
ったのか? 構築したデータベースによってこの仮説を検証してみる

■おわりに データベースを世界の遺跡に広げる
私が作ったデータベースは氷河期のヨーロッパの洞窟の記号が中心だ。が、こ
のデータベースを今後、中国やオーストラリアなどの洞窟に広げていけば何が
わかるだろう? 具象から抽象へ、その記号の違いから新たな発見もあるか?【商品解説】

著者紹介

ジェネビーブ・ボン・ペッツィンガー

略歴
〈ジェネビーブ・ボン・ペッツィンガー〉古人類学者。カナダ・ビクトリア大学人類学博士課程在学中の研究者。欧州の洞窟に残された5000以上の記号を収集し、世界で初めて氷河期における幾何学記号のデータベースを作り上げた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

新研究にワクワクさせられる

2017/02/28 14:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなもと - この投稿者のレビュー一覧を見る

氷河期時代のヨーロッパの洞窟に残された、多くの壁画。ここには動物などのデザインの他に点や線などの抽象記号も存在する。今まで全くといっていいほど研究されてこなかったという。

ところが筆者はこの抽象記号について(かなりパワフルに)研究を進めた結果、今まで知られなかった新事実に気づいた。面白いことに抽象記号は多くの洞窟で見られるのにもかかわらず、たった32個の図形に集約することができたのだ。それも近距離同士ではなく、2400キロも離れた洞窟同士で一致したことさえあったという。

これが意味することは一体なんなのか?今までの研究では知り得なかった新しい事実が抽象記号に秘められているのではないか?そんな可能性に読んでいるこちらも思わずワクワクした。

割と分量は多いが氷河期についてあまり知らなくてもなんとか読み通すことができた。集中して読めば人類の歴史の不思議にきっとワクワクするだろう。
また、筆者の研究ぶりも印象的だった。ほとんど先行研究がない中で記号の調査をするには現地へ直接観察に行く必要があり、泥んこになりながら記号の採集をした様子が描かれている。そこまでして研究する筆者の姿勢は純粋にすごいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古代の文字文明

2017/01/31 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森の猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代にも、文字の文明が芽生え始めていた事を解き明かしたことは非常に興味深く、古代人だからといってバカにしてはいけないなと思いました.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/07 18:11

投稿元:ブクログ

ラスコー洞窟のような見事な絵を描ける人びとが、原始的な文字を持っていてもおかしくない、と思う。この記号が表した意味も絵画の表した世界もすでに失われてしまったのだろうか?ほんの一部でも今の私たちに受け継がれているのだろうか?いろいろ想像すると面白い。

2016/12/21 20:18

投稿元:ブクログ

 著者は、今まで解明されていなかった氷河期の洞窟に残されていた記号を、実際に調査して回って、世界初の氷河期の記号を幾何学記号のデータベースを作り上げた。そして、TEDトークで「ヨーロッパ中の洞穴に描かれた32個のシンボルの謎」が、世界中で225万回以上の再生を記録している。



 そんな著者とカメラマンの夫の共同作品はいかなるものか。著書の真ん中あたりにその一部を垣間見ることができる。スペインやフランスなどの洞穴の描かれている点や記号を見ることができる。



 いったい古代の人々は何を思って洞穴に描き、何をメッセージとして込めているのだろうか。(できれば日テレ系で放送している「アナザースカイ」のナレーションの方の声で読んでもらいたい)頭の中にクエスチョンマークが無数に点滅するばかりだ。



 原始人だからと言って野蛮で文明の文の字も知らなかったとは言えないようだ。今の時代ならネットで検索すれば済むことが多いが、古代には当然ネットなどなかったのに、32の記号に集約できるとは不思議だ。現代人が知らない独自の通信網でもあったのだろうかなど空想は広がる。



 
 このデータベースをほかの地域のものと比べるとどうなるか楽しみだな。そしてまだ長い研究者人生が待っている著者の今後も楽しみだ。



TEDTalksのサイト



https://www.youtube.com/watch?v=hJnEQCMA5Sg

2017/01/16 23:41

投稿元:ブクログ

ヨーロッパの300か所を超える洞窟に残された様々な模様、記号を調査、データベース化してみると、それはわずか32個に集約された。これらの意味を探るべく著者は調査を重ねる。日本語タイトルは「文字」という言葉を使うが、本文は洞窟に残された様々な記号、模様についての考察が中心であり、本書においてはそれらが文字であるとは結論付けていない。
とはいえ、このような研究はまだ間発展途上との事なので、今後のさらなる研究に期待している。
あと、本書のおかげで少し考古学や古人類学に興味が出た。

2016/12/26 23:44

投稿元:ブクログ

普段使っている文字というよりは、記号の起源の研究に関する内容。
カラー挿絵があるのは嬉しいですが、本文中で紹介されていない写真等がもっと載っていると嬉しかったです。
あと、ちょっと長いw

2016/12/11 22:34

投稿元:ブクログ

最古の文字なのか? ジェネビーブ・ボン・ペッツィンガー著 氷河期の記号パターンを発見
2016/12/11付日本経済新聞 朝刊

 フランスのラスコーやスペインのアルタミラといった遺跡に牛や馬などの動物画が描かれていることは有名だ。だが、その周辺に描かれている幾何学模様の記号は従来、あまり注目されてこなかった。







 カナダのビクトリア大学で古人類学を研究する著者は、これら記号の種類や配列に共通するパターンがあると推測。350カ所を超える欧州の氷河期の遺跡を巡り、5000以上の記号を収集してデータベース化した。すると驚くべき事実が分かったという。欧州全体で使われている主要な記号は32種類で、しかもそれぞれに特有の利用パターンがあるというのだ。


 各記号は独自の経路で各地に伝わった。たとえば「羽状記号」は当初は人々の南方移動に伴って北から南へ伝わり、後に交易ネットワークを通じて広範囲に拡散する。一方、「屋舎形」記号は1つの例外を除き、フランスの特定地域に特定の時期にだけ出現する。記号が広まる足跡は、地域間の文化的つながりを知る手掛かりになると期待する。


 さて、これらの記号は文字なのか? 著者によると残念ながら答えはノーだが「いくつもの記号をつなげてより複雑なメッセージを伝えようとする試みだった」という。彼らは一体、何を伝えようとしたのか。古代の人々への想像が広がる。櫻井祐子訳。(文芸春秋・1650円)

2016/11/24 15:07

投稿元:ブクログ

【カナダ人女性人類学者が350余りの洞窟遺跡を調査】ラスコーやアルタミラに描かれたのは動物の絵だけではなかった。欧州全体の洞窟に刻まれた32個の記号は人類初の文字だったのか?

2017/02/08 22:31

投稿元:ブクログ

ラスコー遺跡の壁画に動物が描かれていることはよく知られている。一方で、平行線や点などの幾何学模様(記号)も描かれていることはあまり知られていないのではないだろうか。私も知らなかった。岩絵は何度も見たことがあるから、記号の存在に気がつかなかったのだろう。著者は、研究されていない古代の記号をデータベース化し、文字の起源であると思われるものを研究している。記号のデータを集めるだけでも大変な苦労がある。研究は始まったばかりであり、本当の成果は数年先でないと出てこないだろう。本書は、古代ファンを惹き付ける研究分野があることを知ることを目的に読んだ方がいい。著者が慎重なのか、推定でしかない事を断定することはない。そのため、結論を知らされない読者はもやもやするが、数年後には新たな発見がありそうな期待感で胸を膨らますことができる。