サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 芸術・美術の通販
  5. 現代企画室の通販
  6. 直島から瀬戸内国際芸術祭へ 美術が地域を変えたの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

直島から瀬戸内国際芸術祭へ 美術が地域を変えた
直島から瀬戸内国際芸術祭へ 美術が地域を変えた 直島から瀬戸内国際芸術祭へ 美術が地域を変えた
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/22
  • 出版社: 現代企画室
  • サイズ:21cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7738-1616-7

紙の本

直島から瀬戸内国際芸術祭へ 美術が地域を変えた

著者 福武 總一郎 (著),北川 フラム (著)

「アートによる地域づくり」を切り拓いてきた福武總一郎と北川フラムが瀬戸内国際芸術祭への思いや実践を語る。香川大学ビジネススクールでの公開講座、『四国新聞』連載の「瀬戸内物...

もっと見る

直島から瀬戸内国際芸術祭へ 美術が地域を変えた

1,728(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「アートによる地域づくり」を切り拓いてきた福武總一郎と北川フラムが瀬戸内国際芸術祭への思いや実践を語る。香川大学ビジネススクールでの公開講座、『四国新聞』連載の「瀬戸内物語」等に書き下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

瀬戸内アート本の決定版!「アートによる地域づくり」を切り開いてきた福武總一郎(プロデューサー)+北川フラム(ディレクター)初の共著、ついに刊行!

「海の復権」を掲げ、近代化の負の遺産を負い、過疎・高齢化が進んできた島の活性化を目指す芸術祭の歴史は、すでに四半世紀前のベネッセアートサイト直島の誕生から始まっていた。
「お年寄りの笑顔」を謳い「よく生きる」ための理想の地をアートによってつくろうとしてきた福武總一郎が、里山の過疎化・越後妻有でアートに寄る地域づく理に奮闘していた北川フラムと出会ったとき、瀬戸内国歳芸術祭の構想は生まれた。
 香川県と市町村を巻き込んで展開する瀬戸内国際芸術祭は、観光地としての再生、島への移住、休校の再開、ハンセン病患者の島の開放などさまざまな成果を生みだし、さらにアジア・アートプラットフォーム、アジア・アート・フォーラムへと、海を介したアジアとのダイナミックな交流の場へと展開しようとしている。
 その歴史と現在、そして未来を、プロジェクトを牽引してきた二人の立役者が語り、書きおろす。安藤忠雄、新旧の香川県知事の証言なども織り込みながら、瀬戸内海を舞台に繰り広げられる地域づくりの過去・現在・未来を描き出す。【商品解説】

3回目を迎えた瀬戸内国際芸術祭は、名実共に世界最大級の国際芸術祭として国内外の大きな注目を集めています。
「海の復権」を掲げ、近代化の負の遺産を負い、過疎・高齢化が進んできた島の活性化を目指す芸術祭の歴史は、すでに四半世紀前のベネッセアートサイト直島の誕生から始まっていました。
「お年寄りの笑顔」を謳い「よく生きる」ための理想の地をアートの力によってつくろうとしてきた福武總一郎が、里山の過疎地・越後妻有でアートによる地域づくりに奮闘していた北川フラムと出逢った時、瀬戸内国際芸術祭の構想は生まれました。
香川県と市町村を巻き込んで展開する瀬戸内国際芸術祭は、観光地としての再生、島への移住、休校の再開、ハンセン病患者の島の開放など様々な成果を生み出し、さらにアジア・アートプラットフォーム、アジア・アート・フォーラムへと海を介したアジアとのダイナミックな交流の場へと展開しようとしています。
その歴史と現在、そして未来を、プロジェクトを牽引してきた二人の立役者が語り、書き下ろします。
安藤忠雄、新旧の香川県知事の証言等も織り込みながら、瀬戸内海を舞台に繰り広げられる地域づくりの過去・現在・未来を描き出します。

第1章:ベネッセアートサイト直島から瀬戸内国際芸術祭へ(福武總一郎)
第2章:瀬戸内国際芸術祭の展開(北川フラム)
第3章:瀬戸内物語(北川フラム)
第4章:瀬戸内からアジアへ(北川フラム)
参考資料【本の内容】

目次

  • はじめに
  • 第1章 ベネッセアートサイト直島から瀬戸内国際芸術祭へ 福武總一郎
  • 第2章 瀬戸内国際芸術祭の展開 北川フラム
  • 第3章 瀬戸内物語 北川フラム
  • 第4章 瀬戸内からアジアへ 北川フラム
  • 参考資料

著者紹介

福武 總一郎

略歴
〈福武總一郎〉1945年岡山県生まれ。公益財団法人福武財団理事長。瀬戸内国際芸術祭総合プロデューサー。
〈北川フラム〉1946年新潟県生まれ。東京藝術大学卒業。アートフロントギャラリー代表。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

美術館 ランキング

美術館のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。