サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 首折り男のための協奏曲

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

首折り男のための協奏曲(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 95件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/437p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-125031-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

著者 伊坂幸太郎 (著)

殺し屋の名は、首折り男。老夫婦は、隣人の「彼」が犯人ではないかと疑い、いじめに遭う中学生は「彼」に助けられる。一方で、泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼にと大忙し。2人の...

もっと見る

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

724(税込)

首折り男のための協奏曲(新潮文庫)

799 (税込)

首折り男のための協奏曲(新潮文庫)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

殺し屋の名は、首折り男。老夫婦は、隣人の「彼」が犯人ではないかと疑い、いじめに遭う中学生は「彼」に助けられる。一方で、泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼にと大忙し。2人の男を軸に物語は絡み繫がり、驚きへと至る。【「TRC MARC」の商品解説】

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で、泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、やがて驚きへと至る!伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。【商品解説】

収録作品一覧

首折り男の周辺 7−84
濡れ衣の話 85−121
僕の舟 123−179

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー95件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

読後感が・・・

2017/03/18 17:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまーん - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて本著書の著作を読みましたが、正直よくわかりませんでした。
もやもやした気分で読み終わっちゃいました。
文体は面白かったので他の作品を読んでみようとは思いましたが、一冊目としてはどうかと・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂ワールド全開

2017/02/13 08:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さんの本は必ず読む。大の伊坂ファンである。
肝心の「首折り男」自体は、あまり登場せず、その周辺で起こる出来事が、少しだけ「首折り男」に関わっている。
小気味よい文章と、無数に張り巡らされた伏線。
今回も、すべての伏線を拾いきれなかったが、十分に伊坂ワールドを堪能した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂幸太郎にしては

2017/02/08 17:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

直前に読んだ「ガソリン生活」に比べると今ひとつに感じた。作家さんの実力を考えると平凡な出来だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それにしても不思議な話だった、もちろん面白かったし

2017/02/07 15:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議な作品でした。
連作短編集のようでもあるけれど、それぞれが独立した短編集のようでもあって。各編で文体自体も変わっているのもあれば、統一されているのもあって。
一冊の作品として最終的に終結しているのかも読み手によって判断が分かれそうです。
私は最後の2ページがとてもとても好きになりました。

時間を置いて、今度は掲載順ではなくその時の気分で1編だけを読むような楽しみ方をしてみたいと今思っています。

それにしても不思議な話だった、もちろん面白かったし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相性が悪いらしい

2017/01/15 22:07

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムジクムジカミュージック - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族が伊坂が好きだったころのような輝きを取り戻したと思う、読んでみろというので購入。どうやら死神の浮力のことだったらしいのだが、最新刊といわれたので間違えてかってしまったらしい・・・。感動ものではなく、かといってびっくりする種があるわけでもなく、穏やかな日常というわけでもなく、コネコネした話ではあると思うのですが、良さがわかりにくかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異質な短篇集

2017/01/14 10:19

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライディーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴールデンスランバーが面白かったうえ、この本のタイトルに惹かれて買ってみましたが、少し残念でした。
解説にもありましたが、ちょっと異質な短篇集で、自分にとっては、読みにくい作品でした。
違う作品にチャレンジしてみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂幸太郎なのに・・・

2016/12/25 16:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mr.天才バブッコ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまり面白くはありませんでしたよ。(/_;)

いいと思ったのは、 「僕の舟」 と、 「いじめられている少年」 です。

だけど、それ以外は、面白くはありませんでした。

おすすめはあまりできません・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/06 16:15

投稿元:ブクログ

『首折り男の周辺』『濡れ衣の話』『僕の舟』『人間らしく』『月曜日から逃げろ』『相談役の話』『合コンの話』
全7話の連作(?)短編。
共通の登場人物がいるので、微妙につながっているようないないような(加筆修正により変わっている部分もあるらしいので余計にね)。
ちょっと不思議な、意外だったり、ゾッとしたりするお話。
"時空のねじれ"については、あまり深く考えてはいけないのかも(笑)。
個人的には、『僕の舟』が好きかも。平凡なようでいて、実はね、っていう。

2017/01/02 15:03

投稿元:ブクログ

いろんな雑誌に書かれた物語を一冊にまとめた、連作風短編集です。
〝連作風〟としたのは、必ずしもすべてのお話が繋がっているとはいえないからです。でも、読む側としては、ここに散りばめられた伏線が、いつかすべて繋がるのではないかという期待を持ちながら、頭の中で物語を再構成しつつ読み進めるという、変な楽しみ方ができてしまう作品集です。伊坂ファンならご理解いただけますよネ。
それにしても、この世界はなんて生き辛いのでしょう。世界中のどこかで、いつも戦争や飢えや病気が蔓延しているのを知っていながら、素知らぬふりをして日々暮らしていくなんて、何か間違っているような気がします。もっと身近なところにも、不幸や苦しみはいくらだって見受けられます。そんな事いちいち気にしていたら、生きてはいけないのでしょう。だから、たとえどこかの誰かが大変な目にあっていたとしても、いま目の前にある出来事に一喜一憂しながら生きていくしかないのでしょう。でも、それでいいのかなという気がします。伊坂作品を読むと、ときどき神の沈黙という言葉を思い浮かべてしまいます。伊坂氏も、神の沈黙に切ない思いをされているひとりなのではないでしょうか?



べそかきアルルカンの詩的日常
http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ”
http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

2017/02/06 23:06

投稿元:ブクログ

あとがきより「この本はいくつかの雑誌のために書いた短編をまとめたものです。」
■首折り男の周辺
■濡れ衣の話
■僕の舟
■人間らしく
■月曜日から逃げろ
■相談役の話
■合コンの話

長編かと思って借りてきたら短編集でした。
登場人物がかぶってたりなどはあるけど、そんなに繋がりは感じられず。

表題作にもある「首折り男の周辺」が一番面白かったかな。
道を歩くたびに誰かと間違われる。どうやらその男に自分は瓜二つらしい。
間違えられたが故に面倒なことに巻き込まれながらも、
そのもう一人の自分とよく似た男の存在を意識して変わり始めていく。
後半の話で伏線回収してくれるのかと思ったけど、ちょっと消化不良な気もしました。

あと「人間らしく」のカブトムシの実験も興味深かった。
いじめって人間だけの世界じゃなく虫にもあるんだ。

「合コンの話」は、合コンを成功させる秘訣や狙った子を異性にバレずに教えあう方法とか、前に誰かに聞いた話と似ていたので、もしかしてこれを読んだのかなと思いました(笑)
サクサクっと読みやすかったけど、オチが弱いかな~。
なんだそっちか~って感じでした。

ほとんどご想像にお任せします的な終わり方でした。
もうちょっと上手い匂わせ方だったら評価高かったのだけど…。

2017/02/18 23:51

投稿元:ブクログ

「首折り男の周辺」ではテレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦の話。「人間らしく」ではいじめに遭う高校生が首おり男に助けられた。「合コンの話」では幹事が欠席した合コンの席で首折り殺人が話題に上る。そんな首おり男がでてくる短編集。いつものように短編がつながっていくのかなと思いながら読んでいたら終わってしまった。

2017/02/19 23:22

投稿元:ブクログ

伊坂氏お得意の短編集。あとがきに「綺麗に並んだ作品集というよりは、謎の工芸品が出来上がった」とありますが、まさに読了感がこれのそもの。首折り男やら時空のねじれやら黒澤さんやら色んなキャラや要素がそれぞれの話に出て来て、1つの入れ物に詰め込まれたような感じ。じわじわきます。合コンの話が好きでした。

2017/01/24 17:38

投稿元:ブクログ

水平リーベ僕の舟、は読んだことがあったな~
どこかのアンソロに入ってたんだろうか。こういうちょっとした、でもなんかふんわり円を描いて出発点に戻る、みたいなストンとくる感じが伊坂さんは上手だなぁと思う。

時空のねじれと殺人者と泥棒探偵と。
キーワードは伊坂小説にちょこちょこ出てきたような気がします。ある意味ちょっとSFっぽい短編集のような気もする。
時々でいいから神さまが覗いてくれていて悪い人には悪いよ、って制裁をくわえてくれたらいいなぁとは思う。時々でいいから。

2017/04/25 21:49

投稿元:ブクログ

http://blog.livedoor.jp/masahino123/archives/65906499.html

2017/01/08 22:52

投稿元:ブクログ

首折り男と黒澤が時々登場する短編集。

「首折り男の周辺」首★★★★
小奇麗に決まったなという感じ。
「濡れ衣の話」首★★
なんとも不思議だが、イマイチ。
「僕の舟」黒★★★
できすぎな気もするが、小説ならでは。
「人間らしく」黒★★★
神様論。解決しないがすっきりとはするかも。
「月曜日から逃げろ」黒★★★★★
構成の美。小説中の会話がヒントなのもとても良い。
「相談役の話」★★★
首折り男、黒澤どちらも登場しない。ホラー。
「合コンの話」首★★★★
爽やかな話。伊坂らしくて好き。

全体的に小粒な話が多いが、いくつか爽やかな読み応えの話があり、まあまあ。