サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 超監視社会 私たちのデータはどこまで見られているのか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

超監視社会 私たちのデータはどこまで見られているのか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/07
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:19cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7942-2237-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

超監視社会 私たちのデータはどこまで見られているのか?

著者 ブルース・シュナイアー (著),池村千秋 (訳)

すべてがネットにつながれる時代、私たちは超監視社会とも呼ぶべき社会を生きている。何気ないネット、スマホ利用から想像を超える情報監視が進む実態を赤裸々に描き、この社会の危う...

もっと見る

超監視社会 私たちのデータはどこまで見られているのか?

2,160(税込)

超監視社会

2,160 (税込)

超監視社会

ポイント :20pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

すべてがネットにつながれる時代、私たちは超監視社会とも呼ぶべき社会を生きている。何気ないネット、スマホ利用から想像を超える情報監視が進む実態を赤裸々に描き、この社会の危うさに警鐘を鳴らす。【「TRC MARC」の商品解説】

スマホの履歴やオンラインでの購買履歴、グーグルでの検索、フェイスブックの利用だけで、あなたの性癖はバレている――。すべてがネットにつながれる時代、詳細な個人情報は巨大企業が握り、データは国家による個人の監強化を促し、私たちは超監視社会とも呼ぶべき社会を生きている。コンピュータセキュリティの専門家がネットの向こう側から見たこの社会の危うさに警鐘を鳴らす。何気ないネット、スマホ利用から想像を超える情報監視が進む実態を赤裸々に描いた衝撃の一冊。【商品解説】

IT セキュリティの大家が放つ話題作。何気ないネット、スマホ利用から想像を超える情報監視が進む実態を赤裸々に描いた衝撃の一冊。すぐさま、PC やスマホの履歴を消さずにはいられない……。【本の内容】

目次

  • ■第1部 私たちの監視社会
  • 第1章 データはコンピュータ活用の副産物 
  • 第2章 監視されるデータ
  • 第3章 私たちのデータを分析する
  • 第4章 監視ビジネス
  • 第5 章 政府による監視とコントロール
  • 第6 章 制度上のコントロールの統制
  • ■第2 部 監視の目的
  • 第7 章 政治的自由と正義
  • 第8 章 ビジネス上の公平性と平等性

著者紹介

ブルース・シュナイアー

略歴
〈ブルース・シュナイアー〉世界的な暗号研究者、コンピュータ・セキュリティの権威。ハーバード大学法科大学院のフェロー、レジリエント・システムズ社最高技術責任者。著書に「セキュリティはなぜやぶられたのか」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

2017/01/27 15:19

投稿元:ブクログ

プライバシーがだだ漏れしてる。テロの脅威を餌に政府が、利便性を餌に企業が個人にかかわるデータを知らずに見てる。フェースブックを代表とするSNSや、Gmailなどクラウドサービスでも個人的な、特定の人にしか知らしめていない秘密の話でも、そのデータは自分のものではなく、企業のものでありそのデータは削除されない。
本書は米国の視点だけれどもGoogleなど米国企業のサービスを日本から利用しても個人の知らないうちに米国の政府(NSA)に見られていることに。
ってここに書いていてもねぇ。

2017/03/27 06:30

投稿元:ブクログ

頭ではわかっていたことだが、やはりかなり怖い。
利便性の裏で本当に失っているもの。失っているか、体制が変わった時とか、本当に狙われた時にどうなるのか。
かつ、監視には向いても防止にはならない。

ただの警鐘ではなく、解決のための方策などの提案まで述べられているのも良い。

2017/05/03 16:32

投稿元:ブクログ

著者は暗号関連研究の世界的権威であることから,専門書はいくつか読んでいるが,一般書は初めて読んだ。
非常に有益な情報が詰まっている良い本である。だから内容は星5つなのだが

しかし,

本文に注の番号はあるが実態がない。なんとPDFをダウンロードしないと読めないのだ。何を考えているのだ,この出版社は。さらにこのPDFが酷い。半角でなければならない文字が全角であったり,埋め込まれているURLが完全でなかったり(完全であることが珍しい)で使いにくい。これで星3個減。
英語で読んだほうが良かったかも。
さらに本のレイアウトも酷い,素人が組版したのか?

日経新聞の書評で知って図書館に予約。かなり待って入手。

2017/01/29 14:28

投稿元:ブクログ

スノーデンの事例を含め、社会の監視に関して、プライバシーの問題や今後の提言とともに述べている本。
ひとたび目を付けられると、色々と特定される社会になっており、そのあたりの恐怖と言うかリスクについては共感するものがあります。
分量的には、良く言えば内容豊富、悪く言えば長々しい。
そんな感想でした。

2017/02/06 21:40

投稿元:ブクログ

便利だと利用している携帯電話のアプリ等は何かに活用されているリスクがある。
悪いことをしていなければ、プライバシーを丸裸にされていいという事ではない。