サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ITナビゲーター 2017年版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ITナビゲーター 2017年版

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/25
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-50285-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ITナビゲーター 2017年版

著者 野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部 (著)

2022年に向けてICT・メディア市場で何が起こるのかを考察。さらに、日本のIT市場を中心に、いくつかの市場セグメントに分けて分析し、2016年以降を見越した構造変化を予...

もっと見る

ITナビゲーター 2017年版

2,592(税込)

ITナビゲーター2017年版

2,592 (税込)

ITナビゲーター2017年版

ポイント :24pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2022年に向けてICT・メディア市場で何が起こるのかを考察。さらに、日本のIT市場を中心に、いくつかの市場セグメントに分けて分析し、2016年以降を見越した構造変化を予想する。【「TRC MARC」の商品解説】

2022年に向けて、ICT・メディア市場で何が起こるのか?

AI(人工知能)、IoTで日本企業はチャンスを活かせるか?
IT市場の成熟、構造変化の先を徹底予測!

携帯電話業界の構造改革の行方は?
巨大SNSプラットフォームの勢力図はどうなるのか?
AI(人工知能)の発展と日本企業が進むべき道は?
VR(仮想現実)が描く新たな現実とは?

本書では、「デバイス」「ネットワーク」「プラットフォーム」「コンテンツ配信」「ソリューション」など、従来の市場領域の発展と統合、境界が曖昧になっていることを鑑みて、2016年以降を見越した構造変化を予想している。

市場成長の重心は、通信をはじめとする基本的なサービスから、コンテンツやアプリケーションなどの上位階層やスマートデバイスに代表される新世代ハードウェアへと急速にシフトしている。
携帯電話やインターネットアクセスといった基本的な通信ネットワークサービスの導入が飽和に近づく一方で、急速に普及したスマートフォンによるコンテンツ配信、ソーシャルメディアといった新サービスも確固とした地位を占めるに至っている。
利用者や新たなニーズを先導しているのは、第1にスマートフォンであり、これをテレビ、タブレット端末、さらには社会インフラが追随する構図となっている。
加えて、ITバブル期に喧伝されたインターネット企業のいわゆる「勝ち組」企業は、ネット・非ネットビジネスの双方の世界において、大きな地位を占めており、国境を越えた展開とあわせて、既存のメディア産業と比肩しうる存在となっている。
一方で、日系大手エレクトロニクス企業の多くは、2010年代においても市場の変化対応に出遅れており、いまだ苦境にあることも否定できない。IoTやAI(人工知能)などでの巻き返しが期待される。

IT市場は、成長と衰退が目まぐるしく入れ替わる。成長機会も大きいが同時に事業リスクも大きな事業環境である。加えて、海外市場や社会インフラ連携などの新たなフロンティアをかたち作るための具体的な行動が求められている。

IT市場の主要分野を対象とした市場予測を行う本書は、市場の見極めや事業戦略の立案に必読の一冊。


【主要目次】
第1章 2022年に向けてICT・メディア市場で何が起こるのか
第2章 デバイス市場
第3章 ネットワーク市場
第4章 プラットフォーム市場
第5章 コンテンツ配信市場
第6章 ソリューション市場【商品解説】

IoT、人工知能等々がもたらす近未来を徹底予測!「デバイス」「ネットワーク」「プラットフォーム」など市場の構造変化も予想。【本の内容】

目次

  • 【主要目次】
  • 第1章 2022年に向けてICT・メディア市場で何が起こるのか
  •  携帯電話業界の構造改革
  •  巨大SNSプラットフォーム
  •  AI(人工知能)の発展と日本企業の進むべき道
  •  VRが描く新たな現実
  •  ブロックチェーンは社会のあり方を変えるか
  • 第2章 デバイス市場
  •  携帯電話端末/タブレット端末・電子書籍端末/次世代テレビ/産業用イメージングデバイス/車載情報端末/ウェアラブル端末/B2Bロボット/3Dプリンター

著者紹介

野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部

略歴
野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部(ノムラソウゴウケンキュウショ アイシーティーメディアサンギョウコンサルティングブ)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/15 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/14 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る