サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 日本の小説・文学
  5. 笠間書院
  6. 文学の歴史をどう書き直すのか 二〇世紀日本の小説・空間・メディア

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文学の歴史をどう書き直すのか 二〇世紀日本の小説・空間・メディア
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2016/11/22
  • 出版社: 笠間書院
  • サイズ:21cm/252p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-305-70823-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

文学の歴史をどう書き直すのか 二〇世紀日本の小説・空間・メディア

著者 日比 嘉高 (著)

文学の歴史を書き直すために、何に出会い、どう書くか−。既存の思考の呪縛のうちにある、「文学研究」を取り囲む〈枠〉と格闘し、もがいてきた軌跡。「空間」「文学史」「メディア」...

もっと見る

文学の歴史をどう書き直すのか 二〇世紀日本の小説・空間・メディア

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

文学の歴史を書き直すために、何に出会い、どう書くか−。既存の思考の呪縛のうちにある、「文学研究」を取り囲む〈枠〉と格闘し、もがいてきた軌跡。「空間」「文学史」「メディア」をテーマに考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

文学の歴史を書き直すために、何に出会い、どう書くか。
さまざまな切り口がいざなう、近代日本文学研究の可能性。

既存の思考の呪縛のうちにある、「文学研究」を取り囲む〈枠〉と格闘し、どうもがいたか。「空間」「文学史」「メディア」をテーマに、全11章で考えていく書。

【 小説は何をどのように書いてもよいと、鷗外が言ったとき、彼は「夜の思想を以て」と付していた。ここまで私は、文学研究は何をどのように書いてもよいといい、文学研究と隣接領域との交通の重要さを主張したわけだが、しかしそもそも「文学(研究)」の内/外という物言い自体が、既存の思考の呪縛のうちにある。「文学」と「研究」がその姿を変えないまま「外」といくら交渉を重ねても、一時しのぎの意匠が増えていくだけだろう。
 本当に新しいものは、見晴らしのきく昼の世界においては見つからない。わかりきったルーティーンの作業と、それに慣れきった思考が支配するのが昼の世界である。鷗外は役所勤めでへとへとになった自分を一度眠らせ、深夜に起き出して原稿を書いた。「昼の思想と夜の思想とは違ふ」(「追儺」五八七頁)。昼の怠惰な明澄さを眠らせ、文目も分かぬ「夜の思想」にいかに分け入るか。そこで何に出会い、どのように書いていくのか。もちろん、夜の冒険は昼の冒険よりも格段に難しい。】……本書「空間・文学史・メディア 何に出会い、どう書いていくのか」より【商品解説】

目次

  • 第Ⅰ部 言葉と空間から考える
    • 第一章●身体と空間と心と言葉の連関をたどる−梶井基次郎「檸檬」−
    • 第二章●文学から土地を読む、土地から文学を読む−菊池寛「身投げ救助業」と琵琶湖疏水−
    • 第三章●鉄道と近代小説−近松秋江「舞鶴心中」と京都・舞鶴−
  • 第Ⅱ部 文学作品と同時代言説を編み変える
    • 第四章●笑いの文脈を掘り起こす−二葉亭四迷「浮雲」−
    • 第五章●作品の死後の文学史−夏目漱石「吾輩は猫である」とその続編、パロディ−
    • 第六章●人格論の地平を探る−夏目漱石「野分」−
    • 第七章●文学と美術の交渉−文芸用語「モデル」の誕生と新声社、无声会−
    • 第八章●表象の横断を読み解く−機械主義と横光利一「機械」−

著者紹介

日比 嘉高

略歴
〈日比嘉高〉名古屋市出身。筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科修了。博士(文学)。名古屋大学大学院文学研究科准教授。近現代日本文学・文化、移民文学、出版文化が専門。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/03 07:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む