サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

聖書入門(講談社選書メチエ)
聖書入門(講談社選書メチエ) 聖書入門(講談社選書メチエ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社選書メチエ
  • サイズ:19cm/415p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-258642-9
  • 国内送料無料

紙の本

聖書入門 (講談社選書メチエ)

著者 フィリップ・セリエ (著),支倉 崇晴 (訳),支倉 寿子 (訳)

【カトリック文学大賞(2008年)】アダムとエバの創造、ノアの箱舟、バベルの塔、そして、最後の晩餐からイエスの処刑と復活へ−。旧約・新約のすべてを明快に解説。重要なエピソ...

もっと見る

聖書入門 (講談社選書メチエ)

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【カトリック文学大賞(2008年)】アダムとエバの創造、ノアの箱舟、バベルの塔、そして、最後の晩餐からイエスの処刑と復活へ−。旧約・新約のすべてを明快に解説。重要なエピソードや預言者などは個別に取り上げて、分かりやすい説明を加える。【「TRC MARC」の商品解説】

アダムとエバ(イブ)の創造、「ノアの箱舟」、「バベルの塔」、シナイ山でモーセが神と交わした「十戒」など、旧約聖書にはよく知られた逸話が数多く登場します。また、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる四つの「福音書」に始まる新約聖書も、「最後の晩餐」、イエスの処刑など、印象深い記述に事欠きません。
しかし、旧約と新約を読破したことのある人は、どれくらいいるでしょうか。クリスマスに代表される聖書に基づくイベントになじんでいる日本人の多くにとって、聖書そのものは決して身近なものではないと言わざるをえないのではないでしょうか。そして、そのことはキリスト教文化圏であるフランスでも近年は変わりないようです。
本書は、そのような現状を前にしたパスカル研究の第一人者が、一般の読者のために書き下ろした概説書です。旧約・新約を構成するすべての書を万遍なく紹介するとともに、重要なエピソードや預言者などの主要人物については別個に取り上げて分かりやすい説明が加えられます。その上、それぞれの書が西洋文化の中でどのように用いられ、息づいているかが、文学、絵画、音楽、演劇、映画など、多彩なジャンルの具体的な作品を通して示されます。ブリューゲルの《バベルの塔》、ダ・ヴィンチの《最後の晩餐》、バッハの《マタイ受難曲》など、有名な作品のみならず、西洋には聖書に想を得た作品が無数にあることを知れば、聖書がもつ力の広大さと奥行きを実感することができるでしょう。
フランスの碩学がガイドを務める聖書の旅へ、一緒に出かけましょう!【商品解説】

目次

  • 日本の読者への序文
  • 緒 言
  • プロローグ 書物の中の書物
  •  ユダヤ教聖書──キリスト教徒にとっては旧約聖書
  • 第1章 『創世記』または起源の書
  • 第2章 荒野の横断
  • 第3章 歴史書
  • 第4章 預言者にして作家

著者紹介

フィリップ・セリエ

略歴
〈フィリップ・セリエ〉1931年生まれ。パリ第四大学名誉教授。ポール=ロワイヤル学会名誉会長。専門は、パスカルを中心とした17世紀フランスの文学・宗教思想。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/25 19:49

投稿元:ブクログ

【内容紹介】
製品 聖書入門
著著:セリエ,フィリップ 
訳著:支倉崇晴、支倉寿子
発売:2016年12月09日
価格:定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-258642-9
判型:四六
ページ数 424ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

 アダムとエバ(イブ)の創造、「ノアの箱舟」、「バベルの塔」、シナイ山でモーセが神と交わした「十戒」など、旧約聖書にはよく知られた逸話が数多く登場します。また、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる四つの「福音書」に始まる新約聖書も、「最後の晩餐」、イエスの処刑など、印象深い記述に事欠きません。
 しかし、旧約と新約を読破したことのある人は、どれくらいいるでしょうか。クリスマスに代表される聖書に基づくイベントになじんでいる日本人の多くにとって、聖書そのものは決して身近なものではないと言わざるをえないのではないでしょうか。そして、そのことはキリスト教文化圏であるフランスでも近年は変わりないようです。
 本書は、そのような現状を前にしたパスカル研究の第一人者が、一般の読者のために書き下ろした概説書です。旧約・新約を構成するすべての書を万遍なく紹介するとともに、重要なエピソードや預言者などの主要人物については別個に取り上げて分かりやすい説明が加えられます。その上、それぞれの書が西洋文化の中でどのように用いられ、息づいているかが、文学、絵画、音楽、演劇、映画など、多彩なジャンルの具体的な作品を通して示されます。ブリューゲルの《バベルの塔》、ダ・ヴィンチの《最後の晩餐》、バッハの《マタイ受難曲》など、有名な作品のみならず、西洋には聖書に想を得た作品が無数にあることを知れば、聖書がもつ力の広大さと奥行きを実感することができるでしょう。
 フランスの碩学がガイドを務める聖書の旅へ、一緒に出かけましょう!
<http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062586429>



【簡易目次】
目次 [003-005]
凡例 [007]
日本の読者への序文 [008-012]
緒言 [013-014]

プロローグ 書物の中の書物 015

■旧約聖書(ユダヤ教徒にとっては聖書) 
第1章 『創世記』または起源の書 037
第2章 荒野の横断 066
第3章 歴史書 092
第4章 預言者にして作家 135
第5章 詩の書 156
第6章 知恵に関する書 177

■新約聖書
第1章 新約の極致──四福音書 196
第2章 イエスの生涯と芸術──幼年時代と公生活 223
第3章 イエスの生涯と芸術──キリストの受難-復活 275
第4章 『使徒言行録』 332
第5章 手紙または書簡 345
第6章 『ヨハネの黙示録』 367

エピローグ 389

聖書と文学の重要な交差点 [395-396]
参考文献 [397-402]
訳者あとがき [403-412]
聖書に書かれた出来事一覧 [413-415]
関連地図 [416-421]