サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. “蒙古の怪人”キラー・カーン自伝

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

“蒙古の怪人”キラー・カーン自伝
“蒙古の怪人”キラー・カーン自伝 “蒙古の怪人”キラー・カーン自伝
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/19
  • 出版社: 辰巳出版
  • サイズ:19cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7778-1781-8
  • 国内送料無料

紙の本

“蒙古の怪人”キラー・カーン自伝 (G SPIRITS BOOK)新刊

著者 キラー・カーン (著)

全日本プロレスへの合流、「人殺しのジンギス・カン」になった日、ジャパンプロレス参加を決めた経緯…。モンゴル帝国の末裔として全米を震撼させたプロレスラー、キラー・カーンが自...

もっと見る

“蒙古の怪人”キラー・カーン自伝 (G SPIRITS BOOK)

1,490(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

全日本プロレスへの合流、「人殺しのジンギス・カン」になった日、ジャパンプロレス参加を決めた経緯…。モンゴル帝国の末裔として全米を震撼させたプロレスラー、キラー・カーンが自身のキャリアを総括する本格的回顧録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

キラー・カーン

略歴
〈キラー・カーン〉1947年生まれ。新潟県出身。大相撲、新日本プロレスなどを経て、ジャパンプロレス設立に参加。87年に現役を引退。飲食業を営んでいる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/28 02:35

投稿元:ブクログ

毎号愛読しているG SPIRITSで出版が予告されてからずいぶん経っ
た気が(^^;)。待たされに待たされたおかげか、書店で手に取った
時は思わず笑みを浮かべてしまった程の待望の一作。
“アルバトロス”こと、キラー・カーンの自伝である。

誤解を恐れずに、そして最大限のリスペクトを込めて敢えて言う。
キラー・カーンとは、「世界でいちばん有名な偽モンゴル人」。
生粋の日本人でありながら後頭部に弁髪を結ってモンゴリアンを
演じ続け、大袈裟で無く全米を震撼させた最高のプロレスラーの
一人。もしかしたらアメリカのオールドファンは、今もカーンを
本当のモンゴル人だと思っているかもしれない。

僕の考える「アメリカで本当にブレイクした日本人プロレスラー」
は、実はそれほど多く無い。思いつくままに並べてみても、ジャ
イアント馬場、グレート・カブキ、グレート・ムタ、獣神サンダ
ーライガー、TAJIRI、最近の中邑真輔くらいのもの。もちろんそ
の中に、文句なくキラー・カーンも入っている。

現役時代のカーンは本当に凄いプロレスラーだった。
日本人離れした体躯に加え、あまりに恐ろしい表情。外国人相手
でも一切体力負けせず、相手が誰であろうと(例えばアンドレで
も)真正面から攻撃を受け、自らも真っ向からぶつかっていく。
アルバトロス殺法と呼ばれたコーナー最上段から両膝を落とすニ
ードロップは説得力抜群で、一時は日本人最強かと思った程。
そんな名選手が綴る自らの半生は、やっぱり豪快で面白い。

印象に残ったのは、キラー・カーンという男の正直さ。
カーンほど秀逸なプロレスラーがどうして全盛期にプロレスを辞
めなければならなかったのか?とか、どうしてこれまでカーンが
カール・ゴッチについて語らなかったのか?など、思わず唸って
しまうようなエピソードが多々。この本を読み終わる頃には、誰
もが新大久保の「居酒屋カンちゃん」に行き、更に深い話を聞き
たくなるんじゃないか? そんな気がする。

そして・・・。
唯一無二のプロレスラー、キラー・カーンを引退に追い込んだ
長州力を、僕はやっぱり好きになれない、と改めて思った。あの
ど真ん中さえ居なければ、もっと長くカーンの勇姿を観れたかも、
と思うと、改めて腹が立つ。晩年の地獄は因果応報なんだよな、
きっと・・・。

プロレス ランキング

プロレスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む